トップ «前の日(05-01) 最新 次の日(05-03)» 追記

jFD開発したりしなかったり日誌

2004|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|
2008年
5月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2004-05-02

_ 電波受信

タイトルが文字化けしたメールが2通届いていた。

「どーせまたスパムだろうね」

と思っていたらさにあらず、すごい電波さんだった。

面白いんで出だしだけでも転載。

創価学会のソフト開発業界での裏工作について
立川のSジャパン10Fでソフト開発の仕事を請け負っていますが
その職場では、隠しカメラやパソコン画面の盗聴等で集めた個人の
作業内容を利用し、集団で日常的に嫌がらせを行っています。
その嫌がらせの被害者は、自宅にも盗聴・盗撮器を仕掛けられていて
私もその被害者の一人です。

_ んなもん俺に言ってどうするんだ。

いいから医者行きなさい。

_ 連休初日ダイジェスト

I氏仕事をちんたらやってからボクシング。

色々とごたごたが重なってここ一週間練習できず、

なまった体はまったく言うことを聞かず、あっという間にへばった。

会長に新田ジムホストクラブ化計画を話したら、

「んー、いいかもしれないね」

と言われたのが笑った。

それからI氏の会社へ。

リース物件だったタブレットPCを返しに行ったのだが、

本体だけならともかく箱も一緒に持っていったので、

やたら邪魔で参った。

会社で社長さんのSさんに行き会って話したのだが、

会社で整体師としてお袋を雇いたいとか。

それからI氏と阿佐ヶ谷で悪巧みの話などしつつ晩飯。

焼肉うまいうまい。

で、東西線で早稲田の茶箱へ。

急遽入ったイベントがやってるそうで、tropfenのフライヤーを

全部ジムであげちゃったのでakiko嬢に分けてもらいに行くのと、

ナオミチさんにちょっとお礼を言う用事があったので。

はるるさんが元気に踊ってたのでVJ教室開講。

今回は切り替えのリズムの取り方について教えてあげた。

人に教えると自分にとって自明なことがそうでないというのが

わかって面白い。

で、なんとなく朝まで居ちゃって家帰って暴睡。

起きたら昼過ぎ。

相変わらずだめげ。

_ VJ入門その7タイミング編

昨日はるるさんに教えたところなんだけど復習がてら。

基本的に、VJは音楽の補助です(僕の使う飛び道具は例外)。

曲の流れに一致した切り替えをすることで、客に気持ちよさを

感じてもらえます。

だから切り替えのタイミングは曲の流れが切り替わる瞬間が基本です。

これは結局耳で聞いて流れを読んでいれば何となくわかるんですが、

わからない人のためにヒントを幾つか。

・テクノ系は殆ど例外なく4つ打ちなので、必ず1拍目で切り替える。

 タイミングが取れないなら、口に出して1,2,3,4と

 数えてください。

・4小節目で切り替える。

 1小節は4つ打ちなら4拍ですので、16拍目に切り替えてください。

 この手の曲では、4小節を1単位にしているケースが多いです。

 2小節で切り替わることもあるけれど、奇数小節で変わることは

 まずありません。

・曲が切り替わる前には予兆となる部分があるので、それを捉える。

 例えば大きく盛り上げる前には、曲調が抑えられたりします。

そこから数えて、4の倍数小節目に切り替わることが多いです。

・読みきれそうに無い場合は、切り替えボタンに手を置いて構えとく。

 あんまり美しくない手ですが、「キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!」と

 思った瞬間に切り替えればOK。

 一瞬遅れるけど。

とまあ、正直たいしたこと書いてないんですが、曲聴いてりゃ

なんとなくわかりそうな。


2005-05-02

_ 混乱

新しいThinkPadと借りてきたTablet PCの二つのPCで同時に

作業をしているのだけど、気がつくとペンでThinkPadの

画面をつついたりしている。

これ錯乱するわ。

_ 嫌嫌韓、嫌嫌中

嫌韓、嫌中の連中が嫌いだ。

僕は一年間海外の英語学校で勉強した経験があるので

比較的いろいろな国の人を見てる。

また、仕事柄アジアの人と働いたこともある

(前の現場は自分の周りの壁以外の方向がすべて韓国人だった)。

だから、国によって人間性の傾向があるのは知っているが、

その中でも人間性の幅がある事も知っている。

日本人でも西欧風の考え方をする人もいるのと同じだ。

だから、韓国だから、中国だからと言って一くくりに嫌う人間は

世間知らずのバカだと思ってる。

それは中国でデモやってるバカと同じレベルだ。

僕は中国のデモは、政府に不満の捌け口としてうまく煽られてるだけだと

思っている。

だから、彼らは物知らずで程度が低い(もしくはそれをわかって

尻馬に乗るくらい意識が低い)と思っているが、

日本の嫌韓派、嫌中派は同じようにメディアに煽られている

物知らずで程度の低い連中だと思う。

_ 前から読んでいた孫ニュース系blogがあるんだけど、

最近、嫌韓、嫌中記事がバカに増えて鬱陶しい。

というか、意識のレベルの低さを露呈されたような気がして

読む気が無くなった。

とりあえずアンテナからはずそうと思う。

_ ちなみに僕の韓国、中国の対日記事に対しての姿勢は、

「よくやるね」

だ。

相手にするほどのもんでもない。


2006-05-02

_ ぼやき

「行間を読め」とはよく言うが、仕様書の行間に行の数倍の仕様が

詰め込まれていたというのはデータ圧縮率高過ぎやしませんでしょうか。

ともかく仕事はほぼ片付いた。

このまま何事もなく終わって欲しい。

_ 次の仕事

「この製品なんですけどね、○○さん、宣伝のホームページ作ってください」

はい?

私、バイト以外ではプログラマしか職歴無いんですけどいいんですか?

「あとですね、FAX一斉送信サービスに申し込んだんですよ。

これの原稿も作ってください。

これは万件単位で宣伝のFAXが送れるんですが、一通10円とかかかるわけですね。

これでもし全然売れなかったら、わかってますよね?」

ま、マジっすか?

というわけでエディタ相手にウンウン唸ってた。

僕には糸井重里になる才能は無いような気がする。

_ 帰宅して

バターン→就寝

さすがに疲労が。


2008-05-02

_ jFD2

Linuxのフォーカスが狂ってる件の調査継続。

ダイアログがキーフォーカスを持てない状態で表示されて、キーを押しても無反応で、

ダイアログを消して親画面でキーを入力した瞬間にダイアログに入力したキーを

親画面が受け取るという最低な挙動だが、今のところ原因はわかっていない。

試しに、あるボタンが押されると入力ダイアログを開く検証アプリを書いてみたが、

同じ挙動は再現しなかった。

jFD2はマルチスレッドで動作するが、ダイアログはイベントディスパッチスレッドから

アクセスされないといけない。

ダイアログはスレッドセーフになるよう実装しているが、抜けがあったのだろうかと思い、

ダイアログ表示部分を新しいスレッドで実行するようにしてみたけど再現しない。

なんかよくわからない。

もうしばらく色々試してみよう。

_ なんかなあ・・・

仕事帰り、二子玉川のスナックに顔を出した。

ママが手持ちの絵を売りに出したいそうで、相談したがっていたので。

着いたら家族3人のお客さんが居た。

お父さんとお母さんと、中学に入ったばかりの息子なんだが、息子が

全く顔を上げず口もきかずにひたすらモンハンやってるのってどうなのよ。

ママが気を使って僕がゲーム好きなんで話させようとしたが、

食いつきが悪すぎて会話にならない。

これなら電柱かポストにでも話しかけるわ。

しまいに面倒くさくなって話しかけるのをやめた。

僕だってコミュニケーション不全のダメ人間で、人と話すのにはかなりエネルギー

必要なんだから、お互いにメリットの無い人間相手にエネルギーを使いたくない。

モンハンやるなとは言わんが、それは家でやれ。

ここはそういう場所じゃない。

ゲームがやりたいなら帰れ。

人の家の教育にまで口は挟まないんで黙ってたけど、仮に僕が将来子供を持って

こんな息子なら店につれてこないし、店に連れてきてこんな態度だったら歩いて

帰らせるわ。

親から見たら手がかからなくて楽なんだろうが、それただの手抜きじゃないのか?

どうなの親御さん?

ふと、ジムのKトレーナーのお子さん二人を思い出した。

凄く礼儀正しいし、ジムの大人と話すのを楽しんでいるんで僕も楽しくなって

色々話してしまう。

凄く素直で大好きな子達なんだが、Kトレーナー、あんなにきちんとした子供に育てるって

大変ですよね。

尊敬します。

_ 酔った勢いで

帰りのコンビニでハチワンダイバーの1、2巻購入。

好きな漫画なんでその内買おうとは思ってたんだが。

家に帰ってから読んだが、ほとんど無駄なくらいのテンションの高さが

楽しすぎる。