トップ «前月 最新 翌月» 追記

jFD開発したりしなかったり日誌

2004|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|
2006年
3月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2006-03-01 [長年日記]

_ ニートる

2月一杯で仕事を辞めました。

これから少しの間、休養モードに入って、死ぬほど寝たり

バイクを乗り回したり、ボクシングの練習をしたり、

温泉に入ったり、うまいものを食べたりして過ごそうと思います。

ここ最近、ずっと体が重くて疲れが抜けないんですが、

早いところ治して心身共に健康になりたいです。

ぱーっと散在して気分転換しようかと思ったんですが、

街に出ても大して欲しい物が無いのが寂しい。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ I氏 [散在には財が必要。]

_ yohei [↑うまい!!]


2006-03-02 [長年日記]

_ ニート二日目

雨が降ってることもあって、ひたすら寝てたり、ゲームやってたり、

正しくニートを実践していた。

僕は仕事がないと本当にだれるなあ。


2006-03-03 [長年日記]

_ 傷心の温泉旅行 with I氏

※前回までのあらすじ。

プリンストレーナーとの恋に破れたShunji。

どんなに離れていてもプリンストレーナーの心に刻まれた

トレーナーMとの絆に抗うことが出来ず、Shunjiは一人つぶやく。

「海が見たいわ。懐かしい西伊豆の海が」

そしてShunjiは旅立つのだった。

時速140キロで。

_ ↑全部嘘です。

前々から、とにかく仕事を辞めたらI氏とツーリングに行こう、

ということになっていた。

房総半島でも行こうかと思っていたんだけど、I氏の意見で

「とりあえず西の方行こうぜー」

ということになった。

当日はI氏がレンタルバイクを借りて集合したのが午後1時ごろ。

I氏の借りてきたのはCB400のいい奴で、とにかく速いらしい。

まずは東名川崎インターから高速に入ったが、まーI氏の速いこと。

僕のスクーターはどんなに頑張っても平地だと130キロが限界

(下りだと140キロ)のようだが、

「これは愉快に180キロ出す乗り物だね」

だそうだ。

スクーターは100キロ前後で一番左の車線をチンタラ走る乗り物だよなあ。

400ccだとどうなんだろうか。

途中、雨がぱらぱらと降って、ヘルメットに当たってきた。

カウルがあるので体にはあまり当たらないようだ。

走っていたら、僕が真横に居るのにトラックがこっちに車線変更してきて

かなり焦った。

危ないなあ。

途中、適当なサービスエリアで休憩。

「さみー!」

と言いながら缶のポタージュを飲んだり。

実は目的地を決めてなかった。

最近テレビによく出てるという、メイドイチゴ狩りというのに

行こうということになって、バイクのトランクに突っ込んであった

ノートPCで調べて電話をかけてみた。

「予約したいんですが」

「申し訳ありません、現在予約可能な4月3日まで予約が一杯なんです」

恐るべし、メイド。

ちなみにメイドイチゴ狩りのホームページは、

「野苺果恋のいちごパラダイス」

とか書いてあってクラクラした。

地図を眺めながら

「じゃあ、沼津で降りるか。

あそこなら温泉あるだろ」

ということに。

コーヒールンバの流れるミル挽きコーヒー自販機で買った

コーヒーを飲んで出発。

沼津のインターに差し掛かり、さて降りるかな、と思っていたら、

先を行くI氏が本線にいて慌てて引き返した。

しばらく先のサービスエリアに入り、聞いてみた。

「沼津で降りるんじゃなかったんですか?」

「え、もう通り過ぎた?

あんまり飛ばしてて気がつかなかった。」

結局、清水まで行ってしまった。

高速で戻っても良かったのだけど、なんとなく国道1号で海沿いの道を

引き返した。

かなり流れがよく、時速100キロ近く出てしまう。

これならあんまり高速道と大差ない。

ちょっとバイクを交換してみよう、ということになり走り出したが、

数百メートルで二人とも

「こえー!」

と言いながら路肩に止まってバイクを交換した。

僕は久しぶりのマニュアル車で、おまけに公道をマニュアルで走るのが

初めてで、I氏は「何これ曲がらないよ!」だそうだ。

同じ二輪でも全然違うわ。

沼津では、駅前の観光業者で「ここらへんに温泉無いですか?」と尋ねて

教えてもらった長岡温泉へ。

夕方なのでかなり混雑しているのをバイクを飛ばして向かう。

長岡温泉では適当に走り回って、見かけた温泉宿に飛び込みで入って

泊めてもらった。

一泊6800円(朝食付き)。

受付のおじさんに、

「3階はもう一杯で、2階の広い部屋になっちゃうんですよ、

普通なら8畳なんですが、12畳になっちゃうんですよ、すみませんね」

としきりに謝られたが、いや全然困らないんですが。

むしろありがたい。

温泉に入って、晩飯を求めて外に出た。

「新鮮な海の幸ー!」

と叫びながら温泉街を練り歩いたが、びっくりするほど飯屋が無い。

あってもラーメンだとかトンカツだとか。

それなら東京で食いますがな。

やっと見つけた寿司屋に入った。

ネタがとてもよくてうまい。

アジの寿司がとてもムチムチした感触で驚いた。

マグロも美味しいし、ウニも甘みがある。

腹いっぱい食べた。

久しぶりに美味しいものを食べたなあ。

戻る途中、射的屋に入ってみた。

一人500円分弾を買って挑戦してみた。

若作りしたノリノリのおばちゃんに囃し立てられながら、お猪口なんかを

狙った。

二人で90点取り、賞品を選んだが、まあわかってはいたがそれはもう

微妙な賞品ばかり。

結局貯金箱をもらったが、その後寄ったコンビニで買い物中、酔っ払って

手がすべり、あっさり割ってしまった。

あーあ。

歩いていたら、道端に止まってる車の中のおじさんに

「お兄さん達観光?

女の子いるよ」

と声をかけられたが、どんな女の子が出てくるか、そもそも女であっても

子ではないようなのが出てくる恐れがあるので、謹んでお断りした。

戻って布団を敷いてそのまま轟々と寝た。

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]

_ nog [速度は伏せておいた方がいいような ^-^;;]

_ I氏 [5速12000rpmなんて気のせいです。もちろん、全てtypoですよ。]

_ Shunji [「130キロが限界」とか「180キロ出せる」とか可能性の話は書きましたが、「180キロ出した」とは書いてないっす。モ..]


2006-03-04 [長年日記]

_ 愛と青春の旅立ち with I氏(二日目)

※前回までのあらすじ

「懐かしいわ。これが私の育った海・・・」

西伊豆の海を見つめ一人つぶやくShunji。

「もう、この海に抱かれて死ぬのも悪くないかもしれない。」

砂浜に歩き出すShunji。

そこに聞きなれた声が。

「待ちたまえ!」

そう、そこにいたのはプリンストレーナー。

「待つんだShunji!」

「いいえ、あなたにはトレーナーMがいるわ。

お願い、私を行かせて。

私はもう一人で生きて行くのには耐えられない。」

「僕はもうトレーナーMを捨てた。

一緒に暮らそう」

「嘘、信じられない」

「本当さ、君のためなら僕は全てを捨てられる!」

駆け寄る二人。

Shunjiはプリンストレーナーの胸へ駆け込む。

交差する拳。

炸裂するカウンター。

勝負は一瞬の刹那だった。

Shunjiの放った右ストレートをかいくぐり、プリンストレーナーの

左フックがShunjiの顎にのめりこんだ。

一瞬で意識を刈られ、砂浜に崩れ落ちるShunji。

_ ↑全部嘘です。

酒飲んで寿司食って布団にもぐりこんで気がつけば午前4時。

宿の浴室へ行き、朝風呂としゃれ込んだ。

露天風呂もあるのだが、そっちはお湯の供給が止まってて

ぬるくて入れない。

横浜から来たと言うおじさんと話しながら屋内風呂に入った。

部屋に戻ってもう一寝入り。

朝食は和食のバイキングで、塩辛がとても美味しかった。

いいなあ、海辺の町は。

支度をして出発。

気がつくと、縁起の悪いことが続いていた。

昨日の晩、射的で取ったけどあっという間に粉々に割ってしまった貯金箱は、

ロバの貯金箱だった。

知る人も多いけれど、僕のVJの芸名はロバ。

そして、宿では靴紐を結ぼうとしたらブチっと切れた。

すんごい不吉。

かなり用心しながらバイクを運転した。

時間も無い事だしほとんど寄り道せず、まっすぐ沼津インターへ。

用心しつつもいい感じにかっ飛ばして走った。

土曜なので、昨日に比べると道が混んでいる。

天気はいいが、午前中なので寒い。

最後に海老名のサービスエリアでI氏と別れて、横浜青葉のインターで降りた。

I氏はバイクを返しに凄いスピードですっ飛んでいってしまったが、

後で渋滞して大変だったらしい。

ともあれ楽しかった。

_ 今日のボクシング

しばらく見かけていなかった女性練習生のTさんが来ていて驚いた。

休会してたんだそうだ。

あら懐かしい。

最近、気が向くと(もしくは剃るのが面倒くさくなると)ひげを伸ばすんだけど、

事務のOさんに御好評だった。

「あら、なんかダンディーになったじゃない」

で、女性会員を連れてきてヒゲのあるのと無いのとではどちらがいいか

相談し始めた。

結果として、口ひげはいいけどあごひげは要らないそうだ。

うーん、そんなもんですか。

プリンストレーナーはまた優しかった。

予告通り色々拭いてもらおうかと思ったけれど、僕の純潔を汚されると

世界中の女の子が泣くのでやっぱやめといた。

Sトレーナーのミットはジャブとストレートとワンツー中心。

基本だけにもっとうまくなりたい。

_ @FreeD

大破壊。

愛用の無印の「体にフィットするソファ」に座り、膝の上にノートPCを置いて

作業をしていたら、ぽろっとバランスを崩してPCが左側から落ちた。

コンパクトフラッシュのスロットに入った@FreeDのカードの出っ張り部分に直撃し、

カードの出っ張り部分が根本からバッキリと折れてしまった。

期待せずに動作を確かめてみたが、やはり壊れているようでネットに接続できない。

ぬあー

修理は無理だろうな。

どう考えても交換だろうけれど、@FreeDはサービス終了が決まってるので、

今から投資するのもバカバカしい。

どうしたもんか。

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]

_ I氏 [次回は400を借りていこう。あ、メイドの予約もしないとな…。]

_ Shunji [メイド電話しますか。400気になりますなあ。]

_ プリンス? [こんな登場の仕方だったとは.....さすがです.....]


2006-03-05 [長年日記]

_ ぼんにょり

過ごす。

夕方、家を出て横浜に向かう。

N氏が横浜のそごうで働き始めたそうなので、会いにいった。

ちょっと話して、閉店後一杯飲むことにして別れた。

地下の総菜屋ででかくてうまそうなソーセージがあったので、

3本購入。

ちゃんと飯を食べてなかったので、肉まんとシュウマイを買って

おやつにした。

ビックカメラを眺め、ちょっとゲーセンで遊んでからケンタッキーで

コーヒーを飲みながらコードを書いて時間をつぶした。

しばらくたってからN氏から電話。

仕事あがったそうなので集合になった。

昔からこの人との飲みは缶ビールの歩き飲みで、ビブレの前で

さっき買ってきたソーセージをつまみに飲んだ。

N氏は同居してたUさんと別れたそうだ。

寂しいなあ。

家賃が一人の負担になってしまい苦しいらしい。

N氏はあんまり金は無いけれど、それでもこの人の、周りに常に

人がいる生き方はいいと思う。

缶ビールを空けたらHMVの中を覗きに行った。

ヒロシ・ワタナベのリミックスCDが出ていたので購入。

それから晩飯を食いに、有名なラーメン屋へ。

かなり混んでいて店の前に行列ができていたので、

二人で二本目の缶ビールを飲みバイクの話をしながら順番を待った。

ラーメンはおいしかったけどちょっとしょっぱすぎるか。

前はこんなにしょっぱくなかったんだけど。

それから駅に戻って解散。

なんか力が湧いた。

会いにいってよかった。


2006-03-06 [長年日記]

_ ハッスルバッスル飲み会

18日に開催されるイベント、ハッスルバッスルのオーガナイザーの

マリコさんのお誘いで、飲み会に参加した。

渋谷のハンズ前の和民で集合。

マリコさんの他にVJのカッチャンが参加した。

二人とも会うのは初めてなのでご挨拶。

マリコさんは美容師で、カッチャンはデザイナーなんだそうだ。

けっこう盛り上がって、いろいろな話をした。

マリコさんは親に田舎戻って結婚しろ、と言われてるそうだ。

相手のことをそんなに好きじゃないので嫌らしい。

カッチャンとはVJ話を。

あんまりVJさんと話す機会がないので、ためになった。

とりあえずVJはDJよりモテない、でFA。

終電ぎりぎりまで飲んで、電車で帰宅。

その途中、何となく思い立って二子玉川で電車を降り、

いつものスナックに寄っていった。

JさんとIさんが来ていて、話していた。

髪の毛の話になったが、ふとIさんを見たら

「この人アフロ似合いそうだなあ」

と思って言ってみた。

昔やってたらしい。

やっぱり。

午前3時まで飲んで、徒歩で帰宅。

ウォーキングのつもりで大股に歩き、1時間半くらいかけて帰宅した。

運動不足を痛感。


2006-03-07 [長年日記]

_ 移動しまくる

昼前に起きて、バイクで次の職場へ。

保険証が無くて(前の職場のは返した)耳鼻科に行けず、花粉症の薬が

もらえなくて困っていたので、そこら辺の手続きをしてもらいにいった。

246は順調だが、渋谷を越えると混んでくる。

六本木周辺が特に酷い。

そこを越えると比較的順調で、皇居脇を通ってしばらく行ったら

職場にたどり着いた。

書類を書いて手続き完了。

来週からがんばらないとな(本当はもっと休みたい)。

その後はどうするか微妙で、すぐ近くにある前の現場の人たちが夜に

送別会を開いてくれることになっていた。

帰るのも面倒くさいし時間まで秋葉原でも覗いていこうかと思ったが、

酒が入るのでバイクに乗って帰れなくなってしまう。

送別会後、どこかの漫画喫茶で酔いが覚めるまで夜明かししてバイクで

帰ろうかとも思ったが、むしろ面倒くさいのでおとなしくそのまま帰った。

三軒茶屋のじゃじゃおい軒で盛岡じゃじゃ麺を食べていこうかと思ったが、

残念ながら休みだったので、もうちょっと進んで駒澤大学の九州一番で

こく味噌ラーメンを食べて帰宅。

家で洗濯なんかをして時間をつぶし、また出発。

徒歩で駅に行き、電車でまた同じ場所に戻る。

送別会は19時に会社を出る、という話だったが、なんか手こずったようで

20分くらい遅れてた。

スターバックスでコードを書いて時間をつぶす。

その後、集合して会場へ移動。

日本橋の少し高級げな居酒屋だった。

今日は主賓なので好きなの選んでください、とメニューを渡された。

送別会では色々話したが、一番インパクトがあったのはOさんの

「メンバー変数って何ですか?」

の一言だった。

Oさん、本当に普通知らないこと知ってるのに知ってて当たり前のこと

知りませんね。

Hさん達に「ロスタイムが20日くらい残ってるんで、プログラム書いてください」

と言われたけどそれはご勘弁。

たくさん日本酒を飲んでふらふらで帰宅した。

楽しかったです。

皆さんありがとうございました。


2006-03-08 [長年日記]

_ だらだら

過ごした。

プログラム書いたりゲームやったり。

ボクシングに行ったら、Kトレーナーに

「あの、もしかしてホームページ持ってませんか?」

と聞かれ、

「も、も、も、持ってませんよ!」

と大否定。

「新田ジム」で検索かけたら引っかかって、適当に読んでいったら

僕だと気がついたらしい。

ホームページなんてありません!

日記なんてつけてません!

プログラムなんて公開してません!

トップページが野郎の裸だったりなんか絶対しません!

Kトレーナーにミットを持ってもらったら、

「無駄な動きが少ないですね」

とお褒めいただいた。

嬉しい。

右ストレートだけはよく練習してるんですよ。

7時頃になったら見慣れない女性がぞろぞろとやってきた。

恒例の女性向け体験入会コース(またはIトレーナーの嫁探しコース)の

練習生達だった。

あら、もうそんな季節か。

終わってシャワーを浴びてから気がついた。

靴下の替え持ってくるの忘れた。

きっと優しいプリンストレーナーが貸してくれるだろう、いやむしろ

「僕を靴下にしてください」と我が身を差し出してくるだろうと

思っていたけれどそれはなかった。


2006-03-09 [長年日記]

_ 今日もダラダラ

自宅でずっとVJ用動画のエンコード。

今まではMPEGでやってたんだけど、fireflyと相性がいまいちなので

他のフォーマットにしようと思っていた。

最近はsorenson4のAVIが一般的なんだけど、どうも再生するとノイズが

入るので見送って、QuickTimeにすることにした。

以前QuickTime for Javaを使って書いたコンバーターツールがあるので、

それを使って延々と変換。

しかし、未だにQuickTime for JavaはAPIがよくわからなくて、

かなりやっつけなツールになっている。

夕方近くなって外出。

まず、やっと保険証が手に入ったので耳鼻科へ。

やっと花粉症の薬がもらえるよ。

バイクに乗って駅前の耳鼻科に行ったけれど、残念ながら休みだった。

仕方ないので溝の口の病院へ。

途中、ついでにVodafoneのお店に寄って料金を支払ってきた。

GPS付きの機種があったので、ちょっと気になって教えてもらった。

バイクのハンドルに付けたらカーナビ代わりにならんかと思ったけど、

画面小さいし、凝視したら事故りそうだ。

なんかPSPで地図ソフトが出るそうだが、あれにGPSが使えれば

カーナビになれると思うんだがなあ。

どうもデータはネット上にあって、サーバー側から随時提供される形式のようだ。

さすがに携帯の中にデータ納めるのは無理か。

それから耳鼻科へ。

行ったら5分ほどで診察してもらえた。

去年もらってとても良かった点鼻薬があったのでそれをお願いして、

あと飲み薬と目薬をもらった。

これでしのげるか。

それからさらにバイクをかっ飛ばし二子玉川へ。

先日@FreeDのカードをぶっ壊したので、解約しに行った。

係のお兄さんに一応聞いてみた。

「これ、新しいのに交換って出来るんですか?」

「もう無いですねー。

平成19年の○月で終了になってますので」

「じゃ、解約します」

「一応他にもFOMAで通信できるサービスありますが」

「PCで使えるんですか?」

「ええ」

「でも定額じゃないですよね?」

「はい」

というわけで解約決定。

DOCOMOがつなぎ放題で遅いADSL位の速度のサービスを始める予定があるそうだから、

それに期待したい。

それから無印良品へ。

ベッドのシーツと靴下3足、おやつを購入。

その隣のGAPでパンツが3つで3000円のを購入。

用賀に移動してたまきラーメンで晩飯。

ここのラーメンは油っこくて辛くて爽やかという精神分裂症みたいな

味なんだけど、妙に癖になってたまに食べたくなる。

で、引き返して駅前の本屋へ。

文庫本購入。

スーパーで飲物を買って帰宅した。

そしてまた延々動画のエンコード。

間に合うかしら、これ・・・

_ 動画エンコード

自作の動画エンコードツールは「APIがよくわかんない」という

情けない理由で、1ファイルごとにダイアログのOKボタンを押してあげないと

いけない切ない作りになっている。

どうせやっつけツールだからそれでいいんだけど、おかげでいつまで経っても

寝ることが出来ない。

しばらくゲームとかしながら待ってたんだけど、人として何かを踏み外した

時間になってきたので、考えた。

ああ、俺プログラマじゃん。

ダイアログのクリックするボタンの位置は毎回同じなので、java.awt.Robot使って

指定された位置を10秒に一回クリックするツールを書いて寝た。

あっさりうまくいったが、もっと早くこうすりゃよかった。


2006-03-10 [長年日記]

_ 告知ですよ

今週末はDANKETECH-001ですよ!

公式サイト

すべてのテクノにありがとう!

前回のプレパーティでも好評だったスペシャルゲスト、

DJ Loud-Oneが今回もやってくる!

そしてゲストはigniteよりKAZU、signumよりAMARIを迎え、

あまりにも豪華なメンツでお送りします。

さらにレジデントDJを一人加え、第一回とは思えない

盤石の全面テクノ態勢でお送りします。

DANKETECH-001 
http://danketech.jp 
---------------------------- 
3/12(Sun.)16:00-22:00@青山蜂 
http://www.aoyama-hachi.net/ 
---------------------------- 
2000yen/1drink 
w/f & dis 1500yen/1drink 
女性客 1500yen/1drink 
 
-Main floor DJ- 
16:00-17:30 fumiyu 
17:30-19:00 KAZU[ignite] 
19:00-20:30 Loud-One 
20:30-22:00 SATOYAN 
 
-Main Floor VJ- 
Re_vision 
ROBA 
※今回KAISEIはスケジュールの都合上お休みします。 
 
-Lounge DJ- 
16:00-17:00 AVE 
17:00-18:00 KEN-YOU 
18:00-19:30 AQUEBI 
19:30-21:00 AMARI[signum] 
21:00-22:00 Radio6 

_ 今日のボクシング

雨雨。

だるいのでバイクではなくてバスで行った。

ダンベルを持ってシャドーボクシングをしていたら、

優しいプリンストレーナーが現れて、

「もうちょっと前足荷重にした方がいいですよ、

6対4くらいで」

と言いながら僕の体に手を伸ばし始めたんです。

そして僕の手を取り

「そう、ガードをあげてあごを引くことで防御するんです」

といいながら僕の腰に手を伸ばし、ああ、彼の手は私の体を

優しくなでさすり始めたんです。

そしてその手は次第に位置を下げ、私の秘所に。

いけないと思いつつ私の心は思わず燃え上がるのでした。

続く。

_ 続きません。

あと嘘です。

言うまでもなく。

でもフォームを指導してもらったのは本当。

前足荷重だとパンチの伸びがいいような。

なるほど、ためになる。

Kトレーナーがこの前のどうしようもない日記を見て笑ってた。

あれは酷かったからなあ。

最近、パンチングボール(よくボクサーがたたいてる天井からつったボール)

が調子いい。

ダカスカとリズムよくたたけて気持ちいい。

いい汗かいた。

腹が減ったので、回転寿司を食べて帰宅。

_ VJ練習

DANKETECHも近いので、VJの練習をしている。

fireflyに乗り換えたんだけど、やはり感覚の違いが大きい。

僕は元々そんなにエフェクトや重ね合わせを使わず、普通に動画を流して

速度や逆再生でリズムを付けることに重点を置いていた。

fireflyでは作者のsyu5さんにお願いして、再生中にShiftを押しながら

特定のキーを押すとその位置をキューに登録して、次に同じキーを

押すとそこから再生してくれるようにしてもらった。

これをうまく使えば、今までと違う映像の組み立てが出来るはずだが、

これがとても難しい。

今まで使っていた逆再生は、動画を凝視して、いい映像が流れたら

逆再生ボタンを押すことでそのポイントを繰り返し流していたが、

キューに登録するのはいい映像が流れる前に行わないといけない。

つまり、動画を覚えてないといけない。

こらむずいわ。

コツはつかみかけてるんで、なんとか間に合わせたい。


2006-03-11 [長年日記]

_ 揉まれたり走ったり食ったり

朝10時頃、お袋がやってきて整体していってくれた。

土産になぜかシュークリームとケーキを持ってきてくれて、

朝飯代わりに食うという不思議なことに。

前の晩、延々VJ練習をしていて眠かったので目が覚めたら終わってた。

終わって、まだ明るいし天気もいいので、とりあえずどこかに出かける

ことにした。

バイクに乗り、とりあえず走り出す。

そういや、当初この休みで千葉の方にツーリングに行こうと思ってたが、

I氏の希望で沼津になっていた。

千葉に行くなら横浜経由のはずだったし、とりあえず横浜に行くことにした。

溝の口から第三京浜に乗ってぱーっとかっとばす。

あっという間に横浜に。

道路料金も150円だし、

「横浜ってこんなに近かったのか」

と驚いた。

下道に降りて、とりあえずみなとみらいの方へ行ってみることにした。

道を知らないので適当に走っていたら、交差点で待ってる最中

左手にランドマークタワーが見えたので曲がろうとして方向指示器を出したら、

隣に止まってたスクーターのおじさんに

「ここ左折禁止だよ、そこに交番あるから一発で捕まるよ」

と言われた。

危ない危ない。

無事にみなとみらいにたどり着いて、適当にショッピングセンターを覗いた。

しかし一人ではつまらん。

観覧車もジェットコースターも一人で乗るもんじゃない。

山下公園に移動して、散歩。

何年ぶりだろう。

携帯でパシャパシャ写真を撮った。

お次は中華街。

楽しい。

まず、中華街に入ってすぐにでかい肉まんを一つ買って食べた。

さらに、歩いていたら小龍包の屋台があったので購入。

スープがあふれてハフハフうまい。

さらにうろうろ歩いていたらなんかの賞を取ったという料理人の店で

小さい肉まんを売ってたので買ってみた。

うまい!

ジューシーかつ深みのある味わい。

これはびっくり。

それからフカヒレスープを買って歩き飲み。

暖まる。

デザートにごま団子を買って歩き食い。

これも好き。

買い食いだけで満腹になってしまったよ。

満足した。

日も暮れたので引き返したが、第三京浜に乗るつもりが

首都高に乗ってしまった。

時間もあるし、ちょっと回り道してもいいかと思って、そのまま都心に向かった。

羽田あたりまではすごく快適にかっ飛ばしたが、その後渋滞にはまる。

バイクなんですり抜けていけるが、やっぱり神経を使って疲れる。

三軒茶屋のインターで降りて、246で帰宅。

やれやれ、くたびれた。

中華街は楽しかったんでまた行こう。


2006-03-12 [長年日記]

_ DANKETECH-001

おかげさまで第一回DANKETECH、無事終了。

当日はfirefly導入に当たって、バカみたいにでかいMIDIキーボードを

袋にも入れず肩に担いで電車に乗るという愚行をかましたところ、

どこで落としたのかツマミが一つ無くなってた。

頭悪い。

30分くらい前に会場に入りセッティングを始める。

今回はRe_visionと僕の二組。

Re_visionは最大3人のユニットだけど、当初はテッペイさんしか居なかった。

机に機材を開いていくが、キーボード邪魔だってば。

4時になって開演。

お客が居ないうちにfireflyに慣れたくて、積極的にやらせてもらった。

だんだんコツがつかめてきたような。

今回はプリンケツプリンケツというダンスグループの映像が気に入った。

これおもしろい。

最初3〜40分くらいやらせてもらってからRe_visionに交代。

ラウンジに行ったらなぜかニンテンドーDSでマリオカート大会が

始まっていた。

思わず参加。

休憩しようと思って外に出ようと思ったら、イモちゃんがもぎりをしてた。

この子は背が高くて細いなあ。

コンビニに行ってコーヒー飲んで一休み。

戻ってラウンジで酒注文してたら、可愛い小柄なKちゃんという

女の子と知り合いになった。

Re_visionはかぶり物VJで、前からガスマスクをかぶってプレイしてたんだけど、

前回からリアルなウサギのマスクのかぶり物も導入していた。

これをかぶってラウンジに遊びに行ったら、Kちゃんがやけに気に入ったらしく、

ラストのさとやんの時間、延々それをかぶりっぱなしで踊ってた。

あのマスク、通気性ゼロで苦しいわ、長時間被ってるとかぶれてくるわで

洒落にならないのにすごいわ。

僕はそれを眺めながらVJ。

fireflyのキュー機能がだんだん使いこなせてきた。

今までと違うプレイが出来て楽しい。

ただし、今までの逆回転プレイの良さもあるのでうまく使い分けないといけないようだ。

逆回転でリズムを取ったときは、動きの面白さが肝になる。

それに対しキューでリズム取りすると、動き自体は普段と変わらない分

面白みは欠けるが、独特のミニマル感が出てくるようだ。

これは要研究。

課題は残したものの無事イベントが終了して解散。

Re_visionのお二人とラーメン食べて帰宅。


2006-03-13 [長年日記]

_ 転職しました。

転職先は高校の同級生だったK君の会社で、僕が入っても社長含め5人しか

いないという零細企業。

秋葉原のすぐ側という、ある意味絶好の立地。

当日は、今までの恨みを晴らすかのようにジーパンで出社。

ああ、楽ちん。

時間ぴったりに出社して、ちょっと書類の手続きしつつ話して、色々と説明を受けた。

とはいえ、大企業と違ってあんまりうるさい話が無いのが良い。

冷蔵庫のお茶とジュースが飲み放題だそうだ。

そりゃありがたい。

まずはPCのセッティングから。

新しく購入してもらったDELLのデスクトップを箱から取り出し、セッティング。

「ウイルス対策はどうするの?」

と聞いたらソースネクストのを買ってくれた。

話が早くていいなあ。

自分のノートからWinFDやjFD2、その他よく使うアプリを移動してたら、

電源ケーブルに足を引っかけて机からノートが落ちた。

閉じた状態で、ディスプレイ側から落ちたようで、どこかの接続を接触不良に

したらしく、時々液晶が映らなくなってしまった。

なんてこった。

一応使えるので、修理に出すかはしばらく様子見るか。

昼休みはK君がおごってくれて、秋葉原の店で食べた。

途中、メイドカフェに人が並んでるのを見て感心した。

午後からは次の案件のために顧客から受け取った資料を読む。

んー、何となく理解した。

どうも僕はPL/SQLを書くことになりそうだが、胸ときめかない言語だなあ、これ。

古くさいというか、ベタ書きするしかないし。

きちんとやったことはないので経験になっていいけど、早いとこ普通の

Java案件取ってきてくださいよ。

僕の得意はオブジェクト指向設計なんで。

その後Oracleがらみでちょっとはまって、30分くらい残業して引きあげた。

ちょっと秋葉原に寄り道して帰宅。

_ 実験中

Swingでお絵かきパネル実装中。

以前JavaOne用に作ったVisualClipのJava版では、線のスムーズ化が出来なかった。

単純に通った軌跡を直線でつないでるんだけど、マウスだと線がガタガタして

ちょっとよろしくない。

マウスのフリーハンドで滑らかな曲線を描きたくてベジェ曲線の表示の仕方を

研究していたが、何となく成功した。

実際はベジェではなくてスプライン曲線になったけど。

どうやったら任意数の点をベジェ(スプライン)曲線でスムーズに繋げるか

わからなかったが、JDKのJava2Dのデモに答えがあった。

二つ前の点と一つ前の点の中間、一つ前の点、一つ前の点と現在の点の中間を結ぶ

スプライン曲線を描くと、それぞれの点を結ぶ線との交点で平行になる。

同じ方式で複数のスプライン曲線を描いていけば、スムーズに繋がる。

なるほど、頭いい方式だ。

これで、適当にマウスを動かしてもスムーズな線が描けるようになったが、

まだ課題がある。

この手の曲線は、一定以上の長さをまとめてスムーズにするので、その長さに

なるまでその部分が表示されない。

マウスポインタの直後を、わずかに遅れてガタガタと線がついてくるような

感じになるので、実際は処理に余裕があっても処理落ちしてるように見えてしまう。

この、前の部分からマウスポインタの位置までの線を、別口で描画する必要がありそうだ。

そこは完全にフリーハンドで描いて、一定長に達した時点でスプライン曲線に

差し替えるような感じにするか。

また、スムーズ化する基準を線の長さにしたんだけど、これだと逆に細かい線が

つぶされてしまうので、そこら辺の調整も考えないといけない。

インターフェイス次第だな。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ I氏 [ソースネクストかよっ]

_ Shunji [まあ、選んだの僕じゃないですし。]


2006-03-14 [長年日記]

_ PSE法

中古楽器の販売は許可されることになったそうで喜んでる人が多いが、

簡単に誤魔化されてるんじゃないよ、と言いたい。

こんなの楽器関連が一番突き上げが激しかったから(坂本龍一が署名集めたし)、

そこだけ許して矛先をかわしてるだけじゃなかろうか。

大量の在庫を問答無用でゴミにされるリサイクルショップ、

機械を担保に融資を受けていた工場等といった、このままだと

首くくるしかない人たちはまだ沢山いるのに、簡単に喜んじゃってる

人たちを見ると不安になる。

いいのかこれで?

_ 仕事二日目

あんまりやることが無い。

なんせ顧客からまだ仕様書が来てなくて、仕方ないのでDB絡みの

作業をしていた。

午後、K君から相談が。

作りたい製品の相談で、僕はその方面は素人で全然知識がないのだが、

素人らしくきわめていい加減なソリューションを提案したら、

逆にわかってる人にはない発想だったらしく好評だった。

世間一般の清く正しい規格というのは大規模を対象とした物が多く、

小規模をターゲットにするならシンプルでいい加減な規格の方が

案外良いのかもしれない。

残業無しでK君と退社。

近くの本屋に寄って、必要な技術書を調査してから帰宅。

電車の中で昨日も書いていたお絵かきパネルの実装を進めた。

帰宅してボクシングに行こうかと思ったが、眠気が限界に近く、

とても運動できる体調ではなかった。

布団に潜り込んで次に気がついたら3時間後。

仕方ない、明日行こう。

_ お絵かきパネル

フリーハンドの線を描く際に、線を二本で構成するようにして、

滑らかなメインの線と、入力そのままの先端部分に分けて表示するようにしてみた。

線がマウスポインターを遅れてついて行く、という印象が無くなり

かなりレスポンスがよくなった。

ただし、滑らかにする閾値の決定が難しい。

一定距離以上マウスがドラッグされたらその範囲をスムーズ化するのだけど、

その距離が短すぎると線が滑らかじゃなくなり、長すぎると入力された軌道と

スムーズ化された線の違いが大きくなる。

自分は絵心がないのでこれがどのくらい重要かわからないが、もしかしたら

デッサンに致命的な影響を与えるかもしれない。

一番簡単な解決方法は、ユーザーがその閾値を決定可能にすることだが、

線の曲率も閾値にして、一定以上の曲率になったらスムーズ化するようにすれば

もっと賢いかもしれない。

実装難しそうだけど。


2006-03-15 [長年日記]

_ マルチが不健全である理由

思うところあって書く。

これは自分なりに考えてだした結論なんで、間違ってるところがあるかもしれないし、

「何当たり前の事言ってんだ」と言われるかもしれない。

だけど書く。

_ マルチが不健全な理由は、何も生産しないからだ。

一般的な商売では、何かしら生産されるものがある。

サービス業であっても、形が無いとはいえ、サービスという生産物がある。

そのため、その生産物の対価として、そのシステム全体に収入がある。

だから、関連した全員に収入がある(完全に公平な分配ではないが、

それは基本的に各自のリスク、生産性などによるものだ。例外はあるけど)。

しかし、マルチには外からの収入が無い。

単純に閉じたシステムの中で金が動いてるだけだ。

しかし、末端の人間が損をしてるおかげで、収入を得る人間もいる。

マルチとはピラミッド型の組織だが、上位の人間は儲かるが、

下位の人間はただの払い損で終わる。

要するに、目端の利くのが儲けてバカが損するシステムだ。

これは公然とイカサマが行われてるギャンブルのような物だが、

バカには気がつかない程度には巧妙なイカサマなので、利口な人間は

イカサマをうまく利用するか、最初から降りてしまう。

しかしバカはあっさり引っかかり勝負に負ける。

要するに強者が弱者を食い物にするシステムだ。

弱肉強食は世の定めとはいえ、それを容認したら犯罪の肯定だ。

以上により、マルチは生産性が無く収入が無いので、強者が弱者を

食い物にするしかないので不健全なシステムといえる。

_ 歓迎飲み会

夕方、K君から「今夜あいてます?」と聞かれた。

ジムに行こうかと思ってたんだけど、何かと思って訪ねたら

歓迎飲み会を開いてくれるとのこと。

そりゃ断れないわ。

仕事を切り上げ、お店へ向かった。

K君、Hさん、Uさん、僕の四人。

会場は秋葉原の新しく開発されたビルの中の串揚げ屋で、

最初、満席で入れないと言われたが、席を詰めてもらって入れた。

このお店は食べ物のメニューが無く、「ストップ」と言わないと

勝手に串揚げが出てくるそうだ。

いろいろな串揚げが出てくるが、どれもおいしい。

K君とHさんは飲まない人で、ヘルシーにウーロン茶なんかを飲んでるが、

僕は酒飲みなのでちょっとアルコール無しじゃつらい。

最初ビールを頂き、次に日本酒を升でもらった。

しかしこの升、こぼれてるんですが。

気がつくと受け皿になみなみと酒がたまっていて、おっとっと、と飲み干す。

なんか落ち着いて飲めないんですけど。

色々話しつつ飲んだ。

派遣時代の愉快すぎる現場の話など。

おもしろいコードいっぱい見たからなあ。


2006-03-16 [長年日記]

_ JMF

RTPを使って簡単なインターネット電話の実験をして居るんだけど、

どうやったら遅延を無くせるかわからない。

IP一つ違いの隣同士のPCでも必ず1秒の遅延が入る。

どこかのバッファサイズを小さくすればいいと思うんだが、

色々試したけどそれがどこかわからないし。

教えてJMFの偉い人!

というかNしもと先生!

_ Winny

Winnyでアホタレなウイルスに感染し機密漏洩する事件が多発しているが、

アイコンをフォルダと同じ物に偽装しているファイルをダブルクリックして

実行しちゃう人が多いからだそうだ。

政府は「Winnyを使わないようにしよう」と言ってるが、まあ無駄だろう。

で、思った。

アイコンを表示しないファイラーを使えばいいんじゃないか。

政府はそういうファイラーの使用を推奨しようじゃありませんか。

jFD2はファイルかそうじゃないかは一目瞭然なんで、政府はjFD2を

国民に勧めればいいと思いますよ。

そのときはシェアウェアにしちゃっていいですか?

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

_ keisuken [JMStudioで遊ぶと,無線LANというのもありましたけど200ms〜500ms程度は遅延しているようです. 一般..]

_ Shunji [あ、BufferControlにばっかり目がいって、フレームサイズまで考えてなかったです。 なるほど、週明けに早速試..]

_ びい [さらに「*.exe」とか「*.bat」系のファイルが区別できるように色を変えられると完璧です。]

_ Shunji [そうですなー 拡張子で色変えるのは興味なかったんで入れてないんですが、そろそろ考えようかなあ。 そしてゆくゆくは政府..]


2006-03-17 [長年日記]

_ Oracleではまる

僕ははっきり言ってそんなにOracleには強くないのだが、

開発用PCにインストールしたらはまった。

TNSListenerというのが落ちて接続できない。

サービス名とDB接続を管理する機能らしいが、一回接続するたびに

異常終了してしまう。

どうも他の何かのソフトとぶつかってるらしい。

そんなにソフトは入れてないので、ウイルス対策ソフトが疑わしいんだが。

_ 花金

なのにすることが無く(ボクシングに行くには中途半端に遅い時間だった)、

退社後、とぼとぼと神田を歩く。

晩飯は回転寿司。

アイリッシュ系のパブがあり、看板にローズビールというのが出ていて、

気になったので入ってみた。

この前買った、飯田穣治と梓河人共著のアナンがおもしろく、それを読みながら

ビール一杯、スコッチを一杯。

家に帰るにつれどんどんと気持ちが落ち込み、ここ数週間で最悪の

恐ろしく酷い精神状態になってきた。

早く体調を取り戻したい。

これじゃ人生無駄遣いだよ。


2006-03-18 [長年日記]

_ 土曜日

前の晩、読み始めたアナンがおもしろかったので延々夜更かしして

寝たのが明け方だったので、夕方まで寝てて起きてボクシングへ。

ジムの前の道が工事していて、いつもやってる路上駐車がしにくい。

困る。

バラ園までの遊歩道を造るんだそうだ。

どっちかというと、路上駐車されまくりだからそのくらいなら歩道にしてしまえ、

という悪意を感じる。

普段あんまり行き会わないSトレーナーが来ていて、

ミットを持ってもらった。

ガード練習が多めに取り入れられてて、自分のここら辺の下手さを

痛感した。

もっと練習しよう。

体力落ちてる。

いかん。

_ ハッスルバッスル

家に戻ってからまた別の荷物を持って渋谷へ。

新イベント、ハッスルバッスルのVJが入っていた。

先日一緒に飲んだmaricoさんがオーガナイザーのイベントで、

DJ、VJともにB2B(DJの場合は交代で曲をかける。VJはプロジェクタが

十分に数あるので常に二人分の映像流しっぱ)をさせるという企画だった。

会場は渋谷のON@OFF。

プロジェクタが全部で11個あるVJには贅沢な環境だ。

だいたいどこのイベントでもVJは裏方で、酷いとフロアが見えないくらい

裏に追いやられる物だが、今回はえらくいい席で、フロアの隅に高さ50センチくらいの

ステージが組まれ、そこにDJブースを中心にVJブースが二つ用意されていた。

ステージには椅子が無く、延々立ちっぱなしなのはちょっとつらい。

しかし今まで高いブースも立ちっぱなしのブースも経験したけど、

高くて立ちっぱなしのブースは初めてで、これが案外気分良くておもしろかった。

僕のVJスタイルは常にリズムを取っていて、映像をいじり続けているので

あんまり客席を見る余裕がないのだけど、たまに客席を見るとお客さんが

一段低いところで自分の映像に見入ってたりしているので、なんだか

偉くなったような気分。

それを肴に、買いだめしておいた酒をぐびっとと呷ったりすると気分爽快。

_ 僕の出番は深夜過ぎと最後の2回。それぞれ85分だった。

それぞれxaidepさんとRe_Visionと一緒にやったのだけど、xaidepはおもしろかった。

男女ペアのチームなのだけど、女の子が何を血迷ったのか女子高生のブレザーを

着ていた。

こんな深夜のクラブに女子高生なんて、あり得ない場所にあり得ない存在なんだけど、

けっこう似合ってて可愛い。

さらに僕の得意のリズミカルおっぱい(胸の筋肉を動かすことで、左右のおっぱいを

ピクピク動かすことが出来る女性の映像に逆再生と組み合わせることで

曲のリズムに合わせて胸を動かす技)を流したら、気を利かして

ドラゴンボールの亀仙人が興奮して鼻血を吹き出す映像を流してくれた。

kaiseiさんに「ロバさん、コラボになってますよ」と言われて気がついたんだけど、

すばらしすぎ。

ナイスコラボレーションですよ。

_ 今回はPCに何かとトラブルが。

まず、今の設定だとデフォルトで外部出力がプライマリ、ノートの液晶がサブの

出力になるが、これを直すのにプライマリになってる外部出力、つまりプロジェクタで

画面のプロパティをいじらないといけなかった。

お客さんも見てるのでちょっと映しがたい。

おっぱい映すのはまったく平気だが、Windowsの画面を映すのはちょっと気が引ける。

うすーく表示して何とか切り抜けてVJしてたら、なぜか今度はMIDIのキーを

認識しなくなってキューが使えなかった。

原因は間違えてオクターブ操作のボタンを押して、キーが1オクターブ下がってたために、

別のボタンとして扱われてたことだったが、なかなか気づくもんじゃない。

さらに突然サスペンドして、

「なんでだー!」

と叫んだが、ACアダプタのめがねコードが抜けてバッテリー切れしていたのが

原因だった。

気がつかんでば。

色々焦った。

_ ステージ上は暑かったのか、異常に汗をかきまくりながらVJしてた。

なんでこんなに汗をかくんだろう。

ともあれけっこう好評で、お客さんが喜んでくれて嬉しい。

これが無ければ夜中に3時間もVJやる気になれんもんな。

ドカベンやあしたのジョーといった、アニメネタが好評だった。

アニメは実写と違って、構図が練られてるので、うまく使うととてもかっこいい。

_ 楽しくVJして、終わったのが午前五時。

いや疲れた。

でも楽しかった。

_ fireflyについて

VJさん達に新しく導入したfireflyでの映像の感想を聞いてみたのだが、

kaiseiのmaiさんに、やはりまだ慣れてないこともあって

TZTを使ってた頃と比べて拙い、と言われてしまった。

よく見てるなあ。

自分もそれは感じてる。

まだ、キュー機能は実験を繰り返しているところだし、今までの

逆回転スクラッチプレイほど完成度が高くない。

さらに、キューは逆回転より自由度が高くて、選択の自由がある分

どこにキューを入れるかで出来映えがかなり変わってしまう。

逆回転は意外と出来るポイントが決まってるし、逆回転するだけだから

そこまで突拍子もないことにはならないんだけど、キューはそうじゃない。

だから、失敗できてしまう。

これは練習するしかないなあ。


2006-03-19 [長年日記]

_ 日曜日

ハッスルバッスルを終えて帰って寝たのが午前7時くらいか。

目が覚めたのは夕方で、GENUINEの誘いで横浜へ。

電車を乗り継いで移動。

横浜駅で待ち合わせて、みなとみらい線で中華街へ。

軽く買い食いしながら中華街をふらついた。

急に冷え込んできて、むやみに寒い。

海が近いからか風が強く、先週よりふらつくのが大変だった。

小さな路地にある料理屋で晩飯。

コースでもいいかと思ったんだけど、GENUINEがそんなに食べれないので

単品で色々頼んだ。

色々と雑談。

今実験中のお絵かきソフトに意見をもらった。

GENUINEは頭がおかしいので色々とおもしろいアイディアを出してくれて助かる。

腹一杯食べまた中華街をうろついたが、寒くてかなわないんでスタバで休憩し、

横浜に戻って解散した。

_ 新ビジネス案

GENUINEの発案ですごいのが。

風俗のマルチというのはどうだろうか。

最初、普通の風俗店の料金より高い入会金を払うが、女の子は胸を触らせてくれるだけ。

ところが子会員が出来るとサービスが向上し、最後には一円も払わず

やり放題、というすばらしいアイディアが出た。

んー、やっぱGENUINE頭おかしいよ。

どこから出てくるんだ、この発想は。

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]

_ びい [ふつーのマルチは「お金」を出して「お金」をもらうシステムですから、「女の子」を上流に提供して下流から「女の子」を提供..]

_ Shunji [最初お金を払って上流に女の子を提供しますが(自分は胸を触らせてもらうだけ)、子会員を作ることで下流からそれ以上に女の..]

_ Shunji [読み返してみると説明不足でしたね、これは。]


2006-03-21 [長年日記]

_ ツーリング

前の晩に早く寝てしまったせいで、6時くらいに目が覚めた。

睡眠も足りてるし、天気もいいのでツーリングに行くことにした。

行き先は前々から行こうと思っていた房総半島にした。

適当に荷物をまとめて家を出て、走り出す。

川崎に向かいアクアラインに乗る。

地下に潜ると平衡感覚が狂い、登りと下りの区別がつきにくくなり、

地の底に繋がる穴を落ちてるような錯覚を感じる。

海ほたるで休憩。

天気が良くて風も無く、数年前来たときとは大違いの穏やかさだ。

せっかく来たので色々見て回るが、まあそんなにおもしろい物じゃない。

場所以外は大きなドライブインでしかないし。

また走り出すと、海の上の橋はなかなか気持ちいい。

海苔の養殖場が見えた。

袖ヶ浦の料金所まで行って、南下する。

大きな国道で、すいすいと進めた。

房総半島はツーリングに人気とは聞いていたが、本当のようでバイク乗りに

しょっちゅう行き会ったが、ビッグスクーターで来ているのは少ないようだ。

一つだけスクーターのチームがあって、バリバリにカスタムした

スクーターばかりだった。

屋根付きのヒュージョンとかあるし。

金谷でガソリンを入れ、ついでに魚のおいしい店はないか聞いてみたら

もうちょっと進んだところにあると教えてくれたので行ってみた。

海に面した大きな店で、大きな駐車場からは入り江に降りる階段が設置してあった。

バルコニーもあって、気持ちが良さそうだ。

刺身の舟盛りの定食を頼んでみたら、魚が新鮮でおいしい。

これはいい。

ついでに売店で甘酒を買って飲んで、また出発。

地図を見たら温泉があるそうなので行ってみた。

漁協が経営してるんだそうで、隣には漁協経営の食堂もある。

真っ昼間から温泉に浸かる幸せ。

でも天然温泉じゃないのが惜しい。

暖まったからいいけど。

一息ついて走り出したら、飯食って風呂に入ったせいで眠気が出てしまい、

危なくて仕方ないので道から外れ、海岸でしばらく昼寝。

天気が良くて気持ちいい。

今回、ルートは決めてなかったんだけど、妹に

「菜の花畑がきれいらしいよ」

と言われてたので、フラワーロードがある南を目指してみた。

海沿いのリゾート地があり、きれいなホテルが並んでる。

夏になったら遊びに来るのもいいか。

でも夏になったらこんなに静かじゃないんだろうなあ。

フラワーロードは名前の通りで、しょっちゅう花畑があり、大きな通りは延々と続く

菜の花の花壇に囲まれていた。

あら素敵。

海沿いに鴨川まで走り、その後内陸を突っ走り金谷まで戻った。

時刻は17時半。

帰りはフェリーにしようかと思ったが、そっちは通ったことが無く、

初めての道を夜走るのは気が乗らず、その他の有料道路の料金を合わせると

料金的にあんまり差が無かったので、帰りもアクアラインで戻ることにした。

行きに舟盛りの定食を食べた店で晩飯も食い、木更津へ向けて走り出す。

しかし海からの風が強烈に強くなっていて、特にトンネルを抜けた瞬間は

かなり怖い。

少なくとも内陸に入ってしまえばここまで酷いはずもないし、ちょっと後悔した。

しかし後悔はその後さらに。

道路が渋滞してなかなか進めない。

まあ、バイクだからかなりましなんだけど。

さらに、真の後悔はアクアラインでやってきた。

海上の風は秒速8メートル。

ハンドルが!ハンドルが取られる!

本当に命がけだよ。

トンネルの中に入ったときは本気でほっとした。

神奈川側に出たら後はすぐだった。

午後8時頃帰宅。

やれやれ。


2006-03-22 [長年日記]

_ そしてまた告知(TROPFEN)

今週金曜日、あのイベントが帰ってきます!

あのDJを引き連れて!

TROPFEN -2nd anniversary bash- 
@Sabaco → http://www.sabaco-cafe.net 
2006/03/24(Fri) 
23:00-05:00 
\2,500/1D 
Guest DJ: Takaaki Itoh [Wols] 
DJs: Toshiko Inoue, DJ宇宙, Akiko Hayano 
VJs: Roba, Leznation 
 
about TROPFEN 
硬質なDeep&Hard Minimalを軸とした多彩なElectronic Dance Musicを奏でる
レジデントDJ陣と、変態/電波系ヴィジュアルでクウラウドの目を釘付けにする
異能のVJ陣がおおくりするアングラかつアットホームなTechno Party
『TROPFEN』。 
‘生まれ故郷’茶箱での久々の開催となる今回は、な・なんと...パーティ
生誕2周年記念! 
そこで、いま最も才能溢れるDJ/Trackmakerとして国内外で高い評価を受け、
各国メディアから「ジャパニーズ・アンダーグラウンド・テクノ・ドン」と評される 
Takaaki Itoh をゲストDJとして招き、『TROPFEN』史上最強最高大爆発の一夜を
創り上げちゃいます。 
見逃し聴き逃し踊り逃し厳禁... DON'T MISS IT!!!!! 
 
about TAKAAKI ITOH 
公式サイト→ http://www.takaakiitoh.com 
DJチャート→ http://www.higher-frequency.com/j_dj_chart/takaaki_itoh 
mixiコミュ→ http://mixi.jp/view_community.pl?id=27817

_ 記念すべきTROPFEN2周年は、出発点の茶箱に戻って開催です。

TROPFEN史上最も盛り上げたと言われるTAKAAKI ITOHをゲストに迎え、

メンバー一同テンションが上がったあげく、叫ぶわ踊るわ失禁するわでもう大変です。

僕も新兵器、fireflyを投入し、いつもにもまして酷いVJをお送りしますので、

皆さんこぞってお越しください。

_ ゲーセン

仕事帰り、秋葉原のゲーセンを覗いてみた。

前からちょっと気になっていたサイファイというゲームがロケテストしていたんだけど、

ロケテストの結果が悪かったようで、このたび発売中止が決定したというので

消える前にやってみた。

このゲームはバーチャの鈴木祐が作ったそうで、制作自体はもう完了していたらしい。

超能力者が向かい合う形で火の玉だの氷だの電気だのをバシバシ投げ合うという

内容で、操作が全部タッチパネルというのが特徴的だ。

画面のタッチした場所に向かって弾を撃ち、またドラッグすればその軌道に沿って

複数弾を撃ったり、長時間相手をドラッグしてればロックオンする。

移動は画面の四隅にあるマークを触るとそこに移動し、現在いる場所のマークを

触っているとガード。

ゲージがたまると必殺我が使えて、画面に表示される技のマークを指でなぞると技発動、

ただし相手がどれを出してくるかの三択に正解すると無効にされるようだ。

やってみたら、なんか懐かしい物を思い出した。

ダークエッジみたいだなあ、これ。

ダークエッジはバーチャよりも昔、セガが出したスプライト系擬似3D格闘対戦ゲーム

なんだけど、妙なとんがり方をしたセンスで面白かった。

あんま売れなかったけど。

SF風の雰囲気や、失敗したとがり具合が実にダークエッジっぽい。

なんか懐かしい物を思い出してしまった。

キャラクターは半数が女という、最近の教育方針を反映したんだか単に媚びたんだか

わからない構成で、男女を問わず無駄に露出度が高い。

どこかのサイトで「キャラクターデザインは挑戦的です」みたいなことが書いてあった

記憶があるが、それは露出度のことなんだろうか。

今風ではあるが、なんかアメリカの大昔のSF雑誌の表紙とコンセプト

変わらないんでは。

操作感覚は結構楽しく、軽快な動きなんかは結構爽快。

しかしテニスゲームをやってるような気分にさせられるのは何故だろう。

格闘物の操作感覚じゃない。

_ このままセガの倉庫に寝かせておくのはもったいないとは思う内容だったが、

ロケテストだってのにあの閑古鳥っぷりを見ると仕方ないんだろうな、とは思った。

_ お絵かきソフト

色々実験中。

滑らかな線をマウスで引くには、適当な距離で線を区切って、ベジェやスプライン曲線に

置き換えてやるのだが、この適当な距離というのが難しい。

決め打ちにすると、おおざっぱな絵を描くには良くても細かいカーブを描こうとすると

補正が大きくなりすぎて元の線とかけ離れてしまったり、逆に細かいカーブは正確でも

おおざっぱな線を引くと補正が細かすぎて線がスムーズではなくなったりする。

この距離を決定するアルゴリズムを色々考えていて、たとえば

(長さ×角度)が一定値に達したら補正、とか実装してみたがどうもしっくりこない。

もっと割り切って、すでに拡大機能が実装されてるのを生かして、

距離自体は決め打ちなんだけど、拡大されたらそれに合わせて距離を短くし、

見た目の補正距離は常に一緒、というのを実装してみた。

んー、かなりましになったが、もうちょっと。

TabletPCのAPIなんかはいったいどうやってるんだろう?

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

_ keisuken [任意点を明示的に指定するやり方が1点. 自動でやる場合は,定期的に取ったサンプル点をそのまま使う方法と,影響の少ない..]

_ Shunji [任意点を明示的に指定するやり方は、普段から絵を描く人には問題ないと思うんですが、一般人(自分も含めて)にはわかりづら..]

_ I氏 [TabletPCのAPIはレジンスキーに…]

_ Shunji [ちとなんとか調べてみたいところ。]


2006-03-23 [長年日記]

_ こんなことをやっている

会社でPHP覚えてくれって言われたんで。 画像の説明

_ 客先に行く

今の職場に入って、初めて客先に出向いた。

これから一ヶ月程度で仕上げる案件の打ち合わせ。

電車を乗り継いで某ampmの街へ。

仕様自体には特に問題がない。

このくらいならすぐ出来る。

しかし言語がなあ・・・

これに慣れるのにかかる時間がどのくらいだろうか。

Javaで描いていいなら本当にあっという間なんだけど。

_ 今日のボクシング

弱り切った体を抱えてジムへ。

いつものメニューをこなすが、本当にキレが悪いなあ。

下半身に全然力が無くて、上体が支えきれていない。

困る。

Sトレーナーがスクワットのやり方を教えていたので眺めていたが、

後ろから見ていて気がついた。

この人はスクワット中でも腰が入ってる。

普通の人はこういうとき腰が猫背になって丸まってしまうけど、

きっちり背骨に反りがある。

上体を支えるだけの力があるってことか。

最近見かけなかった竹内選手が来ていたのでちょっと話した。

就職したそうで、イベント関係の仕事で力仕事しているそうだ。

応援している選手なのでがんばってほしい。

練習を終えてから、汗が引かないのでそのままバイクで走り出し、

溝の口まで行ってみた。

ゲーセンでちょっと遊んで、晩飯を食べようと思ったが普通の店は

どこも終わってたので、ファミレスに行った。

制作中のお絵かきソフトをいじるつもりだったけれど、なんか周りの女子大生の

恋愛相談(全然興味なし)を聞かされて気が散ってしまい、やってらんないんで

帰って洗濯して寝た。


2006-03-24 [長年日記]

_ TROPFEN

TROPFEN無事終了。

当日は金曜日で、10時から会場の茶箱に入れることになっていた。

仕事が終わったのが6時半でまだ時間があり、どうしようか考えあぐねて

飯を食った後、髪を切りに行くことにした。

しかし職場は神田の秋葉原寄り、美容室のありそうな土地柄ではなく、

渋谷まで移動して髪を切ってから早稲田へ。

酒を飲むのでコンビニでコーヒー牛乳を買って飲んでたら、スモさんに

肩をたたかれた。

おお、びっくり。

久しぶりの茶箱。

大荷物の中からMIDIコントローラーを取り出し、店の隅に設置したら

エージさんに「何それ?何それ?」と聞かれた。

まあ、気になるだろな。

TROPFENメンバーと会うのも久しぶり。

みんなそれぞれ色々あるようだ。

トシコさんは僕と入れ違いで派遣になり、まだ来てなかったけどメイコさんは

編集長をしていた雑誌が終わったのでAV撮影の手伝いをしてて、

アキコ嬢は最近Rubyばっかりだそうだ。

適当に設置してたら時間になったので開場した。

DJはスモさん、アキコ嬢、ゲストのTAKAAKI ITHO氏、トシコさんの順で

それぞれ1時間半ずつだった。

最初、どうせまだお客さんが居ないので、新しめのネタの練習だと思って

色々流してたら、トシコさんが寄ってきて、メイコさんが仕事で

来られなくなった、と教えてくれた。

ということは久しぶりに僕がフルタイム労働ですか。

きっついなあ。

スモさんプレイ中にTAKAAKI ITHO氏がやってきたんでご挨拶。

機材のセッティングをしていたが、使ってたMIDIコントローラーに興味が。

ツマミの数がやたら多い。

いいなあ、fireflyにはこっちの方が良さそうだ。

25000円くらいだそうだ。

ちょっとほしい。

TAKAAKI ITHO氏のDJは期待以上に盛り上がった。

すげえのなんの。

こうなっちゃうとあんまり見てる人が居なくなるのでVJは緩くしようかとも

思ったが、ここでがんばらずしていつがんばる、とも思い、ガシガシと

ネタ投入しまくり。

しかしやりすぎたようで終わった頃にはヨレヨレになっていた。

最後のトシコさんの時間は死にそうになりながら映像を流していた。

やっぱまじめにVJやると3時間くらいが限度だな。

イベント終了後、佐々木さんがいつもの佐々木クォリティを存分に発揮し、

ソファで倒れてた。

やっぱ佐々木さんだわ。

せっかくなのでエージさんとちと話す。

茶箱も色々と変化があり、大変なようだ。

この店はエージさんで持ってるけれど、そのエージさんが100%かそれ以上の

力を出し切ることが求められていて、このまま続けるとエージさんが

倒れるという構造的な問題があるようだ。

仕事振れる性格じゃないしなあ。

店の外でTROPFENメンバーと色々話して解散。

ふらふらで帰宅して、シャワー浴びて寝た。

本当にくたびれた。

_ W-ZERO3がほしい

今更だけど、この前ツーリングに行って思った。

たとえば旅先で写真を撮って、それをmixiの日記にアップロードするには

ノートPC+PHSカードじゃ大げさすぎる。

さっくり日記を付けたいときなんかも同様。

普通の携帯では日記を付けるのに全く不足だし(フルキーボードが無いと無理)、

PC持ち歩かないとなんだか不安になるという僕のダメ人間っぷりとの

いい妥協点にもなる(W-ZERO3なら一応PCと呼べるだろう)。

通勤中に立ちながらネット見たりするのにも便利そうだ。

というわけでほしくなった。

それとは特に関係ないですが皆さん、4月末は僕の誕生日ですよ。

覚えておいてくださいね。

_ お絵かきソフト

実験を繰り返してたら、だんだんコードがカオスになってきた。

ああ、不吉なにおいが。

方法論はわかってきたから、一回書き直そうかなあ。


2006-03-25 [長年日記]

_ しかし疲れた

怒濤の3週連続VJが終わった。

さすがにくたびれた。

オールでイベント入れると週末一日は確実に他に何も出来なくなるから

(翌日はまるまる一日倒れてる)、これからはもうちょっと計画的にやらないと。

12日のDANKETECH、18日のハッスルバッスル、24日のTROPFENだったが、

確か最初に決まったのはDANKETECHだったか。

これはレギュラーイベントなのでそもそも予想済みだったが、その直後

kaiseiのマイさんのお誘いでハッスルバッスルのオファーがその後入った。

「2週連続はつらいなあ」

と思ってたらTROPFENが決まった。

これはオーガナイザーなんで出ないわけにはいかない。

そういうわけで立て続けにVJが入ったんだが、ちょっと大変だった。

ともかくこれで落ち着いた、と思ってたんだけど、よく考えたら2週間後に

またDANKETECHだ。

あれ、月一回だからなあ。

かなわんわ。

_ DANKETECHミーティング

土曜の夜はDANKETECHのミーティングだった。

前日のTROPFENの疲れが抜けず一日ぶっ倒れて、夜やっと活動開始。

電車で渋谷まで出て109の前で集合した。

すでに3人来てて、4人で甘太郎に移動。

渋谷の甘太郎は吹き抜けにでかいプロジェクターがかかってる作りで、

なんだかWOMBというクラブを思い出した。

大ジョッキを頼んだら本当に大きかった。

1リットル近く入ってたし。

光るカクテルという謎のメニューがあって、何かと思って聞いてみたら

光る氷というのが入ってるそうだ。

もちろん氷と言っても作り物だそうだ。

二杯目で頼んでみたが、本当に光ってた。

中から噂の光る氷を取り出してみたが、プラスチック製で、けっこう

良くできている。

いじくってたらスイッチがあるのに気がついた。

押したら一回ごとに電源のON/OFFが切り替わり、さらに光の色も

切り替わる。

おまけに勝手に色が切り替わるモードもあって、ふざけてビールに入れたら

とても怪しかった。

ウイスキーのロックを頼み、氷を緑色に設定して入れたら、まったく

ウイスキーに見えなくて笑った。

かき氷のシロップみたいだ。

遅れてやまちゃん夫妻到着。

さらに、さとやんが今度参加するイベントのオーガナイザーさんが来た。

DJのLoudOne氏のマネージャーをしていて、さらに某大規模有名イベントの

主催者もしているそうだ。

せっかくなんで聞いてみた。

「僕の夢はWIREみたいなでかいイベントで10分だけVJして逃げることなんですが

(捕まるので)、僕出られるの無いですか?」

「あれ?もしかして前回のイベントでVJしてました?」

「酷いVJが僕です」

「あー、個人的にはすごく出したいんですが」

是非出してもらいたいものだ。

次回のDANKETECHの打ち合わせなんかもして、いい感じで酔っぱらい、

11時半くらいで撤収。

その後、終電までさとやんとさしで飲んだ。

渋谷の奥の、あまり人通りのないエリアの店で、鳥わさやレバ刺しが美味しかった。

イベントの話を少々。

DANKETECHの僕以外のVJさん二組、RE_VISIONとkaiseiの二組について。

あの人達はものすごくレベルが高いと思う。

DANKETECHの元になったDISCO MODULEというイベントで、初めて彼らの

映像を見たときは、レベルが高すぎて

「俺、こんな中でやっていいんかいな?」

と不安になった。

ただ、オーガナイザーとしてさとやんが求めてるのは、彼らのような

正攻法のハイレベルなのとバランスを取る意味で、僕みたいな邪道は良かったそうだ。

なるほど、似ても似つかないからなあ。

セガサターンの話で盛り上がったが、終電になったので帰宅した。

面白かった。


2006-03-26 [長年日記]

_ 今日のボクシング

練習すれど練習すれどなお我が体、軽くはならず。

じっと腹を見る。

いや、そんなたいして練習してないんだが。

プリンストレーナーに「がっちりしてきたんじゃないですか?」と言われた。

単純に太ってるだけよりはましか。

「グラビアアイドルとしては、もっとムッチリしてないとダメですよ」

どこの雑誌のグラビアに出るっちゅーんですか。

帰り際、プリンストレーナーと抱き合い、

「僕のこと忘れないでくださいね」

「離れていても二人の心はいつも一緒ですよ」

とやり合った。

自分でやっといてなんだが、ちょっと終わってるような気がする今日この頃。

_ それから、

一回家に寄って、運動着を置いて、そのまままたバイクで走り出した。

最近全く会ってなかったので、池袋のマルイで働いているAさんの顔を

見に行った。

246と環七経由で移動して池袋へ。

多分、Aさんに会うのは今年になって初めてなので、

「あけましておめでとうございます。」

なんて新年の挨拶をした。

転職して私服が自由に着られるようになったし、ロンTを一着購入した。

結構かっこよくて気に入った。

それから明治通りで渋谷へ向かう。

途中、通りがかったついでで新宿のマルイのジルボーを覗いた。

去年バイクを購入してかなりの大出費だったので、金のかかる着道楽には

あんまり手を出さないようにしたくてバーゲン以来覗いてなかったが、

かっこいい新作がいっぱいあった。

いいなあ。

それから渋谷へ。

ビックカメラに寄り道して、最近気になって仕方ないW-ZERO3を見てきた。

これいいなあ。

キーボードは小さいけれど、一応フルキーボードなのである程度の長さの

文章も楽に書けそうだ。

ブラウザの動作は軽快。

MIDP2.0と.NET Compact Frameworkに対応しているそうで、なんか洒落のきいた

アプリを書くのも楽しそうだ。

4万か。

悩みどころ。

今使ってるVodafoneをやめて乗り換えようかと思ったが、この前

ソフトバンクが買収したんでどんな変化があるかもうちょっと見守りたい

気持ちもあるし。

悩む。

それからちょっとゲーセンで遊んで帰宅。

_ 思うが、

バイクで移動するのは楽しいんだけど、移動時間に他のこと

(コード書いたり本読んだり)が出来ない点で、時間の使い方としては

電車の方が有効のような気がする。

_ お絵かきソフト

一回整理中。

大枠は決めてたものの、行き当たりばったりで設計を変更しまくったのと、

実験に次ぐ実験のおかげでコードがグチャグチャだ。

現在の設計をUMLに反映し、余計なコードを削り、コメントを挿入し、

その他細々いじくって整理している。

こういうクライアントアプリは業務アプリと違って、使い勝手とオブジェクト設計が

密接に繋がっているのが面白いが、そこが難しくもある。

頭使うわ。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ keisuken [某Drawソフトを作ってると,コードがあっちこっちに分散してしまってつらいところがあったりしますね。 マウスイベント..]

_ Shunji [クライアントアプリとWebアプリは大違いですね。 Webアプリはインターフェイスの限界が低いので、誰が作ってもそこま..]


2006-03-27 [長年日記]

_ うわー

某所で以前関わったことのある某システムについて議論になっていた。

うわあ、書き込みてえ。

思いっきりぶちまけてえ。

絶対に出来ないけど。

_ 欲望の街

昼休み、昼飯を食いに秋葉原へ。

まず、最近興味津々のW-ZERO3を見にヨドバシへ行ってみた。

んー、欲しいなあ。

しかしPDAが使いこなせた試しがないので(僕にはスケジュール管理能力が

致命的に欠如してるのと、複数のハードに情報が別れるのが嫌いなので)、

もう少し冷静に考えてみようと思う。

場所を食わないネットのビューアとしてはかなりよさげだが。

そこから適当に歩いて昼飯の店を探す。

総武線の下に、秋葉原名物というジャンボカツカレーの店があったので入ってみた。

ジャンボとは言うけど、バカじゃねえのと思うくらいジャンボだった。

まさかその後2時間にわたって胃もたれし続けるとは・・・

W-ZERO3への物欲にチリチリと身を焦がしつつ、そろそろ職場に戻るかと

引き返したら、途中にBOSEのショールームがあったんで覗いてみた。

BOSEのノイズキャンセラー付きヘッドホン(4万円)は前から気になってたが、

さすがに高いんであきらめていた。

しかしせっかくなので付けさせてもらってみた。

ショールームは防音されているんだけど、あえて自動ドアを開けっ放してもらって、

ヘッドホンのノイズキャンセルのオンオフを切り替えてみると、車の音が

静かになるのがわかる。

いいなあ、これ。

それはともかく僕の誕生日は4月末ですよ、皆さん。

物欲を振り切って職場に戻ったが、ここでずっと働いてると無駄に出費しそうで怖いわ。

_ あ、そうか

お絵かきソフトのスプライン曲線の制御点決定アルゴリズム、

よく考えたらすごく簡単なのがあった。

単純にトータルで角度が何度変化したら制御点追加、とすればいいんだ。

距離なんて関係ないし。

そうすりゃまっすぐな線はよりまっすぐになって、曲線は制御点が増えて

正確になるし。

というか、俺なんでこんな簡単なことに気がつかなかったんだ?

_ 組み込んでみたらいい塩梅

例によって色々と実験して調整してたら、ちょうどいい感じになった。

比較的思い通りの線を、少ない制御点で引けてると思う。

よしゃ。

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

_ keisuken [ありゃ,やっているのかと思ってました > 角度でイロイロ 以前Flashでグラフを描くときにそういう処理で線引いてま..]

_ Shunji [角度で決めるのはやってたんですが、ややこしく考えすぎて、距離を計算に入れちゃってました。 本当は関係なかったんですよ..]

_ Marlien [Didnツ稚 know the forum rules alwloed such brilliant posts.]

_ ronaluee [{Cat|Kitty|Feline|Kitten|Pet|Pussy-cat|Pet cat|Dog|Cats|Ha..]


2006-03-28 [長年日記]

_ お絵かきソフト

行き詰まった。

自分の無手勝流プログラミングだけじゃ出来ないことが見えてきた。

一回休んで情報収集モードに移ろう。

_ コンピュータグラフィクス実習AB

keisuken先生のところでこんなのが

基本なんだろうけど参考になる。

昔自分で考えた、ある点がある領域の中にあるかどうかを判定するアルゴリズムが、

スキャンラインアルゴリズムと呼ばれていると知ったのは何か嬉しかった。

_

退社後、溝の口でW君と集合し、焼き肉を食べに行った。

比較的お手頃価格の店で、行くのは久しぶりだった。

プログラム絡みの話をしつつ肉。

色々と思うところあり。

ちょっと見てもらいたい物があって鞄からThinkPadを取り出したら、

「あれ?PC変えた?」

と聞かれた。

「いや、前からこれだよ」

「X31ってそんなにでかかったっけ?

そりゃW-ZERO3欲しくもなるわ」

と納得された。

そうなのよ、電車の中で開くの辛くて。

二人でピッチャーを一つあけ、ついでにもう一杯飲んで帰宅した。

_ イケメソスード

いつから一般的な単語になったんだ。

週間女性の表紙

_ リンク元

昔は怪しげな単語での検索履歴がリンク元にあるのが嫌だったが、

なんか開き直った。

今のこのページのリンク元は、日本の変態カタログみたいな物だと思って

暇なときに楽しく読んでいる。

あんたも好きねー、みたいな感じ。

でもリファラースパムはゆるさんよ。


2006-03-29 [長年日記]

_ ボクシング観戦

仕事を抜けて、ボクシング観戦しに後楽園へ。

今回は新田ジムからは志賀悠選手が出場で、3試合目だった。

後楽園ホールに着いたのは1試合目の終わり。

志賀選手はフェザー級だが身長が高く、当然かなり細い。

相手選手も同じような体系で、

近くにいた女性の観客が

「私より足ほそーい」

と言っていたが同感。

志賀選手の試合は、あまり大きな当たりは無かったが、左をきちんと当てて、

判定勝ちだった。

ジム一同喝采。

その後、プログラムを見るとなかなか面白そうな試合が多かったので

最後まで見ていった。

今回、見応えがあった試合が二つ。

まずセミファイナルの森本裕哉選手と富山浩之介選手の試合はすごかった。

富山選手は去年のバンタム級新人王で、過去負け無しという戦績だった。

試合開始直後、いきなりカウンターで左ストレート(ただのジャブ?)が

きれいにあごに入り、森本選手ダウン。

その後もきれいなヒットアンドアウェイでダメージを奪った。

動きがきびきびしているし、目がよくて防御のレベルが高い。

さすが新人王、と思ったが、4ラウンドあたりから怪しくなってきた。

スタミナがないのか、いきなりへばってきた。

ダメージは森本選手の方が多そうに見えたんだけど、明らかに動きのキレが

悪くなっている。

しかしそれでもしのぎきって、判定勝ちだった。

しかし一番面白かったのはその前の、太田司選手と海老根範充選手の試合だった。

まず、海老根選手、プロレスの覆面に、ムエタイで頭に付ける輪っか(名前知らない)

を前後逆に付けて入場してきた。

はっはっは、あほだ。

僕、次回のVJそれでやろうか。

対する太田選手は妙にトランクスの丈が短いのが気になる。

試合は何か妙だった。

6回戦の試合なのに、動きが妙にぎこちない。

海老根選手、どうもかなり頭のおかしい人らしく、応援団が

「いけー、変態ー!

がんばれー、変態ー!」

と叫んでた。

それに対する太田選手は32歳。

はっきり言ってよっぽど強いか、よっぽど好きじゃないと続けられない年齢だが、

多分本当にボクシングが好きなんだと思う。

残念ながら実力では海老根選手の方が上だったようで、次第にダメージが蓄積される。

なのに、しきりにグローブを打ち合わすアピールをして平気だと主張してるが、

誰がどう見ても

「あんた今それどころじゃねーだろ!

ガードしろよ!」

という状態。

それでもアピールをやめないのが健気で、だんだん応援したくなってしまった。

しかしやはりダメージは大きかったようで、ラッシュを防ぐことが出来ず、

TKO負けになってしまった。

なんかいい物を見たような気がする。

メインイベントのミドル級新人王対決(2005年と2001年)は、正直言って

あんまり面白くなかった。

二人ともひたすら密着して戦うので、いいのが入るのが離れ際くらいだったし。

やっぱあのくらいの階級の人には派手な打ち合いとKO劇を期待してしまう。

_ バーチャ5

秋葉原のセガでロケテしてたのでやってみた。

まず、ゲーム内容に入る前にこれだけは言いたい。

一回200円なんてこのご時世に舐めてませんか?

100円にしやがれ。

で、内容について。

かなり4に近い。

4の戦法が普通に使えるし。

避けのシステムがちょっと変わってる。

避けだけなら4とあんまり変わらないが(モーションは変わったが)、

避け中にP+K+Gの同時押しをするとさらに深い角度で移動し、

そこでPやKを押すと攻撃に繋がる。

前に比べると、避けからの投げがやりやすくなってるような気がする。

自分はリオンを使ってて、避けてから3PP→46P+KPPが主力兵器だったが、

立ちパンチを細かく刻まれると割り込めず、反撃されやすい。

代わりにそのまま投げに行くとよく決まる。

あと、リオンに関して新技はなかなか愉快で、すごく低い姿勢で半歩退いてからの

コンビネーションが入っていた。

退いてからは、中段3発(コンボにはならないが、最後の一つがカウンターではいると崩れる)、

リーチの長い両手中段突き、蹴り上げ(当たるとよろける)、下段回し蹴り、

振り向き下段蹴り、ガード不能上段蹴り(発生がすごく遅い)、浮かし属性のある中段蹴り

なんかが連携した。

これは楽しい。

正直言ってそんなに新しさは感じないし、新技を4に追加してもそんなに楽しさ

変わらないんじゃないの、という気もしないでもないが、なんだかんだ言って

楽しいとは思う。

また金かかるなあ・・・


2006-03-30 [長年日記]

_ jFD2

お絵かきソフトにかまけててさぼってたが、実装済みで公開してない機能があるので

これを何とかしよう。

FileFishもいい加減にソース出さないと。

あ、プラグインの自動ダウンロード機構付けるんだった。

やること結構あるなあ。

_ PL/SQL

頑張ってカリカリと書いている。

難しくないのに面倒くさい言語だなあ。

Java屋としては、最初に変数宣言しないといけないのが嫌。

関数とプロシージャが別れてるのも面倒くさい(Delphiなんかもそうだけど)。

慣れてない物で数行書くたびに罠にはまってる。

まあ、最近JavaとC#くらいしかやってなかったからこれもまた楽しいんだけど。


2006-03-31 [長年日記]

_ 携帯を買えないくらいダメな人

散々悩んだ末、W-ZERO3を買うことにした。

仕事後、ヨドバシカメラで手続きを済まし、わくわくしながら開通を待っていたら

電話がかかってきた。

なんか今日中の開通は難しいそうで話を聞きに行ったら、

申込書に書いた家の電話番号が、料金の払い忘れで

不通になってたらしい。

今時携帯の契約を断られるなんてどんなダメ人間だよ、いったい。

_ ライブ

僕のお気に入りのカラテクノが出るというので

代々木のラボというクラブへ。

カラテクノの中心人物はBUBBLE-Bさんだが、以前弟がこの人のライブを見て

大変に気に入ったようなので連れていった。

開始は深夜0時だが、弟は何をのんびりしてやがるのか

0時28分に着くとか言いだした。

代々木はファミレスすら無いのに夜風はひたすら冷える。

さらに追い打ちをかけるように線路に侵入した馬鹿がいて、

山手線が止まった。

あんまりじゃないかい。

遅れて集合し、箱に着いたら大行列ができていた。

受付がのろくてボトルネックになってるようだ。

待ってる間、弟の新婚旅行土産をもらった。

オーストラリアで買ってきた、クッキーと、何を血迷ったのか、

あちらのゲイグッズで、野郎のムチムチした尻の写真入り

筆立とマウスパッドだった。

この野郎、やりやがったな。

やっと入れたら、SHARPNELがプレイ中だった。

脅威のアニソンガバ。

これは酷い(褒め言葉)。

弟も笑ってた。

お次は天ちゅう。

これも本当に酷い。

怪しい衣装のキーボード奏者(どう見ても音が出ていない)の

持っていたキーボードのグリップが、よく見たら

ばかでかいディルドーだった。

酷い酷い。

さらにみんなで「おっぱいおっぱい」連呼まで。

すばらしく酷い。

そしてカラテクノ。

前回見たライブとまったく同じ構成だが、やはりすごい。

道場訓から始まり、あまりに美しい演舞。

本物の黒帯空手家の技がうなる。

ハイライトは瓦割り。

見事に割ってくれた。

すげーなあ。

最後は千本突きで、乱取りもあり見ごたえ満点。

すごかった。

エージさんがいたので、弟の土産をプレゼントしたら好評。

さすがだ。

その後、弟と新宿で軽く食べて帰宅。

面白かったわー