トップ «前月 最新 翌月» 追記

jFD開発したりしなかったり日誌

2004|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|
2006年
8月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2006-08-01 [長年日記]

_ 悪夢の4日間

土曜日の昼からから火曜日の夕方まで家に帰れなかった。

エンドユーザーへの納品と出た不具合をその場で修正だった。

サーバールームはクソ寒く、空調の風に当たる程に健康を削り取られて

いくようだ。

さらにラックのコンソールの位置が高すぎて、椅子に座るとキーボードが

首の高さにあるのを我慢しなくてはならないので腕周りが酷く疲れる。

それを嫌って立つと、当たり前ながら足が酷く疲れる。

そこに昼から真夜中まで押し込まれて、飲まず食わずで延々作業をし続けていた。

帰らず三泊したが、土曜日の晩は会社で寝た。

真夜中にやっと会社までたどり着き、くたびれて銭湯に行く気にもなれず

そのまま寝てしまった。

日曜は客のオフィスで、

「男やもめの会社ですから」

の言葉に偽りはなく、通路に新聞が山になって積んであり、その横に

ごみの詰まったビニール袋がおいてあり、床には細かいごみが目立つ。

そこにダンボールを敷いて寝た。

何もかけずに寝たので、朝、空調に震えて起きた。

月曜は会社に戻ったのが午前4時だった。

そこから少し休憩して銭湯に行き、二日間入れなかった風呂に入り、

コンビニで買ってきた下着に着替えた。

戻って短い睡眠を取っていたら同僚が出勤してきて朝に気がつかされた。

火曜がエンドユーザーへの説明だった。

社内のPCにクライアントソフトをインストールするだけだったが、

最後の最後でバグが発覚してその場で直したり、洒落にならない要求漏れが発覚したり

(これは何とかなる当てがついたが)、エンドユーザーの話を元に実装した機能が

実は話が違って動かなかったりして

「今ミーティング中なので、2時間ほど待っててもらえませんか?」

と言われて死にそうになったり(断ったが)、最後までトラブルだらけだった。

解放されたのは午後4時。

電車に乗る前に通りがかった店で遅い昼飯を食う。

体内時計が破壊されてるので昼飯食ってないことすら忘れてた。

午後6時帰宅。

予想していたことだが、観葉植物が萎れていた。

すまん。

布団に潜ったら、気がつけば深夜だった。

一週間は休みたいくらい疲れた。

_ 正直言って記憶が曖昧で、4日間のことをよく覚えていない。

特に作業中の記憶がかなりぼやけている。

タイトルに悪夢と付けたが、本当にまるで悪夢のようで、

目が覚めたら記憶が飛んでいってしまうようだ。

_ 気がついたら

愛用のiPod shuffleが壊れてて、左側のスピーカーから音が出なくなっていた。

踏んだり蹴ったり。

色々調べていたら、イヤホンジャックの取り付け部分の半田がはがれていたのが

原因だった。

とりあえずボディ内に紙をはさんで無理やり押し付ける形にして接触を

取り戻したが、K君に頼んで半田付けしてもらおう。


2006-08-02 [長年日記]

_ Oさん整体

激務で体がぶっ壊れかけていたので、Oさんに電話して整体してもらった。

仕事後、浜松町まで山手線で向かう。

ついたら、若いお兄さんが施術を受けていた。

横のテレビではミュートにして亀田戦の中継が。

それを眺めつつ待つ。

しかしいつまでたっても試合が始まらない。

もう1時間もその調子らしい。

視聴率の稼げる番組だから長く映したいのは分からないでもないが、

ボクシングなんて12ラウンド戦っても48分で終了なんだから、

変に長引かせないでほしい。

そう思ってたら僕の順番に。

痛いところをグイグイと突かれた。

悲鳴が上がりそう。

僕は足に悪いものがたまる体質なんだそうで、特に足の内側を押されると

非常に辛い。

「こりゃ酷いねえ」

だそうだ。

ええ、命がけで仕事してましたから、私。

苦難のひと時の後は肩が軽かった。

胸が悪くなってるそうなので、それの緩め方を教わった。

頻繁にやろう。

その後、そろって飲みに。

ゆっくり味わって生ビールが飲めるって久しぶりな気がする。

_ 結局、

記憶が曖昧で数字に自信がもてないが、7月は多分6回泊まりこみ、

5回休日出勤した。

本当に本当にくたびれた。

まだ作業が残ってるのでそれは何とかするが、可能な限りスムーズな

フェードアウトを狙いたい。

あと、こういうことやってると

「俺、何のために働いてるんだろう」

とか

「プログラマなんて辞めようか」

とか、

「そもそも何で生きてるの?」

とか考え始めて危険で仕方ない。

とにかく早くスムーズに抜けて、休職して旅に出よう。


2006-08-03 [長年日記]

_ JavaWorld隔月化

ああ、来るべき物が来たな、という印象。

最近、Javaは追っかけててあんまり面白くない。

昔は安藤さんのWhat's new about Javaを毎日見るのが楽しみで仕方なかったが、

最近はそういうのが無くなってしまった。

Javaのバージョンのメジャーアップデートも、昔なら

「この機能を使えばこんなことが出来る!」

と興奮したものだが、Mustangの新機能を聞いてもあんまり胸が躍らない。

要するに、枯れた。

うちにあるJava Pressの初期の号では、まだまだ海のものとも山のものとも

つかないJavaで、「将来この技術でこんなことが出来るようになる!」と

熱い期待のようなものが語られてた。

その技術の半分以上は綺麗さっぱり消えてなくなったが、夢があって

かなり楽しかった。

今のJavaではもう画期的な新機能なんて期待できそうになく、JavaWorldは

エンタープライズ向け環境の解説記事ばかりで、惰性で読んでるけど

面白いとは思ってない。

だからJavaWorldが隔月になるのも妥当だと思う。

_ あ、

LG3Dはその点かなり面白いと思います。

実用的かどうかはともかく。

_ 時同じくして、

きしださんも同じようなことを書いてた模様。

わくわくを感じたくてRubyの本を買ったけど、色々とそれどころじゃ

なくなってしまった。

早く楽しいことがしたい。

_ 海外かあ

http://slashdot.jp/askslashdot/06/08/02/1030255.shtml

一度は住もうと思った海外。

僕が猛烈に躁状態だった頃で、無計画すぎて失敗した。

今、冷静になるともう一回狙ってみたいと思う。

僕は営業向けじゃないし、企業戦略なんてぜんぜん分からないので

経営者向きでもなく、今後も一技術者であり続けるだろうと思うが、

日本国内で技術者はあんまり未来が無いような気がするのも事実。

I氏の某社に入れてもらって、本社に飛ばしてもらえるよう画策するとか?

あ、お袋やOさんの整体が受けられないのが辛いなあ。

あれは海外じゃ受けられんし。

あー、冬のボーナスの額で決めよう。

今回のデタラメ労働がどう評価してもらえるかだ。


2006-08-04 [長年日記]

_ 仕事

先は見えてきたが、もう一つくらい山を越えないといけない。

疲れるようなあ、本当に。

午後2時、客がやってきた。

残務をまとめておいてくれたので、それに必要日数を記入しておいたが、

優先順位を付けて順番に片付けようということになった。

最近しみじみ感じるが、僕はスケジューリングが出来ない。

作業中に割り込みが入ると、そっちに頭が行っちゃってそれまでやってた

作業をすぽーんと忘れるというどうしようもない性質がある。

だから仕事に順番がつくと非常にやりやすくて助かる。

月曜までに仕上げないといけない仕事がリストアップされたが、

まあ、なんとかなるか、という状況だ。

土曜の晩にお袋が来るので、それまでに何とかしたい。

最近、週末片方だけでも休めるのがすごくうれしいと感じるようになったが、

絶対間違ってるよ、俺。

_ 亀田騒動

日本人って公正だなあ、と思った。

たとえ敵側に有利になるのであっても、明らかに不正なジャッジに

不平の声を上げられるんだから。

これはどこの国でも出来ることじゃないよね。

_ アー、キタヨキタヨ

欝が襲い掛かってくる予兆。

独特の感情のコンディションがあって、その後に波のように虚しさが

押し寄せる。

そりゃそうだよ、32歳彼女なし、友達も大していなくて、あるのはきつい

仕事ばかり。

くたびれて家に帰ればノートPCを開いて寝るまでネット。

そして起きれば会社に行って、朝から晩までPCの前に座るだけ。

気力も体力も衰える一方な上に髪まで薄くなってきた。

こんな状況でどんな希望を見ろっていうんだ。

僕のこれは欝なんだろうか?

理由も無く悲しくなる、憂鬱になるというのならそりゃ欝だろう。

でも理由があって将来に対して絶望してるのを欝と呼ぶのだろうか。

出来る限り冷静に考えようと努力はするが、こういう精神状態のときは

何一つポジティブに捉えられず、プログラマ的ロジカルシンキングで

正確にカチカチと生きてても仕方ない理由をインクリメントしてる。

体力のあるときならまだ明るい方向を見られるが、今日だって10時まで残業して

帰れば午前様。

たまりにたまった洗濯物を洗って寝てまた朝が来る、じゃ何のための人生か

わかるかよ。


2006-08-05 [長年日記]

_ 土曜日

仕事。

はあ、うんざり。

10時半出社。

昼にK君出社。

客と電話でやり取りしつつ、延々黙々と働く。

10時半、先方で動作の確認が取れたので切り上げる。

一日天気が良かったのが酷く恨めしい。

_ 実家からお袋が来ていた。

体を診てもらう。

腹が出てる、と怒られた。

仕事とストレスのせいです。

今まで週末くらいはジムに行ってたけど、ここ数週間まともに休んでないので

それすらもかなわない。

やせるなんて出来るもんか。

_ PTSD患者に言ってはいけない言葉

「君より大変な人はいっぱいいる」「必ず良いことがあるから」

オレンジニュースさんより。

ああ、俺PTSDってほど酷くないけど嫌になるほどよく分かる。

「君より大変な人はいっぱいいる」

と言われれば、

「他人なんかどうでもいい。

今ここで俺が凄くつらいんだ。

他人が辛いからって楽になれるもんか」

「必ず良いことがあるから」

と言われれば、

「何年もそう思ってきたけど、これだけ待ってりゃさすがに

そうでもないことに気がつくよ」

と思う自分がいる。

今年の頭、心の中の地獄の釜の蓋を開いたと思ってる。

しばらくストレスを減らして過ごしていたので蓋は閉じたと

思っていたが、ぜんぜんそうでもなかった。

膜が一枚ペロンと張ってあるだけで、軽い衝撃であっさり破れて

中身が噴き出す。

当たり前だ。

ストレスが減ったおかげでそっちに目が行かなくなっただけで、

状況そのものは何一つ解決してないんだから。

絶望と脱臼は似てる。

一回やると癖になるあたりが。

_ というか

Kさん、色々書いてある中でこの二つをピンポイントで選べるってことは、

けっこうストレス感じてませんか?


2006-08-06 [長年日記]

_ 日曜日

朝起きてお袋の飯をいただく。

弟夫婦が来るのだが、僕は12時からまた仕事なので先に家を出た。

駅で弟たちと会ったのでちょっと話して電車に乗る。

今日は会社ではなく、客先へ。

客の会社は地下にあり、それだけで気が重くなってくる。

客の会社に入ったものの、ものすごい倦怠感に襲われ、

「すみません、15分寝かせてください」

と頼んで机に突っ伏して寝た。

どうせそのまま続けても作業効率最悪だし。

それから延々作業。

終わったのは21時半。

途中、数回休憩で外に出たが、空が酷く青くて悲しかった。

気がついたら夜になってるし。

オフィスが地下にある会社なんて絶対就職しない。


2006-08-07 [長年日記]

_ また寒いサーバールームへ

週末にやった仕事を客がエンドユーザーに納めに行ったのだが、

そこでうまく動かなかったようで呼ばれた。

元々前日から、

「念のためにスーツ用意しておいてください」

と言われていたが、昼前に電話がかかってきて、ため息つきつつ某社へ。

まず、一つの問題はさらっと解決。

コードを数行書き足して、サーバーに入れて解決した。

次。

ある問題が発生していたのだが、関係者全員が原因を勘違いしていたことが

発覚した。

平たく言うと、俺らのせいじゃない。

某社の書いたシステムが間違ってただけだ。

あー・・・

結果として堅牢性が高まったのは収穫と言えるが、あんまりそれを

喜べる心理状態じゃないんだが。

で、一通り解決したので会社にとんぼ返り。

_ keisukenさんと飯

わが強敵(と書いて「とも」と読む)のkeisukenさんが日帰り出張で

上京してきたので、秋葉原で晩飯にお誘いした。

秋葉原が様変わりしてるのでショックを受けてらっしゃった。

秋葉ICHIの豚カツ屋で食事しつつお話。

すみません、ストレス多いせいか頭が空回りしてて、なんか喋りすぎちゃった

ような気がします。

申し訳ない。

でもためになる話も聞けたし、久しぶりに凄く濃い話が出来て

楽しかったです。

また上京した際は是非。

_ 飲みに行く

ついでなので、帰りに区ト間へ。

たまには楽しい話をしつつ酔っ払いたいのよ。

いつものように、

「じゃあ、今日は190番ください!」

とお願いしたら

「またそういう男らしい頼み方をして」

と言われた。

知らないのを飲んでみたいだけなので、本当にランダムに選んだだけだし。

酔っ払いつつ、店長やお母さんとお話した。

店長のお父さんが作ったプルーンのゼリーを頂いた。

色が羊羹そっくりで、しかも四角く切ってあるので目が

「これは羊羹」

と言い張り、口の中が羊羹モードになってるところに酸味の強い味が来るので

びっくりする。

丸い器とかに入れたらもっと違和感無いんじゃないか、という話になった。

先々週の土曜の、食べ物を持ち寄るパーティに手作りこんにゃくを持っていこうと

思っていた、と話したら、実は店長、自分でもこんにゃくを作るんだそうだ。

あらま。

そういう料理が得意な男性はかっこよく見えてしまう。

壁のでかいプラズマテレビでガンダムが流れてたので、秋葉原で新しい

ボールのプラモデルが出ていたことを話した。

えらい攻撃的なマーキングで、ボールっぽくないのが良かった。

終電近くまでいて帰宅。

眠い。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ keisuken [> わが強敵(と書いて「とも」と読む) まるで北斗の拳みたいじゃないスか(w. また飲み食いしながら楽しくおしゃべり..]

_ Shunji [またのお越しをお待ちしております。 自分がそちらいければいいんですけどね・・・]


2006-08-09 [長年日記]


2006-08-10 [長年日記]

_ 仕事

全機能実装完了。

修正がくるのは覚悟の上だが、ずいぶん肩の荷が軽くなったような気がする。

午後4時過ぎに作業が終わり、客に問い合わせたいことがあったが

エンドユーザーの会社に打ち合わせに行っちゃったそうなので、

完全に手が止まってしまった。

W君に電話して、飲みに誘い、定時で退社した。

こんな時間に仕事を切り上げたのは、三日連続泊り込みした後の日以来だ。

このキチガイ生活の終りも見えたかと思ったが、この後Yamauraさんを

衝撃の事実が襲う!

来週にご期待!

(どうせクソ修正が来るだけなんだが)

_ W君と飲み

二子玉川で待ち合わせ。

W君が来るまでゲーセンでバーチャをしていた。

いつものスナックに行こうかと思ったが、カラオケが聞こえてきたので

気が乗らず、落ち着いて飲めるジャズバーへ。

ギネスを頼む。

ああ、この味だよ。

色々雑談。

転職しようかなーとか。

今回の案件はかなり大変だったが、こんなの続けてたら早死にしてしまう。

それに、こんな人生少しも楽しくない。

で、バーテンになりたいなあ、と。

少しも向いてると思わないが。

二杯目はラガブーリンというスコッチ。

とてもスモーキーで、強い味だ。

美味しい。

三杯目にまたギネス。

ついでにチーズの味噌漬けを頼んだ。

美味しいんだわ、これが。

11時半くらいで切り上げて帰宅。


2006-08-11 [長年日記]

_ 最後の一踏ん張り。

11時から客先でテスト。

最初に作業を確認し、

「これなら定時で終わるかな」

と思ったが、修正が入っててこずる。

ツールの使い方に慣れてない。

さらにある機能が期待したように動いてくれない。

散々苦労して、結局客のKさんに原因を発見してもらい、しかもそれが

かなりくだらない理由で、とりあえず少し死にたくなった。

終わったら午後11時。

土曜も出社。

疲れた。

死ぬ。

というか死にたい。


2006-08-12 [長年日記]

_ Xbox360

縁があって、Xbox360をモニター貸し出ししてもらうことになった。

土曜の朝、荷物が届いた。

段ボール箱が二つ。

一つはずっしり重く、開けるとXbox360本体が入っていた。

もう一つが周辺機器とソフトが5本。

2台目のワイアレスコントローラー、コントローラーの充電器、無線LANのアンテナ、

Xbox Liveのパッケージ、VGA接続ケーブル、メモリーカードだった。

とりあえず本体を取り出してみる。

元祖Xboxほどじゃないが、でかいなあ。

会社で使ってる、DELLの小型デスクトップくらいか。

付属品をチェック。

ワイアレスコントローラ、AVケーブル、電源ケーブル、あとリモコン。

ケーブルは一つ一つがすごく太い。

さすが220ボルトが流れる国の製品は一味違う、と勘違いした感心をする。

しかしACアダプタは本当にでかい。

ずっしり重くて、これで人を殴ったら殺せそうだ。

とりあえずテレビに繋いでみた。

ワイアレスコントローラは、使う前に本体に登録する必要があるらしい。

本体、コントローラーの両方の電源が入った状態で、双方の接続ボタンを

押してやることでコントローラーに1〜4番の番号が割り振られるようだが、

普通知らなきゃできないよな。

多分よっぽど問い合わせがあったのだろう。

箱の目立つところに認識のさせ方が書いた紙が入っていた。

最初にセッティングの作業があるのだが、ここら辺は非常にWindows的だなあ、

と感じた。

どことなくXPをインストールしたときのユーザー登録を思い出す。

とりあえず、貸してもらった5本のソフトのうち、プロジェクト・ゴッサムレーシングを

やってみた。

ほー、すごく絵が綺麗。

というか、テレビが映像に負けてしまってるのがわかった。

Xbox360の性能が良過ぎるため、細部がつぶれてしまっている。

ちょうど安いスピーカーではいい音源でも細かい音を表現できないような感じ。

14年使った松下のテレビデオなんだが、いいかげんに買い換えるか。

でもVGAケーブルも貸してもらったので、I氏にもらった古い液晶モニターを繋いでみようか。

プロジェクト・ゴッサムレーシングはカーレースものなのだが、ステージの

絵の綺麗さが売りの一つで、現実の景色を徹底的にモデリングしているので

とてもリアルだ。

以前ネットで見て感動したが、東京ステージは僕らも見覚えのある新宿の風景が

恐ろしく細かいところまで再現されていて、ちょっと見には写真かと思うほどだった。

この映像は素直に凄いと思う。

さぞや制作費かかってるんだろうな。

最初のステージのロンドンも、ビッグベン周辺の景色が見られて、

「あー、確かこんな風だったなあ、懐かしい」

と感慨にふけれた。

操作はちょっと難しい。

というか、リッジレーサーみたいな適当操作のゲームをやってたので、

繊細な操作に対応できなくて苦労した。

ここまでやったところで仕事に行かなくては行けなくなったので終了。

_ 仕事

客先に13時出頭、終わったのは20時。

ここのオフィスは地下にあるのだが、昼に入ったのに終わって外に出ると

真っ暗になっていて、何かを酷く損した気分にさせられる。

かなり嫌。

_ 懐かしいお誘い

金曜日、客先の地下にもぐって仕事をしていたら、携帯にセンター留守録が

入っていた。

大学の頃、サイクリング部で部長だったTからだった。

「連絡ください」

とのことなので、彼の滋賀の番号にかけてみたが、

「この電話番号は現在使われておりません」

だった。

えーとね、ボーダフォンのセンター留守録は着信番号分からないんですよ。

困って、同じくサイクリング部だったSに電話して聞いてみた。

調べてくれたので電話してみたところ、19、20日に同期会やるから

こないか、だそうだ。

行く行く。

仕事なんか知るかー。

伊香保温泉だそうで非常に楽しみ。

が、そこでふとわが姿を振り返る。

今のプロジェクトが始まってから5キロ太った。

目も当てられない有様。

タイミング悪いよなあ・・・

もうちょっとましな自分を見せたかったんだが。

_ なお、

Tは知らないうちに町田に引っ越していた。

あらま、近いじゃん。

滋賀にいるものだと思っていたんだけど。

当時は積水ハウスで働いていたが、今は棒自動車会社で

開発してるとか。

もう家も買ったそうだ。

かれこれ5年位前にあったときは可愛い子供もいたし、

僕の人生と対極だよなあ、と思う。


2006-08-13 [長年日記]

_ Xbox360その2

ナインティナイン・ナイツをやってみた。

キューエンターティメントの作品で、ぶっちゃけると西洋風三国無双。

自軍、敵軍が入り乱れ恐ろしく大量の兵士が戦う戦場で、異常に強い主人公の

お姉ちゃんが、敵をバッサバッサとなぎ払っていくゲームだ。

コンビネーション一つで20人の敵を一度に倒しちゃったりするが、

このおねえちゃん、一般の兵士1000人を束にしたよりも強いけど、

何を食ったらそうなるのか知りたい。

味方も敵もPS2なら主人公レベルのポリゴン数で綺麗だし、ある程度きちんとした

思考アルゴリズムを持っていてそれぞれ独自の行動をしているのが面白い。

ハードウェア性能の高さが感じられた。

不満を言うと、1ステージが長すぎる。

なんせクソ忙しいんで、気軽に遊べないのがつらいし、クリアできなかったときは

ステージの頭まで戻されるので大変にげんなりさせられる。

学生の頃だったら時間が余ってたんでちょうど良かったんだが。

_ 赤プリ

実家から親と妹が上京してきて、赤坂プリンスホテルに泊まっていった。

ツインで16000円の部屋があるそうで、それを二つ借りて僕も泊まることに

なっていた。

夕方、ホテルに着いたら「臭い」と言われ、いきなり風呂に叩き込まれた。

まあ、いいけど。

しばらくしてOさんが来たので、家族で整体を受けた。

4人分の整体をして、Oさんはいそいそと帰っていってしまったので

家族で食事に。

週末の夜の赤坂見附というのは人通りが少なく、店もかなり閉まっていた。

お袋が韓国料理を食べたいというので、適当に見つけた焼肉屋に入る。

なかなか美味。

隣の机に座っていたのがTBSの社員の男女だったが、何かこれが面白くて

笑ってしまう。

絵に描いたような業界人で、おそらく男のほうが上司で、

自意識の塊みたいな喋りを繰り広げ、女のこの方はひたすらうんうんと

頷いている。

「俺はね」

だらけ。

近くにいたらうっとうしいタイプだなあ。

でもテレビ局なんて業界では、ああいう性格じゃないとやっていけないんだろうか。

その後、部屋に戻って就寝。


2006-08-14 [長年日記]

_ 赤プリの朝

お袋が部屋に来て、停電が起きてることを教えてくれた。

地下鉄も止まっているようだ。

少し離れたビルが煙を吹いていて、ヘリコプターが何機も飛んでいたので、

火事が原因じゃないか、と言っていた。

赤坂周辺は停電しなかったのか、それともホテルに発電機があるのか、

特に停電していなかった。

しばらくテレビを見て様子を見ていたら、

「ビルから煙が上がっているのは発電機に切り替えたからで、火事ではありません」

とアナウンスがあった。

あ、そうなのね。

その後、原因が送電線が切断されたことと判明し、順次地下鉄も復旧したので、

観光に行く家族を尻目に会社に向かった。

_ 会社

出社したら誰もいない。

休みだったっけ?

どちらにしろ、いくつかのデータをもって帰らないといけなかったので、

そこら辺のコピーを行う。

ネットで停電のニュースを調べたが、送電線を切ってしまったという

作業員の人に同情してしまう。

今頃青くなっているんだろうなあ。

そうこうしてる間にデータのコピーがすんだので、はてどうするか、

と考えたが、元々今週から自宅作業ということだったし、

帰ることにした。

秋葉原をちょっと覗いてから電車に乗る。

帰宅して休んでいたら、客から電話。

「明日来てください」

「ご存じないと思いますが、世間で明日はお盆というビッグイベントがあり、

休むものと決まっているのですよ?」

抵抗むなしく出社。

疲れたなあ。

人並みの休みが欲しい。


2006-08-15 [長年日記]

_ そして客先へ

・天気が悪くて、

・睡眠不足で、

・二日酔いで(寝酒が残ってしまった)、

・休日出勤

たったこれだけの条件であっさりとライトな自殺願望に襲われた

俺の脳みそ、ちょっと安すぎやしませんか?

昼前に客先着。

コンビニで昼飯を買っていこうかと思ったが、棚を見た瞬間

究極の選択を迫られてる気分になった。

こんなの食事じゃない。

餌だ。

近くの中華料理店が弁当を出していたのでそっちを買っていった。

昼飯を食べて作業開始。

不具合と修正要求に対応する。

不具合はけっこうすぐに直るのだが、変更はけっこう悩む。

ツールに慣れてないので時間がかかってしまう。

修正が出来て試してもらってたら、

「ここの部分動作おかしくないですか?」

と言われまた調査。

しばらく調べてたら、実はその動作で正しいことが判明した。

もう頭が全然動いてなくて、判断にやたら時間がかかってしまう。

夕方近くなって、エンドユーザーの会社へ。

プログラムをインストールする。

さすがにここまでくると問題は発生しなかったが、多少画面の

レイアウト変更要求があったのでその場で対応した。

午後8時、開放。

客のYさんが食事をご馳走してくれると言うので、新橋駅前の

パスタ屋で晩飯。

ありがたくいただく。

ビール二杯であっさり酔っ払い、帰宅した

体調悪いなあ。


2006-08-16 [長年日記]

_ 今日のボクシング

「Shunjiさん、どうして、どうして今頃になって現れたの。

あなたがいなくなって5年、その間に私には新しい生活、

新しい人生が出来てしまったというのに」

「すまないプリンス、だが僕は一日たりとも君を忘れることはなかった。

いつでも僕の心の中には君が居たんだ。」

「やめて、私はもうあなたの知っているプリンスじゃないわ。

あなたがいない間、私はたくさんの人と関係を持ってきたのよ。

もう貴方だけの私じゃないの」

「かまうものか。

例え君が年末に亀田と戦うことになっても僕は君を愛してるよ!」

「ダーリン!」

「ハニー!さあ僕の胸に飛び込んでおいで!」

強烈なハートブレークショット。

崩れ落ちる僕。

沸き返る場内。

_ なんつーか、このデタラメ話考えるのもだんだん大変になってきたなあ。

何週間ぶりに来たか、既に自分でもわからなくなってるくらい久しぶり。

なまってるどころの騒ぎじゃないわ。

いつものように縄跳び2ラウンドから始めるんだけど、なまってるせいで

1ラウンドが長く感じられて仕方ない。

シャドーをやると腕が重たい。

ああ、全身が重い。

ただし、体重が増えたおかげでパンチが重くなっているのが笑える。

これから時間が出来るので、出来る限り頻繁に通ってお腹についた脂肪を

何とかして削らねば。

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

_ プリンス? [いつの間にか女役....]

_ NT [プリンス姫とのラブロマンス、ファンなので是非続けてください]

_ Shunji [ここはNTお師匠様の意見を優先するということでひとつ。 あと女役は流れの都合なんでまたその内変わるんであんまり気にし..]

_ Shunji [しかしプリンス姫ってよく考えるとすごく矛盾してますね。]


2006-08-17 [長年日記]

_ 仕事

バイク出社。

本当は自宅勤務だったんだけど、そのための準備がまだだったので

出社した。

データのバックアップや、必要なプログラムのインストールをしておく。

客からはいくつか要望があがっていたので対応しておく。

昼ごろ、大雨になってバイクで帰れるかちょっと不安になったが、

夕方にはあがってくれた。

Mさんが今度イベントに来てくれる、とのことなので、イベント決まったら

メールしてくださいね、だそうだ。

張り切って送らせていただきます。

そういや今月のDANKETECHは休ませてもらっちゃったし、来月以降どうなるか

まだ聞いてないし、ほかに特にイベント入れてないし、さてどうなるんだろう?

どこかのイベントでVJ要らないか聞いてみるか。

夕方、仕事が一区切りついたので荷物をまとめて退社。

これでしばらくは出社しないんだろうな。

まだ時間が早く、そのまま帰るのもつまらない時間だったので、成城学園へ行く。

しばらく前に二子玉川のスナックで知り合ったSさんが働いている美容室へ。

週末に大学の同期会があるのでかっちょいい頭にしてください、とお願いした。

シャンプーしてくれた美容師のお姉さんと縄跳びの話になった。

縄跳びが好きなんだそうで、ぜひ僕のヘビーロープを使わせてあげたい。

Sさんとは来週になったら飲みにいこうと話して、帰宅。

_ Xbox360その3

本体のメディア関連機能で遊んでみた。

iTunesみたいな、ハードディスクにCDを取り込む機能があるのが

なかなかよい。

取り込みにかかる時間は、我慢できないほど長くもないが、

短いと言えるほどのものでもない、というところ。

会社にあるONKYOのハードディスクオーディオと変わらないくらいか。

たぶん、内部的にはWMAに変換してるんだろう。

音質に関しては僕の耳がヘボいのでノーコメント。

ただし、本体の出す騒音が大きいので、設置場所を工夫しないと

クラシックのような静かな曲を聴くのは厳しいかもしれない。

あと、ビジュアライザはしばらく眺めてる分には楽しかった。

ハードウェアの3D機能を多用した映像は派手で、なかなかのもの。

僕が普段聞いているテクノなんかにはしっくり来る。

_ Xbox360その4

Xbox Liveを試してみた。

Xbox360をネットに繋いで、

・対戦ができる

・ゲームや動画なんかがダウンロードできる

というシステムだが、なかなか面白い。

とりあえず、軽いところでギャラガと、重いところでクロムハウンズのそれぞれの

体験版をダウンロードしてみた。

ギャラガは3面までプレイ可能で、当たり前だが普通にギャラガだった。

クロムハウンズは伊集院光がやたらと誉めてたので気になっていた。

6人のチームを組んでお互い役割の異なるロボットを操縦して相手チームを撃破する

という内容で、ヘッドセットをつけてお互いに作戦を相談しながら戦うんだそうだ。

ダウンロードは約600メガ。

プレステの頃のゲーム一本分か。

このくらいのゲームならオンライン販売って流れは出来るかもなあ。

体験版は残念ながら通信機能はなく、シングルプレイが2面入ってるだけだが、

ロボットの重厚な動きやグラフィックの美しさなんかは垣間見られた。

そうだなあ、ちょっとやってみたい。

まだ貸してもらったゲームがあるので、それをやってからだな。

ゲームのほかには、映画の予告編のダウンロードなんかもあった。

とりあえず気になっている、スキャナーディープリーの予告編の高解像度版を

ダウンロードしてみた。

約100メガ。

再生品質はかなり良いようで、粗は見えない。

MSは映画のダウンロード販売も考えているんだろうな。

当然パソコンで同じことは出来るが、PCと比べるとインターフェイスが

シンプルに出来てるのが良い。

_ 総じて、通信とハードディスクの相性の良さを見せられたような気がする。

これが通信のみだったら、600メガのクロムハウンズ体験版なんてのは

配布できないだろうし。

この点はWiiに対するアドバンテージになりそうな気がする

(Wiiもフラッシュメモリで保存できるけど、容量単価が高い)。


2006-08-18 [長年日記]

_ 家仕事

今日から自宅勤務。

実際のところは今週頭からそうなっていたんだけど、会社でやっておく作業が

あったり、客先に行かなければいけなくて結局今日になってしまった。

始業時刻ギリギリで起きだして、ぼわーんと仕事を始める。

昨日、客から電話があって不具合の報告があった。

11時頃電話があり、完了予定を話し、作業を続ける。

家ではどうも気が散ってしまいがちでいけない。

一段落着いたのが午後1時半くらい。

昼飯ついででそのままファミレスへ行って作業の続きをした。

一箇所、動作がおかしい部分が報告されていたのだが、それの対応をした結果、

それまで表に出てなかった不具合を発見し、それの修正をしていた。

どうまとめるべきなのかちょっとわからず、しばらく試行錯誤をしていたが、

1時間半ほどでひらめいた方法で解決した。

すっきりしてファミレスを後にする。

ファミレスの近くにでかい電気店があるのだが、ちょっと寄り道してみる。

最近、大型テレビが欲しいのだが、それはストレスがたまったとき特有の、

変な買い物をしたくなる癖のように思える。

もっと生活に必要な買い物をしたほうがいいんじゃないか、と思い、

30年近く使ってる掃除機の買い替えを思いついた。

様々な掃除機が並ぶ売り場を眺めるが、やっぱりダイソンはすごくかっこいい。

どのくらいきれいになるものなのだろう。

そうなると気になるのは他の国産サイクロン式掃除機だが、見てるだけでは

性能の違いがわからないので、店員のお兄さんに聞いてみた。

まとめるとこうなるらしい。

・実はダイソンの出力はあんまり高くなくて200ワット台。

ただし、いつまでも性能が低下せず、ほぼメンテナンスフリー。

あと、音はうるさい。

・国産サイクロン式の最高出力は600ワットで強力。

ただし、月に一回くらいばらして、フィルター部分を洗ってやらないと

性能が低下する。

これが面倒で紙パック式掃除機に戻る人もいる。

なるほど。

紙パック式の一番安いのは6000円からあった。

「そんなに強力じゃないけど、30年前のと比べればどれ選んでも性能は落ちませんよ」

だそうだ。

そりゃそうだろな。

で、自宅に戻る。

客に最新版のビルドを送り、切りがいいことだし部屋の片づけをする。

本棚を整理して、ジャンジャンバリバリ洗濯。

しばらくしたらまた客から電話。

修正要求と、ちょっとした不具合。

直してまた送る。

午後9時少し前、電話がかかってきて

「一通り動いたんで本日はOKです」

とのこと。

ジムに行くにはもう遅いし、とりあえずXbox360で遊ぶことにする。


2006-08-19 [長年日記]

_ 温泉

大学のサイクリング部の同期会で、群馬県は伊香保温泉へ向かう。

昼過ぎ、

「さて、出発するかな」

と思ったが、大変なことに気がついた。

俺、どこに行くのか知らない。

僕を誘ってきたTは既に家を出て居ないが、僕は彼の家電話の

番号しか知らない。

太田に住んでいるMに電話をかけて聞いたら、

「乗せてってあげようか?」

とのことなのでありがたくそうさせていただくことにした。

電車を乗り継ぎガタンゴトン。

北千住で乗換えがわからず、一本乗り逃してしまい30分待ち。

太田に着いたら5時だった。

そこからMと合流。

数年ぶりにあうMは、見た目はあんまり変わってなかったが、

車がBMWになっていた。

リアスポイラーが付いてたり、撥ね上げる形のハンドルになっていたり

車高が下がっていたりの相変わらずの走り屋仕様だった。

そして社内で流れてる音楽は昔と変わらずアイドル系だったが、

今では洋楽も聴いているそうで、

「ブリちゃん聴く?」

と聞かれた。

昔のことなんかを話しつつ二人で伊香保へ向かう。

Mは大学卒業から変わらず、太田の某電気会社で働いているそうだ。

到着したら既に暗くなっていた。

宿から駐車場が離れていて、車で送っていってくれるのだが、この車が

半端じゃなかった。

小さなワンボックスだが、狭くてカーブの多い温泉街を、宿のおじちゃんが

絶妙のドライビングテクニックですり抜けていく。

まるで浅草の花屋敷のジェットコースターのようだ。

「なあM、お前この運転できる?」

「絶対に無理」

見事。

宿ではT夫妻と子供二人、医学部だったTさんとAさんが来ていて、

既に食事が始まっていた。

懐かしい顔ぶれだ。

T夫妻の長男のYは、昔会ったときは2〜3歳でかわいい盛りだったが、

今では口が達者な生意気盛りの小学校2年生だった。

妹のSちゃんはそのころはまだ生まれてなく、4さいでとてもかわいらしい。

Tは某自動車メーカーの設計をしていて奥さんは医療関係、

Tさんは結婚してるけど学生で癌の研究、Aさんは音楽療法というのを

やっているそうだ。

人生それぞれ。

食事はおいしかったが、宿のおばちゃんが僕らを忘れてるのか、

最後のきのこご飯がいつまでたっても出てこなかった。

仕方ないんでこっちからお願いして出してもらった。

食事後、風呂。

濁りのあるお湯で、なかなか気持ちいい。

極楽。

それから男3人で酒を買いに行く。

伊香保は斜面に建った階段の街だが、階段を下ってる最中、射的だけでなく、

弓があり、元弓道部のTが挑戦した。

10本中4本当てて、携帯のストラップを当てていた。

それからすれ違った女の子たちの食べていたソフトクリームがうまそうだったので、

近くの喫茶店で買って食べる。

酒屋に行ったら既に閉まってたので、坂を下ってコンビニへ。

何本か適当に買い込んで引き返すが、坂がきつくてつらい。

行きと別のルートを選んだらスナックだらけで、フィリピン人だらけだった。

「ここで働いてれば足腰丈夫になるだろうね」

と言いながら汗をボタボタ垂らし坂を上り、やっとの思いで宿に戻った。

部屋に戻ったらT夫人と子供たち以外全員が揃って酒盛り。

Mの彼女について口を割らせて盛り上がり夜が更けた。


2006-08-20 [長年日記]

_ 温泉の朝

Tの子供たちの嬌声で目を覚ます。

子供って絶対なんかの未知の動力で動いてるんだと思う。

同じ人間と思えないくらい元気だ。

朝食でも子供たちは元気。

僕は魂が半分抜けたような状態。

それから朝風呂。

気持ちいいが、部屋に戻ってすぐに寝てしまう。

しかし子供たちが乱入してきて、Tを布団で包んで遊んでる。

声をかけたら僕にも布団をかけて、

「隠しちゃえー!きゃー!」

と喜んでた。

その後、足をくすぐられたり布団をかぶせてから顔をぺちぺち叩かれたり

お腹に乗っかられたりした。

本当に元気だなあ。

それでも感心するが、この子達は親のしつけが良くて、最後はちゃんと

言うことを聞くし、変なわがままを言わないし、YはSちゃんの面倒見るし、

よく出来た子達だ。

教育が壊れてる昨今で大したものだ、と感心した。

チェックアウトして、山を下り、途中のかび屋という店へ移動した。

榛名山の中腹にある店で、昔ながらの建物と水車があり、ラムネやトウモロコシ

といったクラシックな食べ物が売っている。

みんなでラムネを飲む。

こういう穏やかな時間ってここしばらく無かったな。

Yが水車に見とれてる。

T夫人曰く、この子は水車だとか仏像だとか踏み切りだとか、おおよそ子供が

興味ないものがすきなんだそうだ。

面白いなあ、この子は。

「Yamaura君はいい理解者になってくれそうね」

だそうだ。

はっはっは、なかなか面白い子だと思うよ。

子供たちにはなつかれ、Sちゃんもぺったり寄ってきてとても可愛らしい。

「Yamaura君、よくなつかれてるねー。

こんなになつくことあんまり無いよ」

「不思議と子供には好かれるんだよねぇ」

出来たら妙齢の女の子にもなつかれたい。

それからまた移動して前橋へ。

ココスで昼飯。

遅れて別の部員二人も到着。

みんなでご飯。

Yのなぞなぞに大人のひねくれた答えを言ったりしながら食事。

楽しかった。

その後、本庄までMに送ってもらった、

新幹線で帰るつもりだったが、到着8分前に一つ前のが出発していて、

次のがくるのが1時間後だった。

仕方が無いので、田んぼと畑と駐車場に囲まれた田舎全開の駅で、

冷たい飲み物を飲んだりしつつのんびり電車を待つ。

これもまた時間の余裕ってもんだな。

たまにはいいもんだ。

_ T一家を見て、

家族っていいよな、とちょっとしみじみした。

んーんーんー(苦悩)。

_ そして東京

maricoさんからメールがあり、今日ムラさん主催でやっている

INTAKEというイベントがあるのだけど、VJチームのinc:kokのみずき君が

会いたがってるとのことなので見に行った。

会場は渋谷のON@OFF。

INTAKEはムラさんのオシャレっぷり全開の、イビザを意識したイベントだ。

以前、

「僕もVJやらせてくださいよ」

とお願いしたが、

「雰囲気に合わないんで」

という理由で断られた。

僕もまったく同感。

イビザ島にこんなアホな映像流すVJはおらんわな。

入ったらすぐにmaricoさんがいて、きゃー、ありがとー!と叫ばれ、

みずき君の所に引っ張っていかれた。

W-ZERO3[es]を買ったので、無印W-ZERO3を使ってる僕に見せたかったんだそうだ。

むっちゃうらやましいわぁ。

inc:kokの出番の後、控え室で見せてもらった。

おお、このサイズならポケットに入る。

いいなあ。

なんでも上司が買ったものの三日で飽きて、2万円で売ってくれたそうだ。

何ですかそのうらやましい話は。

W-ZERO3は何かと便利だよ、というのを説明するのに、僕の持ってる

バカAVなんかを再生して見せてあげたら喜んでいた。

色々フェチな話をして盛り上がった。

maricoさんとも話す。

体調を崩して田舎に帰っていたが、また上京してきたけど、やっぱり静養しに

明後日から田舎に帰るそうだ。

足湯と蒸しタオルを薦めておいた。

かなり精神が緊張しているようなので、体を緩めてあげれば楽になると思う。

それからDANKETECHでもなじみのKAISEIさんたちも登場。

忙しすぎて前回のDANKETECHに出られなかったので、どんな状態か聞いてみた。

とりあえず次回の開催は白紙だそうだ。

無くなるのは勘弁して欲しいが、少しだけ間を置くのは賛成。

毎月やるというのが義務化すると、やりたいからやってるのか、

やらなくちゃいけないからやってるのかわからなくなってしまう。

だからやりたいという気持ちが溜まるくらいは休んでみてもいいと思う。

ムラさんとも話す。

彼にはマウンテンバイクを売ってもらうことになっているが、

2回約束して2回とも忙しくてキャンセルさせてもらっていた。

本当に申し訳ない。

来週の水曜日に、今度こそ取りに行くことになった。

しばらくすごしてみんなに挨拶して退散。

最後にmaricoさんともうちょっと話す。

多分上半身が硬くなってるから、ひじ湯もやるといいよ、と薦めておいた。

「ROBAさん本当にありがとう、もう大好き」

と言われ嬉しかった。

そう言ってくれる人がいるから踏みとどまれる。

がんばろう。


2006-08-21 [長年日記]

_ 自宅勤務

ずっと家で作業。

某コンパイラと格闘する。

ちょっと特殊な組み方をしているので、あるオプションで

コンパイルしないと動いてくれないのだが、このオプションを

すべての要素に使うと性能が低下してしまう。

なので、最低限これだけに適用すればよい、という範囲を探っているが、

一回のトライに約20分かかってしまうのでひどく効率が悪い。

性能は用件に入ってないから、無視してしまえばよいのだが・・・

昼にそうめんをゆでて食べる。

これ、カロリーはあるけど栄養は特に無い食い物なので、

後でちゃんとしたもの食べないと。

途中、何度か客から電話。

細かい修正に対応し、午後9時に一通り完了。

今日一日、客との電話以外は誰とも話さなかったし、コンビニ以外は

どこにも行かなかったので、飲みに行くことにする。

二子玉川のなじみのスナックへ。

着いたら常連のTさんと、ママの友達の女性二人が来ていてカラオケをしていた。

カラオケの採点機能を使って競い合っているが、Tさんは大体70点台半ばで、

女性陣やママは80点台後半から90点台前半だった。

みんなで100円ずつ払って、一番得点が高かった人が全部もらう、

というゲームになり、僕も参加した。

80点台半ばを取り、残念ながら賞は取れず。

次に自分の得点を当てるというゲームになった。

何を歌うか決めてる最中、「いやんばかーん」を見つけてしまい、

「これは絶対高得点取れないだろう」

と見込んで78点と予想したら、77点だった。

惜しい、ニアピンか。

結局ママの友人の女性がぴったり得点を当ててしまい、また負けてしまった。

悔しいなあ。

その後、ママたちと話しこむ。

ここ最近の激務で頭はおかしくなるばかり。

正直言って辛くてたまらないのだが、どうしたものか。

帰り際、ママに言われた。

「今度はもっと早くおいで。

本当に辛くなった後じゃ何もしてあげられないからね。

辛くなる前にいらっしゃい」

心配かけてすみません。


2006-08-22 [長年日記]

_ 人に感謝される仕事がしたい

と思って、青年海外協力隊について調べてみた。

ググると2番目に出るページで、青年海外協力隊の実態について書いてあった。

曰く、300人に一人死ぬ、暴力事件があったけどもみ消された、現地で

レイプされエイズ感染した女性がいたけどもみ消された、男女関係グチャグチャ、

税金の無駄遣い、など等すさまじい。

やっぱやめるか・・・

_ 仕事

朝から客から電話。

「○○に××の機能って無いんですか?」

「それはこれこれこういう理由で入ってないですよ」

「無いと困るんですが。明日までに」

ふざけんなコラ。

その機能は他の部分では実装されているけれど、そこの部分は作りが違うから

入ってないってのは前から言ってあったのに、コンビニでパン買うみたいに

出てくるわけ無いだろう。

今日は客に届け物があって、そっちへ向かう予定だったのだが、それが終わったら

トシコさんと昼食の約束になっていた。

「とりあえず来てください」

「友人と昼飯の約束になってるんですが、それはいいですか?」

「だめです」

・・・こっちが売ったのはソフトウェアであって、俺の奴隷拘束権じゃねえ!

このノリでまた夜中まで仕事させられてたまるか。

そもそもそんな機能は仕様に無かった。

脊髄反射で機能足されたって対応できるわけ無いだろう。

「どのくらいで出来ますか?」

「ちょっと相談してまた連絡します」

トシコさんに電話して謝る。

「えー、楽しみにしててもうメイクまでしちゃったのに」

ごめんなさい。

埋め合わせは必ずします。

会社に電話。

「追加料金になるって言って」

了解。

電話してその旨伝える。

「追加料金になりますが」

「とりあえずそれは置いておいてどのくらいの日数かかります?」

「二日です」

「一応開発できる環境持ってきてもらえますか?」

置いておくって、働かせる気満々じゃないか。

そっちに向かうのは前からの予定なのでかまわないけれど、

追加料金出るまでは1行だって書かないのであしからず。

そもそも今までだって仕様書に無い機能をサービスで書いてるけど、

そのノリで仕事足されたからってこっちは引き受ける義理無いよ。

そもそも本番前日に機能追加なんてトラブってくれって言うようなもんじゃないか。

ぷりぷり怒りながら客先へ出頭。

行って協議。

仕様追加なんだから、明日までというなら予算を出して欲しい旨伝える。

_ Xbox360

帰りに覗いたビックカメラで、リッジレーサー6が1980円だったので購入。

遊んでみる。

絵はきれいになったけど、良くも悪くもリッジレーサーだねえ。

過去のシリーズ、特にPSPのリッジレーサーズに慣れてる人なら初めてでも

そこそこ走れてしまう。

それが良いともいえるが、いい加減にあのゲーム感覚に飽きたような気もする。

Xbox360世代のゲーム機の最大の問題点ってこれじゃないだろうか。

性能は上がってるけれど、質的に新しいゲームが提供し切れていない。

グラフィックの質に目をつぶれば、PS2の性能で大抵のゲームは作れるように

なってしまっている。

Xbox360じゃないと実現できないゲーム、というのはなかなか無い。

ゲーマーがWiiに期待しているのはそこだと思う。

_ Xbox360

Xbox360はWindows XP Media Center Editionと連携が取れるというので

試してみた。

PCの方でソフトのインストールが必要だそうだが、これが80メガもある。

でかいなあ。

PCとXbox360を往復していくらか作業したら接続できた。

あっさりと普通にメディアセンターの画面がXbox360に繋いだテレビに表示された。

あ、こりゃ便利かも。

今回Xbox360を借りてからでかいテレビが欲しくなってる。

Xbox360はハイデフをターゲットに作られてるもんで、普通の14インチテレビだと

文字や細かいディテールがつぶれてしまうからなのだが、

自宅のiMacに繋いでメディアセンターの出力用にしたい、というのも

考えていた。

テレビや音楽を集中的に管理できたら魅力的だな、とおもうのだが、

しかしiMacは仕事机の上で、テレビを買うとしたら隣の部屋のテレビ台の上なので、

そんな長いケーブルが無いのが問題だった。

ここで間にXbox360を挟むことでその問題が解決できるように思える。

ただ問題は、いかんせんXbox360がうるさいこと。

静かな映画とか見るときは気が散るだろうね。

惜しいよなあ。

_ 今日のボクシング

今日は愛しのダーリン(プリンストレーナー)もいないんで結構まじめに

黙々と練習する。

体の重さは相変わらず。

早いところ筋肉を付けて新陳代謝を上げ、お腹のお荷物を軽くせねば。

ジムの前は、もともと川が流れていたんだけど、先日の工事でここが

コンクリで蓋されていた。

けっこう広いスペースが出来て、ここで練習清華ミット打ちやマスの練習を

していた。

ついでだから屋根も作ってくれれば完璧なんだが、無理だろな。

事務のOさんにこの日記を見られているのだが、

「最近ちょっとネタ作るのが大変なんですよね。

そろそろ恋のライバルの存在が必要だと思うんですよ」

と言ったら、Iトレーナーを推薦された。

しかしあの人、現実のキャラクターとまったく合わないんだよなあ。

強い方のIトレーナー(元日本ランカー)にミットを持ってもらった。

うひー、苦しい。

お腹がよじれる。

1時間半ほど練習して切り上げた。

はー疲れた。


2006-08-23 [長年日記]

_ 自転車を買いに

ムラさんからマウンテンバイクを購入した。

もともとずっと前からそういう話だったんだけど、僕が地獄の

デスマーチに突入し、まったく時間が作れなくなっていつまで経っても

取りにいけなかった。

やっと暇になったのでムラさん邸へ。

前にもお邪魔したが、ムラさんのお宅は中野のさらに先の某所。

電車で現地へ。

着いたらムラさんが自転車をメンテしてくれていた。

サドルの高さはほぼ問題なかったのでそのままにしたが、今の僕の体力には

ハンドルが低すぎたので2センチほど上げた。

スポークが一本折れてたが、これは早いところ自転車屋に持っていかないと。

代金の2万円を払って夜の道を走り出した。

途中までムラさんが案内してくれたので、そこから家へひたすら走り出す。

中野で弟とI氏に電話してみた。

弟には

「新しい自転車いいぜフフーン、見に来い」

と言ったら断られた。

まあそんなもんだろうな。

I氏に食事を誘ったら、「高円寺ならいいよ」とのことなので移動。

しかし線路に人が入ったとかで、電車が止まっていていつまで経っても

現われやしない。

ゲーセンで遊んだりして時間をつぶす。

やっと現れたI氏と焼肉へ。

ビールを一杯だけ飲み、某社の裏事情を聞きつつ肉を食す。

うまい。

高円寺はこういうお店が一杯あってうらやましい。

引っ越そうかな。

最近、東京を出ることもまじめに検討してる。

人生がひどくつまらないのは何とかしたい。

日付が変わるくらいで解散して、また走り出す。

体力が落ちてるのを痛感する。

簡単に足に乳酸がたまって漕げなくなってしまう。

また、もっとやばいのは、下っ腹が邪魔で前傾姿勢が取りづらい。

しゃれにならんよなー

早いところ体力を取り戻して、せめて学生時代の半分でも

走れるようになりたい。

それでも終電の過ぎた環七はなかなか走りやすかった。

上馬で曲がって246に入る。

少し疲れたんで、駒澤大学のGEOでXbox360用ゲームなんかを眺める。

中古なのに6200円とかやる気の無い値札がかかっていたので店を出た。

二子玉川の橋の上で検問に引っかかった。

「ライト付いてないねー」

と言われたので、

「すみません、今さっき買ってきたばっかりなんでまだ無いんです。」

と言ったらびっくりされた。

事情を話したら防犯登録の照会だけして解放してくれた。

溝口のコンビニでまた休憩し、最後の一踏ん張りで帰宅。

熱い風呂につかったら、疲労した筋肉に激しく染みた。


2006-08-24 [長年日記]

_ 木曜

用事があって溝口へ。

昨日買ったマウンテンバイクにまたがったら、ひどく尻が痛い。

ロード用の、レーサーパンツ(股間にパッドが入っている)前提の

すごく細身のサドルなので、昨日の走りで尻をいためた模様。

だましだまし溝口まで行く。

ゲーセンでバーチャやったり、本屋で技術書調べたり、ファーストキッチンで

プログラム書いたりしてすごした。

_ 生活

を変えたい。

多分、環境から変えるしかない。

東京引き払うか。


2006-08-25 [長年日記]

_ 横浜

昼過ぎに仕事の作業が終わったので、どうしようか考える。

天気も悪くないし、気分転換もかねて昼飯を食べに横浜の中華街に

行くことにした。

東名川崎から第三京浜に乗り、90キロくらいでちんたらと横浜へ。

爽快。

中華街には30分ほどで到着した。

高速使うと早いよなあ。

適当な場所にバイクを停めて、中華街の中を散策する。

豚まんをひとつ購入し、歩き食いする。

次に、世界チャンピオンの店の小さい豚まんも買って食べる。

歩いていたら、刀削麺の店があったので、発作的に食べたくなり

入って刀削坦々麺と杏仁豆腐を注文した。

おいしい。

が、さすがに多すぎた。

杏仁豆腐を食べる頃はギブアップ寸前で、食べ終わって外に出たら

腹が重くてどうにかなりそうだった。

失敗。

適当に散歩。

中華街は非常に雑多な雰囲気があり、歩いてて元気が出てくる。

ここのところ色々思い悩むことが多くて、占いでもうけてみようかと思ったが

気が進まないのでパス。

しばらく過ごしてから、横浜駅の方へ向かう。

N氏がそごうのロフトで働いてるので顔を見に行った。

手土産に世界チャンピオンの肉まんとあんまんを買っていった。

N氏は元気そうだった。

仕事の方もしっくり来てるのか、以前より板についた感じ。

店の商品をお勧めされる振りをしつつ近況を話し、退散。

駅前を散策。

ゲーセンでバーチャ。

買ったり負けたり。

ビックカメラを覗いたら、Xbox360のデッドオアアライブ4が1980円だったので

購入し、日も暮れたので帰宅することにした。

途中、道に迷って第三京浜の入り口が見つけられず参った。

夜の高速は視界が悪いのでちょっと怖くて苦手。

_ Xbox360

買ってきたデッドオアアライブ4で遊んでみた。

これは10年くらい前から続くシリーズで、バーチャ系の3D格闘対戦ゲームだ。

僕はゲーセン版の1、サターン版の1、ドリキャス版の2を遊んだことがあった。

1の頃から女キャラの胸がやたらと良く揺れる、ということで話題になり、

シリーズが進むにつれ女キャラばっかりやたらと数が増えていたが、

格闘ゲームとしてもなかなか面白かった。

相手の攻撃をいなしたり受け流したりすることが基本システムに入っていて、

例え攻撃を食らってる最中でも、相手の次の攻撃を読んで受け流し、

反撃に移ることが出来るのが面白かった。

で、4だが、絵は激しく綺麗だ。

自然の中のステージは、緑が鮮やかで、川の水面が波立つのがものすごい

ハイクォリティで表現されている。

各キャラクターのグラフィックは、元々造形がアニメと実写の中間くらいで、

ちょっとお人形っぽい感じ。

で、胸は例によってゆっさゆっさとよく揺れる。

中に何入ってるんだろう、あれ。

さらにスカート丈がやたら短く、パンチラどころかパンモロで大笑い。

あのスカートの動きを計算するのはなかなか大変だと思うが、動きに合わせて

それはもうひらひらとスカートがめくれ、笑えるほどパンツが見えまくる。

技術を無駄に使いまくっててとても良いと思う。

ゲームのシステムとしては、相手の技を受け流すのが前より難しくなっていた。

1では、上と下の受け流ししかなく、相手が攻撃を出していれば2分の1の確率で

受け流せたが、2では上中下の3方向から選ばないといけなくなり、

4では中がパンチとキックの二つの受け流しになり、成功確率が4分の1まで

下がってしまった。

こうなると相手の技をきちんと覚えてないと受け流せず、けっこう難しい。

その分、ガードの重要度が上がるのか。

_ このゲームはXbox Liveを使ったネット対戦にも対応しているようなので

試してみた。

ログインし、セッションというのを選択すると、3Dのラウンジがあり、

そこにテレビのようなものが置いてあって現在の対戦が表示されていた。

自分も対戦にエントリーすると、現在の対戦がフル画面表示され、

うまい人のプレイが見られて参考になる。

ヘッドセットをつけると、参加者がしゃべっているのがそのまま聞こえて

なかなか面白い。

引っ込み思案な僕だが、話しかけてみた。

今日、買ってきたばかりということを話したら、親切に教えてくれた。

相手は発売日から遊んでいるそうで、さすがにやたらとうまい。

付け焼刃では歯が立たず、少々悔しかった。

何週間か練習したら、少しは追いつけるかなあ。

この、話しながら対戦できるというのは非常に面白いと思う。

相手の感情がそのまま伝わってくるので、ただの殺伐対戦とは一味違った

楽しみが出来るし、マージャンで言うところの三味線を使うことも出来る。

ついでに、Xbox liveで今流行ってる対戦ゲームの情報を集めるなんてことも

出来るので、実に有意義だった。

あとはなー、女の子のゲーマーが居てくれればいいんだが、それは全然

見かけなかったな。


2006-08-26 [長年日記]

_ 今日のボクシング

今日も愛しのダーリンとの愛のワンツーフック。

飛び交う拳の一つ一つに愛を込め、あの人のハートを打ち抜くわ!

_ 前回の日記を見て、

「何で僕、女役なんですか?」

と聞かれたが、それは単に場の流れです。

大体ドラマだと旅に出た相手を待っているのって女の方じゃないですか。

_ あと、そういう口調でプリンストレーナーと話してたら、Yさんあたりに

「そういう関係だったの!?」

と言われたが、やだなあ、二人の関係は既に公認のラブラブカップルですよ。

愛があれば性別の差も超えるんです。

_ 更衣室にノートPCの冷却台がビックカメラの袋に入れられて入っていた。

ちょうどKさんが来たので聞いてみた。

これ、Kさんのですよね?

「そうだけど何で?」

ノートPCの冷却台使ってるのなんて、Macユーザーしか見たこと無いです。

_ で、練習する。

相変わらず体は重い。

おかげでパンチは重いが、切れはないよな。

スタミナが切れるのも早いし、早く体を取り戻さねば。

_ 飲み

ボクシングから帰って洗濯機に運動着を叩き込んで仮眠。

運動したから良く眠れる。

目が覚めたら午後8時で、どうしようか考えあぐねてさとやんに電話。

区ト間でのパーティに誘ってみる。

最近バーチャ5を始めたそうなので、まず渋谷でバーチャをやっていこうという

話になった。

洗濯物を干してから出発。

ブックファースト横のセガでバーチャをやる。

調子悪い。

なんか攻めきれない。

さとやんがやってるのを眺めていたら、遠くから見覚えのある顔が歩いてきた。

自分の視力に自信が無いので近寄るまで声をかけなかったが、近寄っても

やっぱり今回の案件の客のYさんだった。

ちょっと雑談する。

さとやんとも対戦。

バーチャを離れてブランクが長いそうで、技の流れにバリエーションが少ないのが

課題っぽい。

で、飯にする。

さっぱりいきたいね、ということで蕎麦屋でも行くか、という話になったが、

途中で花丸うどんを見つけて、そっちにした。

食いつつ雑談。

貸してもらってるXbox360について。

プロジェクトゴッサムレーシング3の新宿ステージは本当にすごいよ、

あれのために何人が何ヶ月かかってステージ作ったか想像もつかない、

みたいな事を話した。

PSPの話になって、僕が最近電車でよく遊んでる、Every Extend Extraをやらせてあげたら

ずいぶん気に入ったらしく、

「ツタヤ行こうか」

と言い出して移動。

ツタヤでゲームを眺める。

先日買ったリッジレーサー6とデッドオアアライブ4、どっちも1980円で買って得したと

思っていたが、それよりも安く出てた・・・

数百円の差だからまあいいんだけど。

Xbox360はとりあえずソフトラインナップが課題だよなあ。

さとやんはEvery Extend Extraとファンタビジョン(330円)とドルアーガの

不思議なダンジョンを購入していた。

僕はまだXbox360の遊びこみ中だからいいや。

で、気がつけば深夜。

区ト間に行くことにする。

パーティは既に始まっていて、お客さんの女の子がカウンターに入ってチーママ化

していた。

今日は浴衣ナイトで、浴衣を着てくればエントランスフリーだった。

しまった、着てくればよかった。

梅酒をおいしくいただく。

幻の梅酒というのが先日入荷したと聞いていたので、頼んでみた。

この味は・・・

「ヨウちゃんとショウちゃん合わせたみたいでしょ」

と言われたが、うん、確かにそのとおりだわ。

味わい深い。

さとやんと今後のDANKETECHについて話す。

とりあえず9月はお休み。

さとやんと、お客さんのお姉さんも加えて家庭について話す。

さとやんは実家に帰って親戚の子供の面倒を見たけどかわいかったとか、

僕は友達の子供と遊んで可愛かったとか、

「家族っていいよね」

みたいなことを言ったらお姉さんにがっちり握手を求められた。

あと、このお姉さんはめがねフェチで、愛用のカルバンクラインのめがねを

誉めていただいて喜ぶ。

さとやんが飛び入りでDJすることになったので、僕も飛び入りでVJさせてもらおうと

思ったら、残念ながらコネクターが合わなかった。

まあ仕方ない。

明け方、店を出てちょっと場所を変える。

駅近くに居酒屋があり、へぎ蕎麦が食えるそうなので入ってみた。

白ビールを頼んでみたら、酸味があって、ワインみたいな味だった。

へぎそばもなかなかおいしい。

DJやVJについて話す。

自分のVJの価値について悩むところがあったが、はっきりさせることが出来て

収穫だった。

みんなにすごいテクニックだと誉められるんだけど、正直言ってそれは

たいしたこと無いと思ってる。

ちょっと練習すればけっこう誰でも出来るし。

大事なのは、僕がそういうソフトの使い方をしようとしたことと(同じことを

してる人を見たことが無い)、それで流す映像が僕の悪趣味丸出しだということだ。

店が閉店になり、外でしばらく雑談して帰宅。


2006-08-27 [長年日記]

_ K君

高校の頃の自転車仲間だったK君が上京してきた。

医者の修行中で、国分寺にある病院で研修しに、二泊三日での上京だった。

午後、東京に到着したそうなのでうちへのルートを教えてあげて、

僕は近所のバイク屋へ向かう。

今後、何かと客を案内することになりそうなので、二人乗り用にヘルメットを

買うことにした。

安いのだと、見るからに保護性能低そうな半ヘルが3000円で売ってたが、

自分が金かけたジェットタイプで客に半ヘルってのもあんまりだろうと思い、

ヤマハの7500円のジェットタイプを購入した。

自分のに比べるとちょっとチャチな感じがするが、このくらいで勘弁してください。

来月給料無いし。

1時間くらいしてK君到着。

マンションが見つからなかったらしく、汗をかきながら現れ、

「シャワー使わせて」

というので貸してあげた。

かばんからノートが見えていたと思ったら、Macだった。

あー、MacBook Pro買ったのか、いいな、と思ったらPower Bookだった。

「買ったんだよ。最後のPower PCだよ」

・・・(呆れてる)。

「いいじゃん、俺の使い方なら性能十分だもん」

あのね、今Power Book買うのは、むしろプロだけだよ。

それも消極的理由でしょ。

ジョブズが見捨てたもの買っても仕方ないじゃん。

僕もこだわりがあって少数派に走ることはあるけれど、それはより良いものを

求めた上でのこだわりで、今明らかに性能の劣るPower PCのMacを買うのは

ただの偏屈じゃないの?

OS9が必要とかいうならともかく・・・

しばらく話してたら日も暮れたので、飯を食いに行く。

K君を後ろに乗せて走り出すと、後ろで悲鳴が上がった。

加速し過ぎで死ぬかと思ったらしい。

これでも抑えてたつもりなんだけどな。

溝の口のいつものタイ料理屋へ。

行ってみたらカウンターが二席空いていたが、かなりぎゅうぎゅうなので

外で食べることになった。

店は半地下になっていて、階段を下ってはいるのだが、店の前に4畳ほどの

スペースがある。

ここに机を出して二人で食べた。

いつもだと「とりあえずビール」だが、バイクなんで飲めないのが悲しい。

まずはトムヤムクン。

海老がいい出汁になっていておいしい。

空芯菜炒めは普段食べてるのと種類が違うのか、ちょっと固い。

次は牛肉炒め。

辛い。

そろそろ汗が出てきた。

そしてバジル炒め。

めっちゃ辛い。

実はバジル炒めかけご飯を頼んだつもりだったが、ご飯を言い忘れたらしく、

バジル炒めが単品で出てきたのでご飯を別で頼んだ。

K君にも好評だったし、連れてきてよかった。

ここ最近の僕の精神状況について相談した。

僕は、カウンセラーにかかりたいと思ってる。

最初、「心療内科でいいんじゃないの?」みたいに言われたが、症状と

望むことを話したら、納得してくれた。

心療内科でもらう薬で脳みその足りない物質を補充して、気持ちを楽にするのは

重要なんだけど、それだと現在抱えてる問題の原因を解決できないんだよな。

帰ってしばらく話し、K君を駅まで見送る。

国分寺は少々離れてるので、朝遅れると困るからそっちの方で宿を取ってあった。

駅で別れて、ツタヤを覗いて帰宅した。

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

_ genu [タイ料理屋いいですなあ、辛いの苦手だけど。 月曜に、学生時代にはまってたゲームを再インストールしてみたら、昔のように..]

_ Shunji [溝の口まで来てくだされ。連れてくんで。 いまだにファミコンのゲームが売れてるくらいだし、ゲームの面白さってあんまり変..]

_ genu [溝の口、今調べてみたら一時間もかかりますよ、ここから。ここは泣く泣く別の場所で。 なんか久々に桃鉄とかもやってみたく..]

_ Shunji [先生、毎日通勤で1時間通ってた私にそれは通用しませんぜ。 桃鉄はファミスタの各年度版みたいなもんですかねえ。]


2006-08-28 [長年日記]

_ K君と弟と飯

色々忙しい。

昼は家でプログラミングやゲーム。

前の会社の同僚だった韓国人のRさんが今月いっぱいで国に帰ってしまうので

夕方7時からの送別会に顔だけでも出してくる予定だったが、

ゲームやってる間にPCにメッセージが届いていた。

「6時からではどうですか?」

気がついたのが5時半過ぎ。

バイクにまたがって渋谷まですっ飛んでいく。

着いたらRさんはちょうど入れ違いで出て行ったところだった。

電話で連絡して、ビックカメラで待ち合わせる。

PSPの大容量バッテリーを買ってたそうだ。

RさんのほかにTさんもいて、送別会が始まるまでの時間、近くのショットバーで

一杯おごらせてもらった。

Rさんには国に帰っても元気でやって欲しい。

それからまたバイクをかっ飛ばす。

山の手どおりから甲府街道に乗り、K君の居る国分寺を目指す。

途中、道を間違えて、気がついたら知らない道に入っていたのだが、

調べたらそっちの道のほうが近かったので結果オーライ。

今回は弟に先に国分寺に行ってK君と合流しててもらっていた。

弟も学生の頃、自転車をやっていて、K君ともたまに走っていた。

遅れて僕も到着し、近くのジンギスカン屋へ。

ヤマダモンゴルとかいう店で、職場のカンダでも同じ系列の店を見たことがあったが、

これがなかなかうまい。

マトンの臭みが感じられないし。

K君と弟が酒を飲むのを横目にウーロン茶を飲む。

ちょっと切ない。

昔の話でけっこう盛り上がる。

あの頃は若かったというか、無駄に元気あまってたよなあ。

毎日100キロ走って旅するなんて今となっちゃ考えられん。

しばらく話してから解散。

弟を隣の駅までバイクで送ることにした。

いやがる弟を後ろに乗せアクセル全開、とはせず、けっこう丁寧に運転したら

「意外と怖くない」

だそうだ。

「60キロでもあんまり速いと感じないね」

というが、自転車の60キロとバイクの60キロは全然違うよ。

隣の駅まで乗せていって、コンビニで怪しい栄養ドリンクを飲んで帰った。

時間が遅いので道が空いてて、あっという間に家に着いてしまって感動した。

いつもこうならいいのに。


2006-08-29 [長年日記]

_ 今日のボクシング

今日はダーリンが居ないので、練習がはかどった、と言ったら語弊あるなあ。

警察官の会員さんが筋トレをしていて、声をかけられた。

「最近よく会いますね」

ここ数ヶ月ほとんどまったく会ってなかったけど、ここ最近は毎回ですしね。

この季節の警察官は大変だそうだ。

やっぱり夏は何かと犯罪の発生率が高いんだそうだ。

そりゃまあ、こう暑いと頭もおかしくなって犯罪するやつも増えるか。

ボクシングの技って仕事で役に立つのか聞いてみた。

ちょっと前に捕まえたけど暴れるのがいたんで、取り押さえるのにボディを

使ったとか。

警察学校で柔道を習うが、柔道が実戦で役立つにはけっこう高い技術が

必要になるそうだ。

そりゃそうか。

普通生きた人間をポイポイ投げるよりも、パンチのコツを覚える方が早いだろうし。

今日はSトレーナーにミットを持ってもらった。

「パンチが重くなってますね!」

そりゃもう体全体重くなってますから。

しかしきつー

自分は左が下手だなあ。

フックやボディが特に下手だと思う。

右とのバランスをとるためにも練習しよう。

_ K君を見送る

ボクシング後、K君から電話。

「終わったー」

とのことなので、一回家に帰ってバイクを置いてから新宿に向かう。

新宿駅南口で会い、ルミネの地下でカレーを食いつつ話す。

彼はこれで一回滋賀に戻るが、研修してた病院へのアピールは

けっこううまくいったそうなので、もしかしたら来年には東京に

来れるそうだ。

そうなると僕も楽しくなるだろうし、とても嬉しい。

あまり時間が無く、新幹線に乗る前に土産を買わないといけない

K君をバタバタと見送り、帰宅した。


2006-08-30 [長年日記]

_ コナン

ちょっと前にW君に教えてもらったのだが、Yahoo動画で未来少年コナンが見られる。

暇も出来たことだし見始めたのだが、よく出来てるなあ。

このアニメ、僕が幼稚園くらいの頃に見た記憶があるのだが、あの頃から宮崎監督の

芸風って確立してたんだなあ。

今のアニメと比べれば絵柄は古いが、古臭いわけではない。

それよりも動きはむしろ今のアニメより優れてるくらいだ。

オープニングなんか秀逸で、動きのダイナミズム、構図の巧みさがすばらしい。

カットの一つ一つに映像としての意味があり、適度に職人芸的なデフォルメの効いた

伸び伸びとした動きが見られるので、目を離す気にならない。

(ドラゴンボールのかめはめ波の姿勢のまま数分間硬直とかの対極だ。)

こういうアニメって長いこと見てなかった。

26話と先は長いんだが、暇なうちに見ておこう。

_ しかし面白いが昔のアニメって表現が自由でいいなあ。

クルクルパーとか子供たちにタバコ吸わせたり(タバコだよな?もしかしてマリファナ?)

酒飲ませたり、今だったら絶対突き上げ食らうよなあ。

_ みの

家を出るまでちょっとテレビを見ていたのだが、みのもんたの電話相談が

やっていた。

テロップを見てゲラゲラ笑い。

17歳の息子の部屋でエロ本を発見し、将来どうなってしまうか不安、だそうだ。

パプーーーーーーーーーッ(盛大に噴出す音)。

お母ちゃん、そのくらいの男の子の脳みそは女体と女体と女体で出来てますよ。

むしろエロ本が無かったらそっちを心配しなさいよ。

当然、みのもんたもそんなもんだと母親をたしなめてた。

そこで正しい母親として取るべき行動は、乱雑にベッドの下に詰め込まれたエロ本を、

サイズごとに綺麗に整頓して、息子を軽く死にたくすることです。

_ 会社

客と打ち合わせがあるので、久しぶりに顔を出した。

6時に客が来て、今回のプロジェクトの残務と検収について話し合った。

とりあえず、先は見えた。

僕の最大のタスクはドキュメント書きだ。

大変だけどがんばって終わらせて、すっきりしたい。

ほかに、Mさんに書いてもらったプログラムが、一部環境で誤動作してる件。

まずはデバッグ版プログラムを提供してそれで実行してもらい、

結果を見て修正版を作り、火曜日にエンドユーザーのところで試すことになった。

うまくいけばいいが。

客が帰ってから、K君と話し合う。

・・・前からそうだったけれど、僕は彼が何を考えてるのかわからない。

うー、どうしよう・・・


2006-08-31 [長年日記]

_ 某パーティ

諸般の事情でどれかは書けないんだけど、某技術者向けパーティに

参加してきました。

知り合いがほとんど全くいなくて、最初心許ないな、と思っていたら、

某社のKさんが受付をしていてちょっと安心した。

パーティが始まると、やっぱり知り合いがいなくて心許ない。

近くの人と目があったので話しかけたら、台湾人のお兄さんだった。

日本語がかなり上手なんだけど、日本のドラマで勉強したそうだ。

日本のドラマにあこがれて来日したけれど、全然違って困ってるそうだ。

そりゃそうですがな。

あと、某あり得ないソフトを使ってゲームを作ってる人がいた。

すげー、アホだー(ほめ言葉)

近くのテーブルにいた女の子に見覚えがあり、脳内検索をしてたら

Mさんだったが、話しかけるチャンスがない。

おまけに人の顔を覚えるのがすごく苦手なので、自分の記憶に自信が持てず、

どうしようかと思ってたが、たまたまチャンスがあったので話してみたら

やっぱりMさんだった。

よかった。

某技術についての進捗について等話した。

このお姉ちゃん、変わってておもしろい。

けっこう酔っぱらって帰宅。