トップ «前月 最新 翌月» 追記

jFD開発したりしなかったり日誌

2004|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|
2006年
7月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2006-07-01 [長年日記]

_ 土曜日

昼まで倒れてた。

昨日はハードだったからなあ。

起きて、渋谷に向かう。

バーゲン初日だ。

今回は、半袖シャツを一つ、Tシャツを数点、適当なズボン、

革サンダルを狙っていた。

まずはパルコへ。

一番お気に入りのジルボーで、ポロシャツ、Tシャツ、半袖シャツを

一つずつ購入。

革サンダルを探すが、どうもツボにはまるのが無い。

次に丸井へ。

TKで、お気に入りのスピングルムーブの革スニーカーが3割引だったので

購入した。

このスニーカーは本当に気に入っていて、既に三足買っている。

デザインに特徴があるし、とても歩きやすくて、旅行に行くときは

いつも履いている。

3割引なら絶対に得なので迷わず買った。

それから店員さんがなじみのMen's BIGIでちょっと大人っぽい

すっきりしたラインの黒いポロシャツを購入。

残念ながら革サンダルはいいのが見つからなかったが、

とりあえず今シーズンの服はもう大丈夫だな。

_ それから会社に向かう。

やっておきたい仕事があり、終電まで働いていた。

S2Daoでちょっと問題が発生していた。

たまに変なロックが発生して、動作が引っかかる。

今回使ってるのはデータベースはSQL Server 2005なんだが、

最初からS2Daoに入っているjTDSのドライバではなく、

MS純正のJDBCドライバに変えてみたところ、一応スムーズに

動作するようになったが、どうも直ってるか怪しいので

週明けにまた調査する必要がありそうだ。

_ で、終電で青山へ。

スゲ君に誘われて、青山VALというクラブで開催されるShuffleという

イベントに行ってみた。

先日知り合い、次回からDANKETECHにも参加するVJのアヤさんがやるそうで、

どんなプレイか見てみたかった。

行ったら、アヤさんは浴衣でプレイしていた。

んー、リズム感がしっかりしたVJだ。

音楽はドラムンベースだったが、曲にきっちり同期した切り替えをしているのは

高く評価できる。

ただ、素材がちょっと面白くない。

というか、市販の素材なので個性が足りないと思う。

アヤさんはデザイナーなので、少しソフトを勉強すれば自分で

いい映像が作れる人のはずだ。

まだ経験が浅いから仕方ないが、これからもっと自分自身の映像を増やして、

自分ならではの映像を流せるようになって欲しいと思う。

スゲ君にDJさんを紹介された。

スゲ君曰く、変態なんだそうだ。

話を聞いてみると確かに変態だが、僕も変態VJを呼ばれて久しいので

仲良くしたいと思う。

今回はアヤさんの他にミーコちゃんという女の子がVJをしていたが、

彼女はMac使いでPowerBookを持ってきていた。

なのにアヤさんのWindows機でTZTでやってるので何故か聞いたら、

ACアダプタを忘れてきて、バッテリーが切れちゃったんだそうだ。

ハッハッハ、ひでえ。

午前4時頃、ミーコちゃんにお願いして僕もVJさせてもらおうとしたら、

TZTがスコンと落ちた。

こりゃあかん、と立ち上げ直そうとしたら、なんかWindowsをカスタマイズ

してあるのか、スタートメニューが見あたらないし、そもそもどこに

TZTが入ってるのかわからない。

さらになぜかWindowsがサスペンドしてしまいパニックに。

アヤさんに聞こうと思ったら泥酔していて、聞いても全くわからない。

5秒パニックしてから、自分のPCを繋いでプレイした。

しかしこの時間になるとみんなマッタリモードに入っていて、DJもそれに合わせて

緩い曲を流しているので僕のVJはどうにも合わない。

2年ぶりくらいに真面目なVJをさせられた。

反省点多いなあ。

終わって帰宅。

夕方まで寝た。


2006-07-02 [長年日記]

_ 日曜日

目が覚めたらボクシングジムに行ける時間じゃなかった。

とりあえず軽く死のうと思った。

今日は、INTAKEというイベントのオーガナイザーのムラさんに

ネットを使わせてもらうことになっていた

(今、うちのネット使えないんで)。

夕方に電話したら、

「すみません、9時過ぎにお願いします」

と言われてしまい、仕方ないんで溝の口のマルイへ。

渋谷のマルイでなじみだった女の子の店員さんが溝の口で

店長になったのだけど、まだ一度も溝の口で会ってなかったので

バーゲンついでに行ってみた。

コンパクトでキャラキャラ笑ってる面白いお姉ちゃんだ。

「溝の口はどうですか?」

と聞いたら

「天国ですね」

と言われた。

渋谷より閉店が1時間早く、さらに後片付けの時間も短いんで

毎日のように酒飲んでいけるんだそうだ。

で、よっぱらって帰れなくなって漫画喫茶に泊まりまくってるそうだ。

「え、着替えとかどうしてるんですか?」

と聞いたら

「店で買ってます。

お金かかるんですよねー」

と言われた。

面白いんで今度飲みに連れて行ってあげよう。

せっかくなのでパンツを買うことにした。

「最近すっきりした細身のパンツはやってるけど、下半身デブなんで

はけないんですよ。

ゆったりしたの無いですか?」

と聞いたらカーゴパンツを勧めてくれた。

まず履いてみる。

腹がきつい。

でもそういうのは悔しかったので、

「尻がきついです」

と言ってしまった。

「じゃあこっちはどうですか?」

ともう一本持ってきてくれたのはいい感じだった。

「こっちの子とは仲良くなれそうです」

ということで購入した。

_ で、ムラさんちへ。

彼の家は大江戸線沿いで中野区の方だった。

手みやげにシャンパンを買っていく。

彼の家は綺麗なマンションの一階だった。

ただし、中に入ってると見事にとっちらかっている。

「引っ越し直後みたいな感じ」

と言っていたけど、そんな感じだ。

ピザを頼んで酒盛り。

DJやVJについて話し合った。

「友達の女の子に言われたんですけど、面白いAVあるらしいんですよ。

全裸で和太鼓を打ってるんです」

ああ、それ使ってます。

ソフトオンデマンドの作品です。

自転車話をする。

ムラさんは自転車乗りだが、僕も昔はやっていた。

腹の出てきた今だからこそ復帰したいという気持ちもある。

バイクに乗り始めたけれど、ちょっと出かけるときに、

いちいちカバーを取っ払って、ホイールの狭い穴から鍵を抜く

(はめるのはもっと面倒くさい)という手間が結構面倒くさくなっている。

自転車だったらジムに行くのにちょうどいいかもしれない。

「2万円で僕のマウンテンバイク売りますよ」

と言われてけっこうぐらっと来た。

マンションの駐輪場が都合出来たら買ってもいいかも。

ひとしきり話して終電で帰宅した。


2006-07-03 [長年日記]

_ 発表します

アレなアレを受賞しましたが、なんつーか大人の事情で受賞したような物なので

しばらくだまってます。

成果出したらここにも書きますわ。

ただし酒を飲ませたら口を滑らすので、皆さん僕に飲ませるといいと思うよ。

特に高いお酒を飲ませるといいみたいだよ。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ genu [酒は飲ませないけれどおめでとう。 まあ成果でなくてもそのうち教えてくださいな。 日曜からshunjiの第二の故郷イギ..]

_ Shunji [なんですとー! 僕が変わりにイギリス行くから後は任せます。 さらば日本さらば仕事。]


2006-07-04 [長年日記]

_ 光開通

光ファイバーの開通工事で、会社に午前半休をもらった。

家でパンツ一丁でグースカピーと寝てたら携帯が鳴ったので

やれやれと起き出して服を着て、少し部屋を片付けて

工事業者さんを待つ。

10分ほどで現れたので工事してもらった。

電話のモジュラージャックに何かのテスト用機材を差し込んで、

表に出てなにやらごそごそやってたが、しばらくしたら戻ってきて

モジュラージャックに光用モデムを差し込み、鞄の中に入ってた

ノートで接続テストをしていた。

ノートはよく見たらパナソニックのタフブックだった。

使ってるの初めて見た。

「落としても平気らしいですよ」だそうだ。

いいなあ、アレ。

接続速度のテストをやっていたが、5メガとか出てるが何それ?

サーバー側が遅いの?

それとも回線?

サーバーと言って欲しいんだが。

マンションタイプだからそこまで速度が出ないのは覚悟していたが、

ADSLより遅いんじゃ酷すぎる。

不安。

工事自体は結構簡単に終わったので、試しに自分のPCを繋いでみることにしたが、

Bフレッツは接続がPPPoEになっていて認証が必要だ。

で、

「あれ?ユーザーとパスワードなんだっけ?」

と考えたが、受け取った記憶がない。

代理店に問い合わせたら

「明日届く便で送ったそうです。

調べて後でご連絡しましょうか?」

だそうだ。

あー。

仕方ないんで出社した。

仕事してたら電話がかかってきてアカウントを教えてもらった。

これで帰ってネットに繋げる、と思ったが、さんざん残業して

帰宅する電車で気がついた。

アカウントをメモした紙を机の上に忘れてきた。

俺って奴は・・・

_ 寄り道

なんとなく、ゲーセンに寄ってみた。

ハーフライフ2が置いてあった。

PC版の存在は知っていたが、やったことはなかったのでやってみた。

アメリカ生まれのPC用一人称視点シューティングだが、

大型の専用筐体に入っていて、左手のレバーで移動、右手のレバー

で照準を合わせと方向転換という造りになっていた。

この手はあんまりやったことがない。

一番最初のチュートリアル的ステージから始めてみた。

画面は凄く綺麗。

ほうほうほう。

戸惑いながらもクリア。

追加でお金を投入して次のステージもやってみたが、緊急事態が。

酔った。

気持ち悪い。

吐きそう。

這々の体で退散。

その後ずっとカプカプとゲップし続けてた。

もうやらない。

_ ちょっとあかん

疲れがたまってるせいか、思考が酷く後ろ向きになってるようだ。

(以下、ものすごい鬱な文章が続いたが、あまりに酷いんで削除)


2006-07-05 [長年日記]

_ 水曜

珍しく早く仕事を切り上げて帰宅した。

ジムに行きたかったが、疲れが酷くて無理。

まっすぐ帰って家でネットに接続してみる。

光回線の速度を知りたかったが、もらったパスワードで接続できない。

NTTのフレッツ用無料コンテンツのパスワードは通るので

ユーザー名かパスワードが間違えてるようだ。

11時頃、寝室でベッドに横になったら気がついたら午前4時半だった。

歯を磨いたりシャワーを浴びたりしたら眠れなくなった。

そしてまた睡眠不足で朝が来る。

_ W-ZERO3

新機種発表。

あー、来たか。

僕が現行モデルを買ったのが3月だったっけ?

最新機種でいられたの短かったなあ。

現行のW-ZERO3は、はっきり言って欠陥が多い。

データ通信中に電話がかかってきたら受信できないなんて

バカじゃねーの級の欠陥だが、そもそもポケットに入らないくらい

でかいし持ってるのが疲れるくらい重いので、携帯電話として

使う気にならないので問題にならないというのも酷い。

OSは酷く不安定で、まるでWindows95を使ってるときのような気持ちになれるし、

お世辞にも使い勝手が良くなく、カスタマイズしないとアプリケーションを

終了させるのにすら無闇に手間かかった(なのに終了させないとメモリが

足りなくなって不安定になった)。

ぶっちゃけかなり酷いと思った。

それでもオモチャとして面白かったので楽しんでいたが、友達には

「悪いこと言わないから次モデルを待て」

と言っていた。

で、その次モデルは確かに良さそうだなあ。

僕の意見は正解だったよ。

なんか悔しいけど。

_ 某システム

某サイトで、結構な予算をかけた某所の某システムが全然使われてなく、

凄い無駄だと叩かれていた。

いや激しく同感ですな。

俺作ってましたけど。

造りながら、

「こんな使いにくいシステム、誰が使うんでしょうね」

とか言ってたし。

どこのシステムかは口が裂けても言いませんが。

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]

_ NT [某システムっておそらくあれか。だってあんなシステムあったの誰も知らないと思うよ(^^;告知しなさすぎ]

_ Shunji [あれなんです。 ちなみに僕が作ったのは師匠の地元向けインターフェイスですよ。 過去最悪プロジェクトの一つに数えていま..]

_ Pocket PC Video [Pocket PC Video - 鴆珸, 邃ツ窒苒頌糀跪聽鴉珸鳬瘤蓚粳退繝 褊驫瑾瑩繝痳髀諤鴉遯 痳銜關..]


2006-07-06 [長年日記]

_ 仕事

「○○で変更はいっちゃったんですよ、本当に申し訳ないです。」

まあ変更はいるのは仕方ないんでいいですよ。

でもこれだけの内容になると結構な手間がかかるので、遅れは覚悟してください。

「何日くらいかかりますか?」

そうですね、二日見込んでください。

「ところで○日には間に合いますよね?」

二日余計にかかるって言ってるのに何でケツが変わらないんですか。

・・・あなたエンジニアのくせに算数も出来んのですか?

結局週末でやっつけることに。

もうやだこんな仕事。

_ JOptionPane

気がついた。

JOptionPaneで表示するダイアログの親コンポーネントに、Enabledされてない

JFrameを指定してはいけない。

ダイアログ表示後、親を表示しようとするがEnabledされてないので

表示できず、代わりに適当なフレームが表示されるようだ。


2006-07-08 [長年日記]

_ 土曜日

素面で仕事。

ろくでもない仕事の仕様を頭の中で検討しつつ、部屋の掃除をする。

確信は無かったが、

「この仕様はやばい」

という予感があった。

ここ数日、客と電話でやいのやいのと言い合っていたが、説得できて

いなかった。

こういう設計にしたほうが絶対に全うな動作をする、という確信はあるが、

客の言うバカ正直実装だと何が問題になるのか、予感はあるけれど

正体が見えず、説得しきれず歯がゆくてイライラしていた。

部屋を片付けながら考えていたが、その正体が判明した。

ああ、やっぱり仕様がおかしいよ。

詳しくは書けないけど、ある機能が客の求めてる通り動かなくなる。

客先に電話をかけ、

「これこれこういう問題が発生しますけどいいですか?

これからバイクで出社するんで、結論でたら一時間後に会社に

電話してください」

と伝えた。

で、バイクを飛ばして都内を行く。

はっきりしない天気。

会社についてしばらくしたら電話。

話し合う。

最初、やっぱりきちんと理解してもらえてなかった。

「そちらの仰るとおりに実装することは出来ますが、その場合、

仕様書○ページの○番と○番と○番の機能は実質的に役立たずに

なりますけどよろしいですか?

後で直す場合、期限には必ず間に合わなくなりますよ。」

と言ったらやっと理解してくれた。

30分後、電話がかかってきて、

「電話で話しても埒が明かないので、これからお邪魔していいですか?」

だそうで、了解した。

あちらさんの求める物を説明してもらい、どうすればいいのかをまとめた。

概ねまとまったが、何だかなあ、と思う。

そもそも求められていた仕様は、やたらと汎用性重視でその点には共感できる。

しかしその実現方法で無闇に面倒な方法を取っていたり、一番面倒な部分は

仕様書に書いてなかったり、むしろ外注するんだからアレもコレも入れちゃおうぜー、

みたいな感じがして無闇にくたびれる。

客が帰ってからしばらく仕事をしたが、疲れに耐えられず、床に社長の私物の

ヨガマットを敷いて、技術書を枕にしてしばらく横になった。

あっという間に眠ってしまったが、しばらくして電話が鳴ったので跳ね起きた。

が、その瞬間に貧血を起こし、電話に出ながら倒れそうになった。

もうひっどい。

W君から電話が入っていたのに気が付いてかけなおした。

近くに居るようなので、一緒に晩飯へ。

ヨドバシカメラのビルの最上階のインド料理屋でカレーセットを食べる。

ナン食べ放題だそうだが、そんなに食えないってば。

W君は終電で帰っていったが、その後1時間くらい仕事して帰宅。

この時間なので早く帰れるかな、と思ったが、道路工事で渋滞してた。

うーん。


2006-07-09 [長年日記]

_ 日曜

お袋また来る

お袋が来て整体をしていってくれた。

来るなり、新しく開発した技を使われた。

ペットボトルにお湯を入れ、内股に挟む。

内股は緩んでないといけないのだが、ペットボトルで暖められるんだそうだ。

やってみると確かに気持ちよい。

ただ、今の僕は胸や背中もかなりやられてるようで、そっちに乗せても気持ちよかった。

朝飯をいただき、整体をしてもらう。

睡眠不足で半分寝ながら受けてたので、あんまりよく覚えてない。

_ DANKETECH

恒例のDANKEですよ、と。

今回はVJは3組。

僕とテッペイさんと、今回から参加するアヤさんだった。

開場から1時間半は、メインフロアはB2Bで、我々VJもテキトーに流していった。

ラウンジでさとやんやテッペイさんと話す。

テッペイさんとはウイスキーを飲みつつVJ談義。

今回、うまい棒が食べられるようになっていて、机の上に3本ずつ矢倉状に

組んで置いてあった。

そこで突発的にうまい棒ジェンガが始まった。

崩したらテキーラをショットで飲まされるという恐ろしいルールで、

みんなかなり目が真剣になっている。

普通のジェンガと違い、ブロックの形が不規則なので、かなり神経を使う。

さらに恐ろしいのが机の脚で、間違えて蹴飛ばすと大惨事。

異様に盛り上がったが、何杯もテキーラを飲まされ死ぬかと。

それから出番。

DJはゲストのVOLIさん。

ハード目で、合わせやすい音だ。

今回は、つい先日まで家でネットが使えず、新作ネタがあまり集まっていなかった。

そこで、あえて凄く古い映像を出すことにした。

自分の映像ライブラリを漁って見直してみると、昔と違った視線が出来ているので

思ったよりも新鮮な映像が出来た。

一時間半をあっという間に勤め上げ、アヤさんに交代した。

最後のDJはLoud-One。

さすが盛り上がる。

終了後、さとやんを中心にスタッフで話し合い。

人がたくさん集まるイベントでは、それぞれの思惑が交錯するのでなかなか難しい。

ダンケでは終了後、ちょくちょくテッペイさんと飯を食べて行くのだが、

今回はさとやんも誘って区ト間へ。

タクシーを拾い乗り付ける。

三人で梅酒を飲みつつ反省会をした。


2006-07-10 [長年日記]

_ 仕事

昨日のDANKETECH中、駆けつけビール一杯、ウイスキーを

グラスで2杯、うまい棒ジェンガによるテキーラ2杯(多分。怪しい)、

さらにその後VJ中にスミノフ2杯、おまけに終了後区ト間で

梅酒を2杯(多分抜けがあると思うが、覚えてない)も飲めば

そりゃちょっとは二日酔いも起こしますよ。

というわけで午前中は半分死にながら仕事してた。

忙しいから倒れる閑もない。

コンビニでウコンのドリンクを買ってきて飲んでみた。

多少利いたような気がするのでガリガリ仕事。

辛いなあ。

早くこんなプロジェクト終わりにしたいなあ。

夕方、急に体が酷く辛くなってきた。

肩周りの筋肉がまとめておやつサラミみたいになったような感触。

なんだこれは、と思いつつ、お社長K君に

「体辛いから少し休ませて」

と頼んで倉庫へ。

ヨガマットを敷いてバタンキューダウン。

しばらく倒れてから復活して、延々仕事。

10時にK君が帰るというので、僕も切り上げた。

一番面倒だった画面である程度目処がついたか。

とにかく早く片付けねば。

_ JET

諸般の事情でJETコンパイラのプロ版を試すことが出来た。

JETはJavaのネイティブコンパイラで、未だに実用的に使うには

心許ないgcjと異なり、昔から動いてる所だけ見せられれば

ネイティブ実行なのかJREを使っているのか見分けられないくらいの

高いJava互換性があった。

もちろんgcjみたいにAWT、Swingが使えないなんていう制限もなく

かなり強力なのだが、いかんせん高かった。

2グレードあり、スタンダード版は35000円と、それなりに納得できるが

これはネイティブコンパイルしてるくせにランタイムが必要という、

「意味ねえじゃん!」

な仕様だった。

で、プロフェッショナル版はそういう制限がない代わりに、高かった。

今でこそ購入後30日間サポート付きで132,300となっているが、

以前は20万円した。

ちょっと個人で手が出せるような物じゃないので諦めていたが、

今回それを使うことが出来たので、さっそくjFD2をネイティブコンパイル

してみることにした。

とりあえずインストール。

昔使ったバージョンでは、インストール時にJREのrt.jarを全部コンパイル

するという仕様だったが、あれは酷く時間がかかったので同じ目に遭うのを

覚悟していた。

しかし今のバージョンではそれは無くなったらしい。

インストールはすぐに終わってしまった。

続いてjFD2のコンパイルを行う。

コントロール画面を開き、クラスパスにjFD2に関連するjarファイルを

まとめてぶち込み、メインクラスを指定し、コンパイルボタンを押すだけだった。

至極簡単。

ただし、コンパイルには死ぬほど時間がかかった。

昔のバージョンでインストール時に行ってたことを、今やっているということだろうか。

このコンパイル結果ってキャッシュされるのだろうか。

ちょっと不安。

気がつけばjFD2はjarが全部で6メガを越えてしまったが、(自分で書いたのは

1メガだけだが)、それだけ全部コンパイルするのは確かにでかい作業なのだろう。

rt.jarの中身もコンパイルしてるのだろうし。

出来上がったexeを実行してみる。

動作は微妙に軽いような気がするが、何せ最近のPCってjFD2実行するくらいじゃ

ほとんどまったくボトルネックがないくらい早いんで、いまいちわかりづらい。

しばらく普段使っている通常版の代わりに使ってみたが、動作に違和感はなかった。

うーむ、これはいいかも。

さて、このバイナリ配布しちゃってもいいものだろうか。

関係者に確認してみるか。

_ 自動ソースコード生成が嫌いだ

自動コード生成は間違ってると思う。

プログラミング言語は、人間が読み書きし、コンピューターが読むためのもので、

コンピューターが書く物じゃない。

コンピューターが書くには、どの言語もほぼ例外なく、つまらないところが

大きな障害になる。

たとえばインデントを正しくすること。

自動生成された変数名の管理。

人間が書くのなら大した作業じゃないのだけれど、人間がプログラミング言語で

コンピューターに書かせるとものすごく面倒くさくなることが多すぎる。

で、同じ理由でSQLをコード中で生成するのも全く持って勘弁していただきたい。

しばらく前から、コード中にSQLを記述するときは、パラメータ数の増減に

耐えられるような書き方をしているので、StringBufferを切り貼りして

SQLを組み立てるようなことはやってなかったんだけど、それでは対応できないくらい

複雑なSQLが必要になり、仕方なくStringBuffer#append祭りをやっている。

うう、本当に面倒くさい。

よくやってることだと思うけれど、検索条件が一件目だったらWHEREを出力、

そうじゃなければANDを出力とか、すごく格好悪いと思う。

SQLって、中途半端に人間寄りの言語だと思う。

構造的には比較的単純なツリー構造で表せるのだから、いっそXMLで書ければいいのに。

XMLならコンピューターが書くのに便利な言語だし。


2006-07-11 [長年日記]

_ ちょっと限界

朝起きた。

だるさマキシマム。

うごけねえ。

だめだ、これじゃどうせ出社しても仕事なんかできっこない。

会社に1時間遅れる旨連絡する。

ヨレヨレで遅れて出社。

夕方、一番やっかいだった部分を書き上げた。

これで先が見えたか。

他の社員さんは全員帰っちゃって、社長は客先から直帰してしまったので、

一人で黙々とコーディング。

オフィスに鍵を掛けて、晩飯を食いに行った。

回転寿司を食らう。

戻ってまた延々とコーディング。

もう一つの画面が完成した。

あと何画面あったっけ。

最初にフレームワークを作り込んだおかげで、今になって貯金は出来ているんだけど、

それにしたって体きついよなあ。

続いてちょっと前に出てきた無茶仕様変更をやっつけた。

テストは全く出来てないが、とりあえず形にはした。

終電で帰宅したが、もう通勤に使う時間と体力が勿体ないような状態で、

いっそラクーアにでも泊まろうか、と考えてしまう。

明日は仕事の進捗にかかわらず、定時で帰ってひたすら寝ることに決めた。

出来る限り作業を前倒しできるようにしてるが、このまま続けたら締め切りまでに

病気になりかねない。

というか既に半分病気だし。

多少貯金を消費することになるが、破産するよりはまし。

来週か再来週、代休を使って温泉にでも行こう。

本当に疲れた。

_ jFD2

公式サイトが落ちてる件について。

jFD2のサイトはI氏の自宅のサーバーを間借りしているんだけど、

先日ハードディスクがクラッシュした模様。

CGIがまともに動かなくなってしまった。

直したいが時間が無い。

ついでに言うと、あのサイトの色気の無さっぷりは我ながら酷いと思うので、

せっかくだからそこら辺もどうにかしたい。

移転しちゃうかなあ。

あと、言うまでも無く一行も書いてないです。

そんな時間が残ってたらとりあえず少しでも寝るって。


2006-07-12 [長年日記]

_ 初めてのお使い

仕事でネットワークを組む必要が出た。

「K君、LANのハブってある?」

「今無いんだよ。

ちょっと気分転換に買ってこない?」

「ういーす、行ってきまーす」

というわけでヨドバシカメラへレッツラゴー。

会社が秋葉原に近いっていいなあ。

二階のPC部品売り場でハブを眺める。

いつの間にかギガビットイーサが当たり前になってるが、

そういえば聞いてくるの忘れた。

うちの社内のLANって100ベース?

それとも既にギガビットを導入してるんだろうか?

電話して聞いたら100ベースだが、両立できるならギガビット

買ってきて、だそうだ。

店員に聞いたら問題ないようなので、コレガのハブを買った。

K君の希望で、電源内蔵式の8口のやつ。

8000円少々した。

100ベースなら半額以下になるのだが、これもその内安くなるんだろうな。

そのまま戻るのもつまらないので、ちょっと店内を眺めた。

200倍まで拡大可能な、USBの顕微鏡というのがあったので自分の

毛根を拡大してみたところ、大変によろしくない状態だったので

家に帰ったら丁寧にシャンプーしようと誓った。

サボっててもアレなんで帰社。

_ バーチャファイター5

正式運用開始。

さすが電気の街、秋葉原はどこのゲーセンにも一通り入荷していた。

僕はリオンを使うが、ロケテストの最終版からはほとんど変化してないっぽい。

ロケテストでもそうだったが、攻防中の避けの位置づけが変化している。

リオンの場合、4では攻撃をかわしてからの3PPがほぼ確定し、そこからの一連の

コンボを入れるが僕の主戦力だったが、5では上段技や中段技をかわしても、

3PPがどうにも安定しない。

かわしに成功すると癖で3PPを入れたくなってしまうのだが、それがかなり

自殺行為で、おかげで負けが込んでいる。

今回はかわした技を見極めて、肘、投げ、2K+Gなんかを使い分けないと

勝てないようだ。

しかしやっぱりあんまり目新しさが無いなあ、5は。

回を重ねるごとに感動がなくなるのは、仕方ないんだろうか。

『数は少ないんですけれど、大規模なソフトウェアを我々の想像を超えていじっちゃう人たちが現れてます。
(中略)…昔よりも、ソフトの生産性は上がっているんですね。
(中略)…最近の若い人の非常に生産性の高い人は、1万行なんて割と軽々越えるんですね。
1万行、3万行は、全然苦にしない。10万行でも苦にしない。』

_ こちとら6月5日のプロジェクト開始から5週間で書いたコードが本日時点で

1万6000行超えてますが何か?

誰か褒めてください。

マジで大変だったんです。

_ 冷静に考えると

このくらいは普通か。

フレームワークに懲りすぎたのと、一部仕様がかなり面倒くさかったのが

これだけこの行数になった原因で、画面数はそこまで多いわけでもないし。

_ 一人プロジェクトの弊害

プロジェクト担当が自分一人(手伝ってもらってはいるけど)ということの

問題に気が付いた。

今までの仕事だと、他人のソースに呆れながら仕事していたので、

jFD2みたいな自分プロジェクトを書くことが息抜きになったが、

今回は全部自分のソースなんで息抜きにならない。

いかん、愉快な創作活動の原動力は退屈な日常だと言うのに。


2006-07-14 [長年日記]

_ 風呂in秋葉原

正確には神田だが。

神田アクアハウス江戸遊

バイクで出社したので終電後でも帰ろうと思っていたが、フラフラだし、

どうせ明日出社するのにまた1時間かけると思うとバカバカしくて、

泊まり込みで仕事することにした。

でも風呂に入ってサッパリしたくて調べたら、こんなのがあるんだなあ、と。

バイクをブルルンと飛ばして行ってみた。

少々迷ったが、何とか無事到着。

綺麗なマンションみたいな建物で、3階が風呂、4階がプール、2階が休憩室だった。

風呂はジャグジー付きの古代檜風呂(檜なのは縁だけなのはなあ・・・)と、

北海道の温泉を再現したという風呂(ぬるめで良い塩梅)と水風呂があり、

サウナも付いててなかなか良い。

3時間のコースで入ったので、休憩室で寝ていくつもりだったが、

行ってみたら座敷がマグロ市場状態で、寝場所がない。

仕方ないんでウイスキーを一本買って会社に戻った。

疲れた。

寝る。

_ お前かー!

仕事のプログラムでメールが送れないで困っていた。

全く同じプログラムを、コマンドラインから実行するとちゃんとメールが

送れるのに、Seaser2から呼び出すと送れない。

ずーっと原因を調べていて、やっとわかった。

Seaser2に同梱のjarの一つで、xxx.jarというのが入っているのだが、

これがJava Mail(かJAF)にバッティングしてて、クラスパスでJava Mailの

優先度を上げてあげないと送信できないようだ。

あー、もうやってらんない。


2006-07-15 [長年日記]

_ 休日出勤

3連休?

なにそれ、うまいの?

前日の泊まり込みからそのままなだれ込むように仕事。

机の後ろには昨日の僕の寝床がそのまま放置してある状態で仕事した。

10時過ぎ、K君出社。

少しデスクワークをしてからデータセンターに行ってしまった。

甘かったテストをやりこんで、完成度を上げる。

Gyaoをチェックしたら、大野雄二(ルパン3世の作曲家)のルパンジャズライブが

やっていたので、隣の人のPCで流しながら仕事した。

K君は17時過ぎに戻ってきた。

あっちも色々大変らしい。

18:30、出す物を一通り出したので帰宅。

客には、問題がないようなら日曜と月曜は休む旨伝え、もしも致命的な問題があったら

自宅のメールに連絡をしてくれるようお願いした。

正直言って休みたい。

もう問題起こらないでくれと願いつつ、バイクを飛ばして帰宅。

ベランダを見たら、昼のスコールじみた大雨で、洗濯物がびしょびしょだった。

やれやれ。

メールチェックする。

データが登録できなかったそうだ。

死にたい。

_ 今日のボクシング

バイクで丘を越えてジムへ。

ジム行くの何週間ぶりだろう。

忙しすぎるのと、早く帰れたとしても披露や睡眠不足が溜まってて

運動なんか出来る体調じゃないのがずっと続いていた。

この調子が続くなら来月は休会するかなあ。

さすがにこれは金の無駄だ。

で、ジムに乗り付けたらやけにすいてる。

自転車2台とスクーター1台しか無いし。

中を覗いてみるとリングにグローブが並べて干してあった。

あれ?

あー!

土曜日は終わるの早いんだった・・・

数週間ぶりの練習が・・・

もうここまで来たらついでなんで中に入って会長と話してきた。

プロコース入門志望のお兄さんが来ていて話し中だった。

「あれ?なんか随分丸くなってない?」

ええ、そうですとも。

昨日風呂屋の体重計乗ったら現実を直視できませんでしたよ。

その後SトレーナーとIトレーナーも現れた。

雑談してたらキュウリを頂いた。

冷えててうまそうなので、その場でパリパリといただいた。

「塩無いですか?」

と聞いたら、Iトレーナーが

「私の洗ってないTシャツありますよ、粉吹いてます」

と言われて大変に嫌だった。

そのまま帰宅。

飲みに行こうかと思ったが、寝た。


2006-07-16 [長年日記]

_ 休日出勤再び

3連休、それは見果てぬ伝説の大地に実るという黄金の果実。

それを一口食せば100日若返るという。

我々はその伝説の秘宝を求め、当てのない旅を続けるのだった。

というわけで会社へ。

問題が発生していたのは僕ではない人の書いていた部分だった。

まあ、このくらいだったら何とかなるだろうと僕が出たのだが、

よくわかんない。

環境作りで少々手こずり、さらにその後も色々試していたが

いまいちうまくいかない。

ソースに手を入れながら色々試してた。

おかげで構造がわかったのは収穫だったが、成果は出ない。

埒が明かないと思ってたら、客から電話。

なんか優先度の高い他のことをやって欲しいらしい。

今やってることは優先度が低いので連休明けでもいいとか。

結局僕がやった作業、全部無駄。

ふざけんなー!

その他、データの都合でテーブルのプライマリキーが変わるかもしれないとか。

逃亡しようかね。

俺もう嫌だよ。

で、そのやって欲しい作業ってのを始める。

手こずる。

DBを更新するバッチを呼び出すのだが、コマンドプロンプトからは呼び出せるのに、

Javaから呼び出せない。

色々試す。

当初、トランザクションのせいかと思ったのだが、どうも違うようだ。

既に接続がタイムアウトしてプールから切断してる状態でも動かないし。

ふと思い立ち、起動したプロセスの標準出力とエラー出力を読み出すコードを追加してみた。

とたんに動き出した。

あー、これか。

Javaから外部プロセスを呼び出すときは、その出力を読み出してやらなければならない。

でないと、出力バッファがいっぱいになって、外部プロセスがそれ以上進まなくなることがある。

これはjFDを作ってたときに覚えたことなのだが、作って良かったjFD。

じゃなきゃあと何時間ここで悩んだか。

まあ、jFD作ってなかったらここで働いてることもなかったんだろうな。

そして一段落付けば時計は午前1時。

今夜は区ト間で梅酒で酔いつぶれるつもりで電車で来たのだが、

また会社泊まりかよ。

バイクで来れば帰れたのに。

銭湯行くか。

風呂上がりにフルーツ牛乳を飲もう。

それで、ビールを2、3本買ってきて会社で飲もう。

なんだよこの生活。

死ぬ。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ keisuken [おつかれさまです. そうそう結構はまるよね > Javaでプロセスの出力を吸い取らないとプロセス自体が停止する 最近..]

_ Shunji [あれは知らないと解決不可能に近いですね。 ありがとうjFD。 Javaは知らないとアウトなことって比較的少ないと思う..]


2006-07-17 [長年日記]

_ 酷く疲れた

始発で会社から帰宅。

家に着いたら朝6時。

まず、ゆっくり風呂に浸かった。

疲労を抜いてやらないと死ぬ。

それから泥のように寝た。

起きたら午後2時。

今のところ客から電話はない。

ありがたい、これで今日一日はゆっくり出来るか。

どうするか考え、とりあえず洗濯。

あいにくの雨なので室内干しにした。

N氏に電話してみた。

N氏は確か月曜休みのはずなので、後で飲みにでも誘おうかと思ったが、

出たと思ったら

「今セゾンカードの申し込み中なんですー」

「じゃ、また後でかけますー」

ということに。

と思ってたら客から電話。

詳しく書けないが、嵐の予感。

俺もう疲れた。

K君と電話で相談した。

正直言って、K君は凄いと思う。

僕はもめ事が本当に苦手だ。

人に責められるとストレスが大きすぎてどうしていいのかわからなくなる。

やはり僕はコードを書いてるべき人間なのだろうか。

今まで派遣だったので、客と直接やりとりをすることが少なかった。

降りてきた仕様書に悪態をつく位だったが、今の会社では正社員だし

なんせ人数が少ないので、直接客とやり合わないといけない。

僕に出来るのだろうかと不安になる。

いい機会なので、K君のやり方を覚えておこう。

N氏とはまたその内飲むことになり、さてどうしようか、と考える。

ジムはお休み。

バイクでぱーっと飛ばして気分を変えるのもいいが、あいにくの雨。

バーチャファイター5をやりに行きたいが、確実にある渋谷まで行く元気はなし。

とりあえず、体のメンテを行う。

もうガタガタだし。

まず、風呂場に行って足湯をする。

台所の水切りがちょうどいいサイズなのでお湯を張って、足をつっこんで

ぼんやりする。

ぬるくなったらシャワーヘッドをつっこんでお湯を足す。

しばらくやってたら汗が出てきた。

次に蒸しタオル。

タオルを濡らして軽く絞り、電子レンジでチンして、ビニール袋に入れて

体に載せる。

首筋、胸なんかを重点的にやる。

効いてきた。

でもゆるんだせいで抑えてた痛みが出てきたような気がする。

しばらくやってから家を出る支度をする。

忙しくて後回しにしていた髪を切ることにした。

駅前のよく行っていた美容室は終わっていた。

あかん。

二子玉川で切ることにして、電車に乗った。

二子玉川では散髪の前に腹ごしらえで、五右衛門のパスタ。

最近こういうのって食べてなかったな。

昔行ったことのある美容室に行く。

とりあえず短くしたかったので、美容師さんと話してちょっと

中田っぽくしてもらった。

切り終わって、以前よくお世話になった女社長のIさんに電話した。

先日電話があって飲みに誘われてたので声を掛けてみたが、繋がらない。

無印良品のカフェでぼんやり時間をつぶす。

ハチミツだけで作ったワインというのが売っていたので頼んでみた。

甘い。

ハチミツのコクが出ている。

無印では前々から低反発枕が気になってるんだが、会社泊まり込みのために

買うようでちょっと気が乗らない。

それから溝の口へ移動。

ゲーセンを覗いたらバーチャ5が出てた。

数回やって、勝率は5割よりちょっと上くらい。

時代屋というバーでギネスを飲んで行こうかと思ったが、体がアルコールを

欲しがってないのがわかるんでやめておいた。

大雨の中、とぼとぼと帰宅。


2006-07-18 [長年日記]

_ 新ソフトアイディア

日曜の真夜中、やっと終わった作業結果をメールで送信した。

既に終電も行っちゃって帰れないし、ゲームで遊んだりして時間を潰してたが、

ふとひらめいた。

メールの送信のタイマー予約が出来るソフト欲しいかも。

大変さをアピールするために、午前2時半とかにメールを送信するように

設定して18時半に家帰るとか。

ただし、その18時半から2時半の間に状況が変化して、つじつまが合わなくなったら

困るので、メール経由で送信中止が指示できるようになってるとなお良し。

ソフト名はアリバイメール。

誰か作ってそうだなあ。

_ 遠方に想いを馳せる

言い換えると現実逃避中。

このプロジェクトが終わったら、夏休み+代休でどこか遠くに行く。

今年は北海道に行きたかったが、休みが取れる頃には夏が終わって寒くなってしまう。

九州か四国か。

東北も悪くないか。

Chokujin師匠に会いにいく旅とか。

_ 例外処理のコツ

Javaの例外処理について。

どーもわかってない人が多いのでまとめておく。

まず、やっちゃいけないことから。

_ 1,catchの中が空

これをやったら今すぐ自分の首を絞めて死んでください。

さあ遠慮無く。

catchの中が空ということは、例外が発生してもすべての情報を

握りつぶして何事もなかったように動作を継続する、ということです。

一見ちゃんと動いているようで、実は内部的には洒落にならない

不整合を起こしていて、さらにどこで問題が起こってるか不明、

という最悪な状況になります。

問題が発生してるのに動いてるのは、問題が発生して落ちるよりも

悪い状況というのを理解してください。

ただし、本当に例外が起きても起こらなくてもよいシチュエーション

(後処理とか)ではこの限りではありません。

_ 2,例外が起こる処理を一つずつtry〜catchで囲む

読みにくいっての。

まとめて大きく囲ってください。

_ 3,後処理をtryやcatchの中に書く

例えばストリームを開いて何らかの処理を行う場合、後処理でストリームを閉じる

必要があります。

ストリームの処理はIOExceptionが投げられる可能性がありますが、

そうなると処理が分岐するので、すべての分岐の最後に後処理を書いてくれる人が

未だにたまにいます。

また、途中でreturnが呼ばれる場合も、そこに後処理を書いてくれたりします。

こんな感じ。

InputStream is = null;
try {
  is = new FileInputStream("text.txt");
  while((int i = is.read()) != -1) {
    // 	適当な処理
    if(xxx) {
      try {
        is.close();
      } catch (IOException e) {}
      return;
    }
  }
 
  try {
    is.close();
  } catch (IOException e) {}
} catch (IOException e) {
  try {
    is.close();
  } catch (IOException e) {}
}

_ 投げられる例外の種類が多かったり、returnの数が多かったりすると

もっと悲惨なことになります。

信じられないことに未だに理解してない人が多いですが、

finallyはtryの中で例外が投げられようが、

returnが呼ばれようが、スレッドが生きてる限り必ず実行されます。

こういうのは最後にまとめてfinallyの中に書きましょう。

InputStream is = null;
try {
  is = new FileInputStream("text.txt");
  while((int i = is.read()) != -1) {
    // 	適当な処理
    if(xxx) {
      return;
    }
  }
} catch (IOException e) {
  // 例外処理
} finally {
  try {
    is.close();
  } catch (IOException e) {}
}

_ ちなみにC++の例外処理にはfinallyがありませんが、信じられないです。

なんであんな文法の博物館みたいな言語にfinallyくらい便利な物が

無いんでしょうか?

_ 次、やるべき事

1,例外は大きく囲う

やっちゃいけないことの2と繋がりますが、メソッドの頭にtryがあって、

最後にcatchがあるくらいでいいです。

finallyを使って後処理をきちんとやれば、大体はそれで済みます。

_ 2,積極的にメソッドの外に例外を投げる。

例えばDBを操作するプログラムで、処理に失敗したらfalseを返す、

なんてメソッドを見かけます。

こんなシグネチャで。

public boolean doXXX();

こういうのは、

public void doXXX() throws SQLException;

とした方がよいです。

戻り値で成功か失敗かを判定する場合、呼び出し元は

if(!doXXX()) {
  // 	エラー処理
}

_ なんてのを書かされますが、無駄です。

例外を利用したコードにしておけば、正常系のコードだけ書いておいて、

処理の全体を大きくtry〜catchで囲ってやるだけで済みます。

_ 3,例外クラスを賢くする

例外も一つのクラスなので、いくらでも拡張が出来ます。

Exceptionを継承して、コンストラクタを上書きしただけの例外クラスを

書く人がいますが、例外クラスに機能を持たせることでコードを大きく

簡略化できることがあります。

たとえばよくあるパターンで、エラーコードを例外クラスに持たせて、

catchした側がそのエラーコードからエラーメッセージを調べて表示する、

なんてコードを見かけます。

そういうのは、エラーメッセージを調べる機能を例外クラスに持たせれば

コードを簡略化できます。

public class SampleException extends Exception {
    public SampleException(int errorCode) {
        // 初期化処理
    }
 
    public String getErrorMessage() {
        // リソースからエラーコードを元にエラーメッセージを取得する
    }
}

_ エラーメッセージを例外が知っていることは自然ですよね?

綺麗なプログラムを書くコツの一つは、使う側より使われる側に機能を持たせる

ということです。

良いコードは使い回しが効くので、使われる側が1に対して、使う側が複数あります。

なら数の少ない使われる側に機能を持たせた方がコードがすっきりするのは

自然なことです。

_ あと、番外編

このコードを書く人が他に居ると思えないんで番外編。

これ書いた人、まだ業界に居るんだろうか。

try {
  // 適当な処理
} catch (Exception e) {
  if(e instanceof IOException) {
    // IOException用処理
  } else if(e instanceof NullPointerException) {
    // NullPointerException用処理
  } else if(e instanceof InterruptedException) {
    // InterruptedException用処理
  }
}

2006-07-19 [長年日記]

_ 人のコードを読む

やっぱり悩む。

多分、僕はソースに関しては少し偏執的なところがある。

おそらく、少しくどい。

他の人が見たら「何もそこまで」と思うようなことをやるところがあるし、

ソースを短くすることに未練がない代わりに、拡張性に無闇にこだわる。

分岐を書くのが嫌いで、特にelse ifがかなり嫌い。

多分、else ifが二つ以上続いたらコンパイルエラーではじかれるようになっても

そんなに困らない。

こういう人間だから、あんまり人のコードは見ない方が楽なんだよな。


2006-07-20 [長年日記]

_ 仕事

客先出張。

サーバーに今回の成果物をインストールしてテストした。

細かい不具合はジャカスカ出てくるが、致命的なのはない。

まあ、このくらいなら許容範囲だろ。

しかし寒い。

空調ききまくりで、体に冷えがしみこんでくるようだ。

うかつにも夏用の半袖ワイシャツで来てしまったので、かなり冷える。

これは家に帰ったら温かい風呂に入らないと体壊れるな、と思いつつ

延々と作業。

14時に現地入りして、終わったのは21時だった。

首と肩周りが寒さにやられて、バキバキになっている。

晩飯は、本格的な手延べ麺のラーメン屋、餓王で食べた。

僕は今まで、ラーメン屋は麺に無頓着すぎる、と思っていた。

例えば、そば屋が買ってきた麺を出したら普通潰れる。

少なくともうちの実家の長野でそんな店は間違いない。

ところが、ラーメン屋は製麺業者の作った麺を出すのが当たり前だ。

手打ち麺の店はかなり少ない。

なんでだろう?

その点、餓王のラーメンは職人が大きな小麦粉の玉を延ばしては折るのを繰り返した

本格的な麺だ。

こういう店が増えて欲しい。

_ で、

風呂を楽しみに帰宅したらガスが止まってた。

死のう。

_ イヤホンがいかれた

愛用のちょっと高級イヤホン、ShureのE2cが断線した。

張力がかかると右の音がでない。

買ってから1年経過したし、保証も切れてしまったので買い換えることにした。

E2cは使ってて幸せだった。

僕は大して良い耳を持ってないので、「クリアーなサウンド」だの「強烈な重低音」

だの言われてもいまいちピンとこないが、初めて電車の中で使ったとき、

あまりに遮音性が良くて感動し、ついでに車内アナウンスを聞き逃してちょっと

大変な目にあったりしていた。

で、同じのを買うのはちょっとつまらないので、別のを買うことにした。

E2cはこの手の高級イヤホンの中ではエントリークラスと言われてて、

上にははるかに高いイヤホンもあるが(5万とか)、さすがにそこまでは出したくない。

いろいろ調べてみた。

現在E2cは一番安いところで7500円。

同じShureの上位機種でE3cは15000円。

なんでもE2cより高音の伸びがよいんだとか。

E3cの対抗機種といわれているのがETYMOTIC RESEARCHのER-6iで約13000円。

Shureのイヤホンは多少音に色付けがしてあって、「聞いてて楽しい音」

になっているが、ETYMOTIC RESEARCHのイヤホンは「正確な音」なんだそうだ。

それはそれで気になる。

そういやアキコ嬢も使ってたなあ。

で、知らないうちにM-AUDIOもここら辺の製品を出していた。

Super.fi 3 Sutudioだそうだ。

ケーブルが交換可能だそうで、断線しても交換するだけですむらしい。

それいいなあ。

ただし、遮音性では劣るとか。

さてどうするかね。

こうやって悩むのが楽しい。


2006-07-21 [長年日記]

_ 仕事

客先出張二日目。

昨日の反省を活かし、フル装備のスーツで行った。

外では少々暑いが、サーバールームでは全然OKなのが切ない。

出た不具合はその場でサクサク直す。

大人数プロジェクトでこれをやったら死刑ものだが、少人数プロジェクトなので

全く問題ない。

2時に入って終わったのは8時だった。

厚着してたとはいえ、やはり体が冷えている。

いかんなあ。

昨日と同じく餓王のラーメンを食べて帰った。


2006-07-22 [長年日記]

_ 今日の聖新田学園ボクシング部物語

(あらすじ)

Shunjiは聖新田学園に通う元気でちょっぴりおっちょこちょいな高校一年生。

学園のアイドル、プリンス先輩に憧れてボクシング部に入部し、

毎日爽やかな汗を流してます!

プリンス先輩はボクシング部のキャプテンで、学園中の男の子の

憧れの的なの!

そんな先輩のそばで練習できるなんて、Shunjiの小さな胸は

いつもドキドキして張り裂けちゃいそう!

_ 第13話「転校生はカナダ人」

今日も放課後は部室へ。

ああ、今日もプリンス先輩に会えるなんて私の心臓が液漏れしそう。

私って多摩区一番の幸せな男の子じゃないかしら。

さあ今日もこのドアを開けて私の心臓が壊れるほどの幸福に浸るのよ。

がちゃ。

「こんにちわー」

どすんっ

イタタタ、こんなところに壁なんてあったかしら?

あら?

壁じゃなくて人間だわ。

まあ、私ってドジ!

それにしても大きな人ね。

ぽっ(顔が赤くなる)。

彫りの深い顔、たくましい両腕、そして丸太のような両足。

「オウ、ソーリー、ボーイ。

アーユーオーライ?」

きゃっ、私のことを心配してくれてるの?

さすが外人は紳士的ね。

でもダメ、私にはプリンス先輩がいるんだから。

・・でもなんて素敵な人なのかしら。

あんな足で蹴られたらと思うと、私どうにかなっちゃいそう。

続く

_ 20年前の少女漫画をイメージして読んでください。

つーか少女漫画なんて読まないからわからないよ!

これだけ書くのに3時間悩みました。

あと、すげー強そうなカナダ人がいたことと、

「あんな足で蹴られたらと思うと、私どうにかなっちゃいそう。」

以外は全部嘘です。

どうにかなっちゃうというか、あれ死ぬよ、絶対。

どんなドーピングしたらあんな体になるんだ、一体。

ショッカーに改造でもされたんじゃないだろうか。

なんでもキックボクシングとかもやってる人なんだそうだ。

どう見ても素人には見えなかったけど、やっぱりそうなのね。

_ ちなみに

予想通りだけど体動かなくて死ぬかと思った。

ブランク長すぎ。

_ 貴方の身近なLinux

ゲーセンに寄り道。

バーチャファイター5の順番待ちをしていたら、通りがかったお兄さんが

気がつかずにコンセントを蹴飛ばして、目の前のバーチャがぷつんと落ちた。

蹴った当人は全く気がつかず、スタスタと歩いていっちゃったが

やってる方はパニック。

店員が来て電源を入れ直したが、そのときに気がついた。

バーチャ5ってLinuxで動いてるのか!

ブートローダーはGRUBだった。

カーネルのバージョンまでは確認できなかったが、CUIのブート画面に続いて

表示された画面の模様は、ウインドウマネージャがデフォルトのXの背景と

同じだったような。

びっくりだ。

ちと調べてみた。

http://www.sega.co.jp/arcade/lindbergh/home.html

Pentium4 3GHz, 1GB, NVIDIAチップ(256MB)だそうだ

汎用的なパーツを使うことでコストを下げてるんだろうな。

Linuxということは、3D表示はOpen GLなのだろうか。

バーチャは4からネットワーク機能を備えたけど、そこら辺を最初からOSが

サポートしているから開発コスト的にも有利なのだろう。

これ、そのままOS込みでPC版出してくれんだろうか。

数万なら買ってもいいくらいなんだが。


2006-07-23 [長年日記]

_ OS入れ替え

最近PCが微妙に愉快な挙動をするようになってきたので、

OSを入れなおすことにした。

前からやろうと思ってたんだけど、忙しくてできなかったし。

とりあえず空いてるハードディスクに全部のバックアップを取って、

パーティションの切り直しからやってみる。

ThinkPadは各OS向けドライバの提供が充実しているので、

本当だったらXPをクリーンインストールしたいのだが、残念ながら

持っていないのでリカバリすることにした。

数時間係でバックアップとリカバリが終わった。

今のはどうか知らないけれど、ThinkPadのリカバリはハードディスクを

丸ごと全部Cドライブにしないとうまくいかない。

後でパーティションいじればいいやと思っていたが、NTFSでインストール

してくれるのでけっこう大変だったりする。

以前やったときは、デスクトップにハードディスクをつないで、

KNOPIXで起動してQTPartedでパーティションをいじった。

今回もその手で行こうかと思ったが、よく考えてみたらこのデスクトップ

処分しちゃうつもりで、ビデオカードを人にあげちゃったんで無理だった。

最近はPartition Magicの作者が作った、Partition Logicというソフトが

あるそうで、それを試してみることにした。

フロッピー版とCD版の二つのバイナリが提供されているが、

僕のThinkPadはCDドライブがないので、フロッピー版を試す。

動かない・・・

なぜだ。

仕方ないので今度はCDを焼いて、iMacで起動してみた。

起動しない・・・

なぜだー!

じゃあ、ということで今度はKNOPIXをiMacで起動してみた。

起動はしたけど、ハードディスクがUSB接続なのがいけないのか、エラーが出てしまう。

お手上げ。

少々考える。

なぜドライブを分けたいのか。

昔はしょっちゅうOSを入れなおしていた。

その際、OS領域とその他の領域が分かれてると、OS領域を入れなおしても

バックアップが取れてるので短時間ですんだのだが、考えてみれば

このPCを買ったのが去年の3月で、それから一度も入れなおしてない。

むしろ、最近Cドライブが手狭で、Cドライブにしか入れられないアプリが入れられなくて

困っていた。

OK。

全部Cドライブにしちゃっていいや。

開き直ってバックアップからデータを戻し始めたが、また問題が。

遅延書き込みデータの紛失というエラーが出る。

なんだこれは。

調べてみたが、どうもハードディスクが壊れてるっぽい。

ただし、ThinkPad本体が壊れてる可能性もある。

ここで新しいハードディスクを買うのは賭けだ。

悩んでいたら、I氏が

「これで本体の故障ならハードディスク引き取ってgraftabl.comのサーバーに入れるよ」

というのでバイクをかっ飛ばして246沿いのPC DEPOTへ。

今度は容量で悩む。

80、100、120GBがある。

悩んだ末に100GBのを購入。

これで余裕ができるが、すぐにまたろくでもないもので埋まっちゃいそうな気もする。

家に帰って作業再開。

リカバリ領域をコピーして(2時間くらいかかった)、新しいドライブでリカバリ、

祈るような気持ちでバックアップデータを戻したら、今度はエラーも出ずに

ちゃんとコピーできた。

やれやれ。

久しぶりのまともな週末をこんなことでつぶすとは・・・

_ ちなみに

最近突然スピーカーから音が出なくなり、サスペンドから復旧すると直る、

という不具合は直らなかった。

やっぱ機械的故障か。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ NT [新ノートは容量に余裕があるからCとDに分けたけど、旧ノートの時はC一本でした。 でもデスクトップと環境を合わせるため..]

_ Shunji [あー、そうか、僕もDドライブフォルダ切ってやればよかったんですね。 考え付きませんでした。 しかしそう考えるとUNI..]


2006-07-25 [長年日記]

_ 落ちた

日曜の晩、気持ちがストンと落ちた。

一息ついて周りを見回す余裕ができた瞬間、凝視しちゃいけない現実を

見てしまったような。

僕の周りには、見ればハッピーになれるものもあるし、死にたくなるものもある。

死にたくなるほうは普段は意識して見ないようにしているが、

間違えて凝視すると目を逸らせなくなる。

月曜は微妙に忙しくて夕方から調べごとを始めたら、終わったのは9時半で、

家に帰り着くころには完全におかしくなっていた。

俺何のために生きてるんだろう、とか考え始めたら人間終わりだよ。

それ考えるのが健全なのは10代までだし。

1ヶ月くらい仕事から離れたい。

つーか当分東京離れたい。

_ えーと、

アルムの森ってどこにあるんですか。

どこぞのおじいさんみたいに世捨て人になってヤギと犬飼って暮らしたいです。

300年も待ってりゃ女の子も現れるかもね。


2006-07-27 [長年日記]

_ 午前0時

泣きそうになりながらバグ取り。

どうしても一箇所動作がおかしい。

大体、こういう変に苦労をさせられるときほどものすごいくだらないことが

原因で気がついた瞬間死にたくなるものだが、2時間以上コードを追っかけて

やっと見つけた原因は、一箇所小文字のbとdを打ち間違えてたことだった。

これは死にたいわ。

_ きつい

今月3回目の泊まりこみ。

客は「帰って休んでから続きやったら?」と言うが、そうすると間に合わないんだってば。

お社長K君に試しに言ってみた、

「プチプチシートを丸めたのは、汗吸わなくていまいちなんだよ。

枕買って」

が通ってしまったので、午前3時、バイクで秋葉原のドンキホーテへ。

いっそのことテンピュールのを買ってやろうかとも思ったが、小心者なので

安物を買い、ついでにタオルケットを1枚買った。

で、その足で銭湯へ。

3時間800円ちょっとでサウナ付。

疲れを抜くべくたっぷり浸かり、コンビニでビールを買って会社に戻った。

かっとビールを煽り、買ってきた枕とタオルケットでさっさと就寝した。

疲れた。


2006-07-28 [長年日記]

_ 金曜

会社で目を覚ます。

そもそも睡眠時間が足りてないし、床が固いので疲れが残ってる。

しばらく魂が抜けたみたいにぼんやりしていたが、気を取り直して

がっしょがっしょと歯を磨いてるうちに目が覚めてきた。

昨日やっとのことで見つけたバグを修正したバージョンを客に送る。

9時半、Mさん出社。

心配された。

まあ、大丈夫ですよ、多分。

最悪でも死ぬだけですから。

ASP.NETがらみで行き詰っていた。

Mさんが買ってきた本は非常に出来が悪く、欲しい情報から効率的に

遠ざけてくれるような気がする。

ヨドバシカメラが9時半からやっているので、行って一冊買ってくることにした。

薄いけどこっちのほうが実践的でよっぽど役に立つ。

ヨドバシの入り口横のパン屋で朝飯を物色していたのだけれど、

事務のWさんが見ていたようで、戻ってから

「楽しそうに選んでましたね」

と言われてしまった。

確かにコンビニで究極の選択的におにぎりとか選ばされるより楽しい。

欲しかった情報が手に入ったので、大急ぎで実装。

気がついたら昼飯を食うのすら忘れて、午後2時、なんとか格好がつくところまで

完成させた。

それから30分で支度し、バイクで自宅に戻る。

客先に行かなくてはならないのでスーツを取ってくるのだが、

「腹いせに事故ってやりましょうか」

と言ったら嫌がられた。

昼の都内は最悪に込んでいてバイクはなかなか進まない。

いやになるなあ。

渋谷を越えて山手線を抜けたらやっと快適になった。

家に帰り、自分のPCに開発環境をちょっと追加しながらコンビニ飯で遅い昼飯。

それから着替えて駅へ。

なんだって午後5時スタートで作業開始なんだろう。

_ もう死んじゃうって

この案件が終わったら、しばらく休職します。

夏休みくらいじゃ回復できません。

書かなくちゃいけないプライベートのコードの製作と、ツーリングをして

すごそうと思っています。

テントと寝袋で旅をするのは久しぶりで、楽しみです。

どこか星の綺麗なキャンプ場で酒を飲んだり、雨のテントの中で

日がな文庫本を読んですごしたいと思います。